KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2019/06/25更新

Vol.312

『遊べる浮世絵展』  

くもんの子ども浮世絵コレクション
『遊べる浮世絵展』
これにておひらきにてそうろう

平成から令和へ時代が変わろうとしている4月28日(日)に東京の練馬区立美術館で開会した、くもんの子ども浮世絵コレクション『遊べる浮世絵展』ですが、6月9日(日)に無事約40日間の会期を終えました。その間会場まで足をお運びいただいた皆様にこの場をお借りして御礼申し上げます。


今回のキャラクターをあしらったPRツール

 

初めて「くもんの子ども浮世絵コレクション」というタイトルをご覧になられた多くの方々が「えっ!くもん?あの公文式のくもん?」と驚かれたことと思います。実は公文教育研究会では約3,200作品もの子ども浮世絵を中心とした文化史料を収集し、研究を行ってきました。

くもんが子ども浮世絵を収集している理由からお話ししましょう


風流おさなあそび(男の子)歌川広重

公文教育研究会は公文式学習法で日本を始めとして世界50を超える国と地域に広がりを見せていますが、どこの国の公文式教室でもその主役は「子ども」です。
そこで公文教育研究会は1986年に公文式の主役である「子ども」の生活や文化、そして歴史を知る方法を模索し始めました。ところが世界のいずれの国でも「教える側」の教育の歴史について書かれた文献はあるものの、主役である「子ども」の生活や文化について書き残されているものは殆どないことが分かってきました。そんな折フランスの歴史学者フィリップ・アリエス(Philippe Aries, 1914-1984)の絵画史料を使った子ども研究手法に触発され、公文教育研究会は江戸時代以降の子ども文化を浮世絵から探れるのではないかという発想にたちました。そして、子どもの生活の様子が描かれた浮世絵や子どもが遊びに使ったおもちゃ絵を中心に収集と研究を進めてまいりました。
この度の練馬区立美術館では公文教育研究会が所蔵する子ども文化史料の中から「遊び」をテーマとして約170作品を厳選して展示いたしました。

練馬区立美術館で今回の「遊べる浮世絵展」を企画された学芸員の加藤陽介さんに企画にかけた思いをお伺いしました

―くもんの子ども浮世絵「遊べる浮世絵」展の開催に込められた想いをお聞かせください。


開会式が終わりいよいよ入場

公文教育研究会が収集された子ども浮世絵は、これまでにも何度か展覧会等で拝見してきました。
これは世界的にも例を見ない子どもに特化したコレクションであること、そして構成の仕方によって幾通りもの見せ方が可能であることは確信していました。國學院大學文学部哲学科教授の藤澤先生の監修を得ることで、”遊べる“という立体的な展示が叶い、かつ当館がこれまで力を入れてきた教育普及活動とリンクすることで、今までの浮世絵展とは違う展覧会のあり方、客層が見込めるという期待も膨らみました。

―今回の展覧会の企画で工夫された点や特に力を入れたイベントをご紹介ください。


巨大な人間双六

絵を楽しむ浮世絵展と教育普及活動の融合により、展示物を原本とした楽しみの広がりを感じていただける点でしょうね。
フリースペースに設置した巨大な双六は展示空間と遊びのスペースを繋ぐものです。また、子どもたちは実際に工作することが大好きですから、予約などなしでその場、その空間を提供する“さんでー工作”(日曜のみ開催)は試みとして大成功だったと思います。

―観覧者の方々のご感想や記憶に残るエピソードがあればご紹介ください。

保護者連れや保育園で双六を楽しんだ子どもたちが、ここがフリースペースであることがわかると、また遊びに来てくれる。子どもたちが自主的に来館してくれるのが印象的でした。

これまでの浮世絵展と違う手ごたえは

関連記事

2019/02/01更新

Vol.052 國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生

江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう

KUMONグループの活動  2015/01/06更新

Vol.069 KUMONの子ども文化活動-お正月の子ども浮世絵

子ども浮世絵のなかに描かれたお正月百聞は一見に如かず.江戸時代の羽根つきや双六などの遊び、そして学びの場

KUMONグループの活動  2013/10/01更新

Vol.005 くもん子ども浮世絵ミュージアム

浮世絵という貴重な文化史料から子育てや子ども文化をあらためて学ぶ

KUMONグループの活動  2018/01/09更新

Vol.241 時代を超えて学び方のヒントを探る

「読み」「書き」を通して身につけた 「やり抜く力」

KUMONグループの活動  2020/06/09更新

Vol.358 KUMONの子ども文化研究

浮世絵などの貴重な文化史料から 子育てや子ども文化をあらためて学ぶ

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/02/24更新

Vol.392 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>

KUMONグループの活動  2021/02/16更新

Vol.391 公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?

自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!

KUMONグループの活動  2021/02/09更新

Vol.390 タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出

ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい

子育て・家庭学習  2021/02/02更新

Vol.389 家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?

KUMONグループの活動  2021/01/26更新

Vol.388 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑩            <標準完成時間>

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!