スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2019/02/01更新

Vol.052 國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生  前編

江戸文化に「遊び心」があふれていたように
学びの中にも「遊び心」を見つけていこう

藤澤 紫 (ふじさわ むらさき)
東京都生まれ。学習院大学大学院人文科学研究科博士後期過程満期終了。博士(哲学)。2011年より國學院大學大学院文学研究科客員教授。2014年より同大学文学部教授。国際浮世絵学会常任理事。主な著書に『くもんの子ども浮世絵コレクション 遊べる浮世絵 江戸の子ども絵・おもちゃ絵大集合!』(青幻舎)、『遊べる浮世絵 体験版・江戸文化入門』(東京書籍)、『別冊太陽 鈴木春信 決定版 恋をいろどる浮世絵絵師』(平凡社)など。

日本近世絵画史、中でも浮世絵を専門に研究されている藤澤紫先生。30代という若さで国際浮世絵学会の常任理事に就任し、以後も同会の国際大会の委員長を務めるなど、浮世絵の普及に尽力されています。新たに始まったNHK BS4Kの番組『浮世絵EDO-LIFE』で監修を務められているほか、公文教育研究会が所蔵する浮世絵などの作品を閲覧できるウェブサイト「くもん子ども浮世絵ミュージアム」の解説執筆にも関わってくださっています。実はもともと西洋美術に関心があったという藤澤先生、浮世絵のどんな魅力に引き寄せられたのか、お話を伺いました。

今も昔も変わらぬ子どもの姿を描いた「子ども浮世絵」

國學院大學文学部哲学科教授 藤澤紫先生

私は大学時代からの恩師・小林忠先生にお声をかけていただき、KUMONが蒐集(しゅうしゅう)されている「子ども浮世絵」に携わることになりましたが、最初、この「子ども浮世絵」という言葉自体が新しいと感じました。多くの方も浮世絵といえば、「役者絵」や「美人画」などを連想されると思います。実は、江戸時代は「子ども天国」と言われるほど幼い子を大切にしており、浮世絵にも愛らしい子どもたちがたくさん描かれています。

おもしろいことに、同じ時代の西洋美術には、そうした一般の子どもを主役にすえた作品は少ないです。一方、庶民の暮らしに取材した浮世絵には、ごく自然に子どもが描かれています。ですから、あえて「子ども浮世絵」という枠組みを意識しなかったのでは、というのが私の考えです。

実は私自身が10歳の頃、KUMONの教室に通っていたので、公文式というメソッドを展開されているのは存じていましたが、浮世絵の蒐集や研究成果を発信されていることを知った時、「教育というのは裾野が広いのだな」と印象に残りました。

2018年の春に、子どもと遊びをテーマにした「くもんの子ども浮世絵コレクション 遊べる浮世絵 江戸の子ども絵・おもちゃ絵大集合!」(藤澤紫監修)が広島県立美術館で開催され、この4月から練馬区立美術館にも巡回します(2019年4月28日~6月9日)。大人も子どもも「遊べる」展覧会ですので、ぜひご家族で楽しんでいただきたいですね。
(展示に際して、書籍も刊行しています。『遊べる浮世絵 くもんの子ども浮世絵コレクション』)

また、2018年4月から、くもんの浮世絵コレクションの魅力をご紹介する、「浮世絵と遊ぼう!」(時事通信社)という新聞連載も持たせていただき、河北新報など5社から配信されています。

浮世絵のコレクションを有する企業は国内外に複数ありますが、「子ども」「教育」を切り口に蒐集されたものは珍しいと思います。とくに、双六(すごろく)や組上絵(くみあげえ)など、江戸から明治にかけてのおもちゃ絵もたくさん所蔵されているのはKUMONならではですね。組上絵は切って組み立てたりして遊ぶ、当時の子どもたちの玩具なので、後世に残りにくいのです。それらも蒐集されているのは大きなポイントだと思います。

歌川芳重 鎧甲組上げ

歌川芳重 鎧甲組上げ

鎧甲組上げ完成写真

鎧甲組上げ完成写真

私も学生と一緒に、これら組上絵の複製を実際に作ったりしていますが、そこで手の向きが反対だったりと間違いを発見することもあります。体験してみて初めてわかるのですが、当時の人も「しょうがないなあ」と笑いながら作っていたのかも……なんていうことを想像するのもまた楽しいものですね。

 

関連リンク
國學院大學メディア
くもん子ども浮世絵ミュージアム
『くもんの子ども浮世絵コレクション 遊べる浮世絵 江戸の子ども絵・おもちゃ絵大集合!』

練馬区立美術館


 

國學院大學文学部哲学科教授 藤澤紫先生

 後編のインタビューから

 -浮世絵に魅せられて~浮世絵との出会い
 -藤澤先生が考える「学び」と「遊び」とは?
 -藤澤先生から保護者の方へのメッセージ

 

関連記事

2019/02/08更新

Vol.052 國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生

江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう

KUMONグループの活動  2019/06/25更新

Vol.312 『遊べる浮世絵展』

くもんの子ども浮世絵コレクション 『遊べる浮世絵展』 これにておひらきにてそうろう

KUMONグループの活動  2013/10/01更新

Vol.005 くもん子ども浮世絵ミュージアム

浮世絵という貴重な文化史料から子育てや子ども文化をあらためて学ぶ

KUMONグループの活動  2020/06/09更新

Vol.358 KUMONの子ども文化研究

浮世絵などの貴重な文化史料から 子育てや子ども文化をあらためて学ぶ

KUMONグループの活動  2017/05/02更新

Vol.207 KUMONレポート-子ども文化史料編

江戸時代の子ども文化を疑似体験 ~江戸庶民の子どもの「遊び」と「学び」~

バックナンバー

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

2020/10/23更新

Vol.064 神田外語大学 特任講師
上原雅子先生

言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.380
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑧            <低い出発点>
Vol.379
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(3)
子どものことをたくさんほめられる 気持ちのゆとりを心がけよう お話:教育評論家 親野智可等先生
Vol.378
浮世絵から見える江戸時代の人々「七五三」
子どもの成長に感謝 ~健康と長生きを祈って~
Vol.377
特別対談 たかまつななさん×KUMON
お笑い芸人と学ぶSDGs 「目標だけではなく行動の持続可能性が大事」
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.073 後編
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.073 前編
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!