スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2019/03/08更新

Vol.053 教育実践「響の会」会長
角田明先生  前編

愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが
子どもを成長させる
「個」をみて教え導こう

角田 明 (つのだ あきら)
教員生活36年。私立高校を皮切りに、公立中学・小学校で、子どもたちとはもちろん、保護者や地域と向き合ってきた角田明先生。教員の力量を上げようと、1996年に教育実践ゼミナール「響の会」を立ち上げ、現役教員のための研修を開始。2007年からは日本公文教育研究会子育て支援センター顧問として全国で指導助言に務め、KUMONの指導者にも大きな刺激と影響を与えていただきました。子どもを取り巻く環境が変わりつつある中、子どもの育ちを支える大人がすべきことはどのようなことなのでしょうか? 教員を目指したきっかけから、さらに教育の本質についてもうかがいました。

1944年熊本県生まれ。1969年から神奈川県内の高校、中学の英語教師として学校教育に従事。1988年に神奈川県茅ヶ崎市の教育行政と学校現場とを往復しながら指導主事を務めた後、教育研究所長、中学校教頭、指導課長、小学校校長、指導担当参事を経て、2001年に新設開校の茅ヶ崎市立緑が浜小学校・初代校長に着任。2004年に退職後も、教育実践「響の会」会長として各地で講演活動を行う。著書に『あせらない あわてない あきらめない』(教育出版)、『人は人によりて人になる』(MOKU出版)など。

公文式にみる「理想の教育」

私は2007年から5年間、日本公文教育研究会子育て支援センター顧問を務めさせていただきました。そもそもは、私が小学校の校長をしていたとき、「今の学校教育の現状を知りたい」との相談を受け、茅ヶ崎エリアの公文式教室の指導者向けに講演を引き受けたことからKUMONとのおつきあいが始まりました。KUMONは指導者の横のつながりが強く、口コミで内容が伝わったのか、それから各地の指導者にお話をするようになりました。そしてその後顧問に、と声がかかったというわけです。

じつは、KUMONについては、小学校の先生方からきいていました。KUMONに通っている子は、「それはもうできるよ」「それはやったから」と言い、「クラスのハーモニーを乱す」というのです。公立学校の教員は子どもたち全員を平等にしようとしますから、すでにKUMONで学んでいて学習が進んでいる子がいると、足並みが乱れてやりにくいのは当然です。しかし、そもそも子どもはそれぞれ違い、本来、一人ひとりをみて教育するべきです。

公文式学習のことを知るにつれ、私はむしろ、KUMONに見習うべきだと感じました。KUMONの指導者は、「個」をみてその子の進度に合わせて教えています。声かけも、その子が伸びそうなちょうどいいタイミングで行います。学校の教員が「やりにくい」と感じるのは、教員の指導能力にもよると思います。私は小学校の教員に「KUMONに勝てばいい」と言いました。

小学生の子どもに対しては、見守る保護者と地域が、KUMONの指導者が子どもたちにするように愛情に満ちた厳しい目を注ぐことがとても大切です。それが子どもたちを成長させるのであり、そうすることが理想の教育といえるでしょう。

KUMONの指導者は子どもを教える先生であると同時に、ひとつの教室を運営する経営者でもあるので、全体を見渡す力に長け、リーダーシップがあります。KUMONの指導者は、教室に通う子どもの人数が減ったら「これは私が手を抜いたから」と自分の責任としますし、会費が遅れているご家庭があれば、なぜ遅れているのかも把握できています。自主的に各種の研修会に参加されるのも、学びへの熱意、子どもへの思いが伝わってきます。福岡での私の講演には、東京から来られる方もいるほどでした。

角田先生の人生を大きく変えた出会い

関連記事

2019/03/15更新

Vol.053 教育実践「響の会」会長
角田明先生

愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう

バックナンバー

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

2019/11/01更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

2019/07/12更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.343
「学習療法」を施設に活かす
可能性をあきらめない
Vol.342
日本語学習者の現在(いま)・夢・目標
―動画レポート
日本語を学んで 日本を好きになってもらいたい そして夢をかなえてほしい
Vol.341
KUMONロゴに込められた想い
キーワードは「Thinking」! THINKING FACEが笑顔ではない理由とは?
Vol.340
くもんの教具「磁石すうじ盤」の魅力とは?
乳幼児の数の理解を深め、    高齢者の脳の活性化にも!
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.067 後編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.067 前編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.066
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!