OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/07/20更新

Vol.056

朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん  後編

人生成功失敗もない
周囲と競わず
自分のペースで進んでいこう

逸見 那由子 (へんみ なゆこ)

1985年神奈川県生まれ。地元の中学を卒業後、スイス公文学園高等部へ進む。在校中は、短期フランス留学や、ボスニア・ヘルツェゴビナへのボランティアツアーなどを経験。卒業後はフェリス女学院大学へ進学。大学3年時に交換留学生として北京の清華大学へ留学。2009年に朝日新聞社に入社。岐阜と岡山で取材記者を務め、本社に異動、編集記者に。

朝日新聞社に記者として入社し、地方総局での取材記者を経て、現在、本社で編集記者として活躍されている逸見那由子さん。逸見さんが新聞記者になったのには、どんなきっかけがあったのでしょうか。高校時代を過ごしたスイスでの生活やそこで得た学びなどについてもうかがいました。

中国で新聞社のインターンを経験したことが転機に

逸見那由子さん

スイス公文学園を卒業後し、2005年にフェリス女学院大学に入学しました。ちょうど日本の首相の靖国神社参拝や歴史教科書問題で、中国の反日デモが激化していたころです。中国の人たちが日の丸を燃やしたり、日系スーパーを襲撃したりするデモの様子をニュース番組で見ていて、違和感を覚えました。戦争を経験している世代ならともかく、なぜ若い人たちがこんなにも怒りで暴徒化するのだろうか、と。それが中国に関心を持つきっかけでした。

実際に中国の人と話をしてみれば何か気付きがあるのではと思い、中国語を学び始めました。大学3年時には北京の清華大学に交換留学生として1年間留学しました。現地で改めてわかったのは、一人の中国人を見て、「中国人はこう」とは言えないということです。当たり前のことですが、テレビに映っている中国人がすべてではないし、日本の漫画が好きと言いながら反日デモをする人もいる。人の感情は一辺倒ではないと学びました。

新聞記者を目指すきっかけとなったのも留学中です。夏休みの約2か月間、北京にある日本の新聞社の総局でインターンをしたことが転機でした。当時は、中国の研究を続けたくて大学院に進むつもりでした。でも、夏休みに旅行したりや語学学校に通ったりする費用が足りず、勉強を兼ねて新聞社でインターンするのもいいかな、と在中の会社に片っ端から電話をかけました。唯一採用してくれたのがその新聞社でした。

北京オリンピックの前年だったので、オリンピックを取材する記者のためのアポ取りや通訳をしました。間近で記者の姿を見ていて、「現場に行くからこそ見える中国があるのではないか」と思うようになったのです。中国のメディアだと報道できなくても、外国メディアであれば報道できることも知り、いろんな側面を取材できるのではと、記者という仕事に興味を持つようになりました。

帰国後すぐに就職活動をはじめましたが、新聞各社をはじめ、他のメディアも全滅。唯一合格したのが朝日新聞社でした。縁があったのでしょうね。私の人生は、出会いの中で先に進んでいる気がします。

逸見さんが考える新聞の魅力とは?

関連記事

2018/07/13更新

Vol.056 朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん

人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう

2016/07/15更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

2019/12/20更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる経験となる

2021/05/21更新

Vol.077 株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん

人には自分で思う以上の可能性がある それを磨くために 解像度を上げて日常を見てみよう

2016/07/08更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

バックナンバー

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.450
子どもの自立を促すために生まれた「くもん さっぷりん」
KUMONが家庭での学習を応援します! ~「くもん さっぷりん」のヒミツ~
Vol.449
スマート・エイジングを支える公文式学習経験者
一人ひとりに向き合い 楽しく、その人に合った ちょうどの支援を
Vol.448
療育で活用される公文式
障害児・障害者支援施設から学ぶ 社会生活で必要な力をつけるためのヒント
Vol.447
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(後編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!