スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2019/03/15更新

Vol.053 教育実践「響の会」会長
角田明先生  後編

愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが
子どもを成長させる
「個」をみて教え導こう

角田 明 (つのだ あきら)
教員生活36年。私立高校を皮切りに、公立中学・小学校で、子どもたちとはもちろん、保護者や地域と向き合ってきた角田明先生。教員の力量を上げようと、1996年に教育実践ゼミナール「響の会」を立ち上げ、現役教員のための研修を開始。2007年からは日本公文教育研究会子育て支援センター顧問として全国で指導助言に務め、KUMONの指導者にも大きな刺激と影響を与えていただきました。子どもを取り巻く環境が変わりつつある中、子どもの育ちを支える大人がすべきことはどのようなことなのでしょうか? 教員を目指したきっかけから、さらに教育の本質についてもうかがいました。

1944年熊本県生まれ。1969年から神奈川県内の高校、中学の英語教師として学校教育に従事。1988年に神奈川県茅ヶ崎市の教育行政と学校現場とを往復しながら指導主事を務めた後、教育研究所長、中学校教頭、指導課長、小学校校長、指導担当参事を経て、2001年に新設開校の茅ヶ崎市立緑が浜小学校・初代校長に着任。2004年に退職後も、教育実践「響の会」会長として各地で講演活動を行う。著書に『あせらない あわてない あきらめない』(教育出版)、『人は人によりて人になる』(MOKU出版)など。

「心の窓」を開くために高校生を家庭訪問

恩師に憧れて教員になると決めた私は、「教育学部でなくても教員にはなれるよ」との高校の担任教員の助言で、大学は得意な英語が学べそうな貿易学科へ進学します。

大学生時代には、恩人といえる方との出会いがありました。神奈川寒川町の大久保さんご一家で、私のために畑に一軒家を建ててくれて、そこで私は大学生ながら塾を開き、実家からの仕送りがなくても生活ができました。血縁関係もないのに大久保さんは、「自分は戦争から生きて帰って来られた。死んでしまった戦友のために私ができることをしてあげているだけなんだ」というのです。この言葉は、その後の私の指針となりました。

いざ就職となると、故郷の母をラクにしたいという思いから、給与が高かった商社を希望。しかし入社には至らず、1年間大学の聴講生となり、そこで教員免許を取得しました。

大久保さんの紹介で最初に勤めたのが神奈川県内の私立高校です。クラスの生徒42名のうち半分は県立高校の不合格者。その生徒たちは覇気がなく、明らかに教員に対して不信感を持っていました。この子たちの「心の窓」を開こうと、思いついたのが家庭訪問です。高校生にもなって家庭訪問なんて……と、生徒たちから反発されましたが、夏休みに1日1戸ずつ実行したところ、胸の内を語ってくれました。9月の始業式にはそれまであった遅刻者がゼロ。保護者が勤務していた保養所で、4日間の勉強合宿も行いました。教員が心を開くことで、生徒たちも心を開いてくれたのです。

よく「開かれた学校」といわれますが、このようにお互いが心理的に「開く」ことが必要ではないかと思います。物理的にも「開く」ことが大切です。私は小学校の校長だったとき「ガラス張りの校長室」をつくりました。はじめは校長室のドアと窓ガラスを開けて、子どもたちが入ってきやすくしていましたが、冬になり締め切らねば暖房費のムダになるということで、ガラス張りに替えたのです。教員は、校長室に苦情に来た親が誰なのかがわかってしまうので嫌がりましたが、子どもたちの意見を取り入れた結果でした。

角田先生が考える「学び」「教育」とは

関連記事

2019/03/08更新

Vol.053 教育実践「響の会」会長
角田明先生

愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう

2019/05/24更新

Vol.054 関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生

「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう

2016/09/30更新

Vol.036 オノマトペ研究家 藤野良孝 先生

五感を使った体験で 学びは「グングン」強化できる オノマトペで人生豊かになる

2016/09/02更新

Vol.035 ジャーナリスト 多賀幹子さん

私たちはすべての人から何かを学べる 現場に足を運び 実際に見たり聞いたりしないと 本当に大切なものはわからない

2016/10/28更新

Vol.037 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者
赤間亮先生

世の中に貢献するために 自分の好きなことを突出させよう

バックナンバー

2020/10/23更新

Vol.064 神田外語大学 特任講師
上原雅子先生

言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.375
受験にもTOEFL Primary®、TOEFL Junior®!
日々の英語力を測定できる TOEFL Primary® TOEFL Junior® 入試での活用もますます進展!
Vol.374
感染対策の中での学習療法
こんなときだからこそ 笑顔で過ごしていただきたい ~学習療法のいま~
Vol.373
浮世絵から見える江戸時代の人々「神無月」
神無月に人々の暮らしに寄りそう留守神 ~商売繁盛と五穀豊穣を祈って~
Vol.372
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑥            <ちょうどの学習>
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!