スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2019/03/15更新

Vol.053 教育実践「響の会」会長
角田明先生  後編

愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが
子どもを成長させる
「個」をみて教え導こう

角田 明 (つのだ あきら)
教員生活36年。私立高校を皮切りに、公立中学・小学校で、子どもたちとはもちろん、保護者や地域と向き合ってきた角田明先生。教員の力量を上げようと、1996年に教育実践ゼミナール「響の会」を立ち上げ、現役教員のための研修を開始。2007年からは日本公文教育研究会子育て支援センター顧問として全国で指導助言に務め、KUMONの指導者にも大きな刺激と影響を与えていただきました。子どもを取り巻く環境が変わりつつある中、子どもの育ちを支える大人がすべきことはどのようなことなのでしょうか? 教員を目指したきっかけから、さらに教育の本質についてもうかがいました。

1944年熊本県生まれ。1969年から神奈川県内の高校、中学の英語教師として学校教育に従事。1988年に神奈川県茅ヶ崎市の教育行政と学校現場とを往復しながら指導主事を務めた後、教育研究所長、中学校教頭、指導課長、小学校校長、指導担当参事を経て、2001年に新設開校の茅ヶ崎市立緑が浜小学校・初代校長に着任。2004年に退職後も、教育実践「響の会」会長として各地で講演活動を行う。著書に『あせらない あわてない あきらめない』(教育出版)、『人は人によりて人になる』(MOKU出版)など。

「心の窓」を開くために高校生を家庭訪問

恩師に憧れて教員になると決めた私は、「教育学部でなくても教員にはなれるよ」との高校の担任教員の助言で、大学は得意な英語が学べそうな貿易学科へ進学します。

大学生時代には、恩人といえる方との出会いがありました。神奈川寒川町の大久保さんご一家で、私のために畑に一軒家を建ててくれて、そこで私は大学生ながら塾を開き、実家からの仕送りがなくても生活ができました。血縁関係もないのに大久保さんは、「自分は戦争から生きて帰って来られた。死んでしまった戦友のために私ができることをしてあげているだけなんだ」というのです。この言葉は、その後の私の指針となりました。

いざ就職となると、故郷の母をラクにしたいという思いから、給与が高かった商社を希望。しかし入社には至らず、1年間大学の聴講生となり、そこで教員免許を取得しました。

大久保さんの紹介で最初に勤めたのが神奈川県内の私立高校です。クラスの生徒42名のうち半分は県立高校の不合格者。その生徒たちは覇気がなく、明らかに教員に対して不信感を持っていました。この子たちの「心の窓」を開こうと、思いついたのが家庭訪問です。高校生にもなって家庭訪問なんて……と、生徒たちから反発されましたが、夏休みに1日1戸ずつ実行したところ、胸の内を語ってくれました。9月の始業式にはそれまであった遅刻者がゼロ。保護者が勤務していた保養所で、4日間の勉強合宿も行いました。教員が心を開くことで、生徒たちも心を開いてくれたのです。

よく「開かれた学校」といわれますが、このようにお互いが心理的に「開く」ことが必要ではないかと思います。物理的にも「開く」ことが大切です。私は小学校の校長だったとき「ガラス張りの校長室」をつくりました。はじめは校長室のドアと窓ガラスを開けて、子どもたちが入ってきやすくしていましたが、冬になり締め切らねば暖房費のムダになるということで、ガラス張りに替えたのです。教員は、校長室に苦情に来た親が誰なのかがわかってしまうので嫌がりましたが、子どもたちの意見を取り入れた結果でした。

角田先生が考える「学び」「教育」とは

関連記事

2019/03/08更新

Vol.053 教育実践「響の会」会長
角田明先生

愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう

バックナンバー

2019/11/01更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

2019/07/12更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

2019/06/28更新

Vol.055 東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生

「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう

2019/05/17更新

Vol.054 関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生

「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.333
教室で学ぶフランス語・ドイツ語
フランス語・ドイツ語学習を通じて 外国語学習の楽しさを知り、 新しい世界を広げる
Vol.332
子どもたちが「できた」を体感
「見て、ふれて、体感できる」が KUMON PARKのコンセプト 保護者の方のご質問にもお答えします
Vol.331
単位制高校(通信制)ミニフォーラム
学校と企業の協働 すべては生徒を伸ばしたい思いから ~公文式導入校の先生方の学びの活動~
Vol.330
English Immersion Day
学んだ英語を使ってみよう ~新たな夢や目標に向かって~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.065 後編
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.065 前編
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.064
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!