スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/01/22更新

Vol.028

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授
早稲田大学国際部長 黒田一雄先生  前編

教育がもたらす希望は大きい
多様性のなかでの学び
真の豊かさをもたらす

黒田 一雄 (くろだ かずお)

福岡県生まれ。1989年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、当時の東京銀行に就職。アジア経済研究所開発スクール修了後、スタンフォード大学にて国際教育開発、コーネル大学にて教育・開発社会学を専攻、Ph.D.(博士号)取得。米国海外開発評議会研究員や世界銀行を経て、広島大学教育開発国際協力研究センター講師、助教授に。早稲田大学大学院アジア太平洋研究科の助教授を経て、現職に至る。編著に、『国際教育開発論-理論と実践』(有斐閣)、『アジアの高等教育ガバナンス』(勁草書房)など。

「発展途上国の教育開発」をテーマに研究を続ける一方、外務省やJICAなどの国際協力機関で、さまざまな委員を歴任されている黒田先生。いまに至るまでには迷いや寄り道もありましたが、志を貫き、今では日本における国際教育開発の分野で第一人者として国内外で活躍されています。夢の実現に向かって学び続けた源泉は何だったのでしょうか。

「すべての人に教育を」
その実現のための枠組みを研究

教育開発学者 黒田一雄先生

私の専門は「発展途上国の教育開発」です。とくに、教育機会を与えられない女子教育への興味からスタートし、最近は障害児など特別な教育ニーズが必要な子どもたちが通常学級で学ぶ「インクルーシブ教育」の研究にも力を入れています。

もう一つ、早稲田大学の国際部長という役職をやっていることもあり、「アジアの高等教育における国際交流・国際連携」、具体的には、アジアの高等教育における域内流動性や連結性を高めていくためのあり方などについて研究しています。

前者の観点からいえば、私は自分を「EFAについての研究者」、と位置づけています。EFAとは、1990年、タイのジョムティエンで開催された、「万人のための教育世界会議」に始まった「すべての人に教育を(EFA:Education for All)」というスローガンです。その後、2000年のミレニアム開発目標(MDGs:Millennium Development Goals)を経て、2015年には持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)が国連において採択されました。この中には、「すべての人が公平に受けられる質の高い教育の完全普及と、生涯にわたって学習できる機会の向上」という教育目標があります。その実現に向けて、国際社会がどのように取り組むか、といった枠組みづくりに関心があります。

今でこそ「教育開発」という分野が確立されつつありますが、私が研究を始めたころ、日本にはこの分野の研究者はほとんどおらず、「教育開発の研究者になっても日本では仕事はない」と言われるほどでした。というのも、日本は戦前・戦中に植民地や占領下の東南アジアで日本語教育や日本の教育制度を強制した歴史的反省もあり、「教育はその国の根幹をなすものであるため、他国が干渉すべきものではない」との考えが根強かったからです。ですので、現在の日本の国際教育協力の進展には、目を見はるものがあります。

黒田先生が教育に関心をもつようになったきっかけとは?

関連記事

2016/01/29更新

Vol.028 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授
早稲田大学国際部長 黒田一雄先生

教育がもたらす希望は大きい 多様性のなかでの学びが 真の豊かさをもたらす

2018/05/18更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

2015/11/20更新

Vol.026 立命館アジア太平洋大学学長 是永駿先生

「一人ひとりが尊い命」 異なる他者を思いやれる人こそ 真のグロ―バル人材

2015/11/27更新

Vol.026 立命館アジア太平洋大学学長 是永駿先生

「一人ひとりが尊い命」 異なる他者を思いやれる人こそ 真のグロ―バル人材

バックナンバー

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2021/03/26更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.417
アブダビの小学校において公文式による学力向上貢献事業を実施しています
ADNOC、JODCO、KUMONの3社による アブダビ事業が 令和3年度「日本型教育の海外展開(EDU-Portニッポン)応援プロジェクト」に採択されました
Vol.416
学習療法在宅コースとは?
研修会で学びご家族へのサポートに生かす ~学習療法在宅コースでの実践~
Vol.415
公文式を導入している障害児・障害者支援施設での学習効果アンケート
障害児・障害者支援施設で感じられている 公文式学習の効果とは?
Vol.414
KUMONレポート-子ども文化史料編
江戸時代の史料から子ども文化を研究 ~KUMONの子ども文化史料~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.081 後編
オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん
学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう
Vol.081 前編
オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん
学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう
Vol.080
ライター/翻訳者
堀越英美さん
「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう
Vol.079
常葉大学造形学部
講師 村井貴さん
本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!