スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2019/03/08更新

Vol.053 教育実践「響の会」会長
角田明先生  前編

愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが
子どもを成長させる
「個」をみて教え導こう

角田 明 (つのだ あきら)
教員生活36年。私立高校を皮切りに、公立中学・小学校で、子どもたちとはもちろん、保護者や地域と向き合ってきた角田明先生。教員の力量を上げようと、1996年に教育実践ゼミナール「響の会」を立ち上げ、現役教員のための研修を開始。2007年からは日本公文教育研究会子育て支援センター顧問として全国で指導助言に務め、KUMONの指導者にも大きな刺激と影響を与えていただきました。子どもを取り巻く環境が変わりつつある中、子どもの育ちを支える大人がすべきことはどのようなことなのでしょうか? 教員を目指したきっかけから、さらに教育の本質についてもうかがいました。

1944年熊本県生まれ。1969年から神奈川県内の高校、中学の英語教師として学校教育に従事。1988年に神奈川県茅ヶ崎市の教育行政と学校現場とを往復しながら指導主事を務めた後、教育研究所長、中学校教頭、指導課長、小学校校長、指導担当参事を経て、2001年に新設開校の茅ヶ崎市立緑が浜小学校・初代校長に着任。2004年に退職後も、教育実践「響の会」会長として各地で講演活動を行う。著書に『あせらない あわてない あきらめない』(教育出版)、『人は人によりて人になる』(MOKU出版)など。

人生が大きく変わった小学校の先生との出会い

今日の私の礎を築いてくれたのは、小学校5・6年生時の担任だった田島直人先生です。大学を卒業したばかりの新任の先生で、この先生との出会いで私の人生は大きく変わりました。私は6人兄弟の末っ子として昭和19年に生まれましたが、父は翌年に戦死。父のことを知らずに育ち、10歳上の兄が大黒柱でした。小学校に行っても、友だちとあまりしゃべることもない、何もできない子で、3年生のときにはいじめにもあいました。当時の担任に訴えても何も変わらず、本当に学校に行くのがつらかったです。

それが、5年生で田島先生が担任となってから一変しました。野球が上手な先生の呼びかけで全員で野球をやることになり、キャッチボールがうまくできない私に、繰り返し動作のコツを教えてくれました。私ができるようになると、「できなかったんじゃないよ。やらなかっただけだよ。やればできるんだよ」と言われたのです。

そのひと言で頭の中が充血しましたね。「そうなんだ、やらなかっただけなんだ」と。帰宅後もキャッチボールがやりたくて、近所の子に相手を頼んだら、その子がびっくりしていました。以来、明けても暮れても野球をやるようになり、教員になってから野球部を指導し、プロ野球選手になった卒業生もいます。

おもしろいもので、自らの還暦の同窓会のとき、私が運動音痴で引っ込み思案だったことを覚えている人はいませんでした。田島先生だけは、「2年間ですっかり変わったもんな」と。教員というオトナの言葉ひとつでこんなにも変わるという実例です。

6年生の頃、作文に「大きくなったら田島先生のような先生になる」と書きました。するとご本人から、「田島先生のような先生になっちゃダメ。日本一の先生になりなさい」と言われました。中学を卒業して進学先の高校名を田島先生に伝えると、「なんだ、君はぼくの後輩だよ」というのです。感激してその帰り道、どう帰ったか覚えていません。母校の中学校の教育実習では、なんとその田島先生のご長男を教えるという奇跡もありました。こんな経緯があるので、教員になって、黙っている子、自分から心を開こうとしない子に、何をすればいいかということをずっと考えてきました。

 

関連リンク
歩禅記(ブログ)


 

 

 後編のインタビューから

 -子どもたちの「心の窓」を開くには
 -角田先生が考える「学び」「教育」とは
 -「人は人によりて人になる」

 

関連記事

2019/03/15更新

Vol.053 教育実践「響の会」会長
角田明先生

愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう

2019/05/24更新

Vol.054 関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生

「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう

KUMONグループの活動  2020/03/31更新

Vol.348 特別対談 BRAC創設者アベド氏を偲んで

教育を通じた社会貢献を 目に見える形で実現できた BRAC×KUMONプロジェクトの未来

2016/09/23更新

Vol.036 オノマトペ研究家 藤野良孝 先生

五感を使った体験で 学びは「グングン」強化できる オノマトペで人生豊かになる

2016/09/30更新

Vol.036 オノマトペ研究家 藤野良孝 先生

五感を使った体験で 学びは「グングン」強化できる オノマトペで人生豊かになる

バックナンバー

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.371
公文式フランス語最終教材修了生から見る
自立した学習者の姿とは?
フランス語を学習したことが 日常生活の豊かな彩りに
Vol.370
浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」
大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~
Vol.369
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)
子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生
Vol.368
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!