トップ > KUMON now! > トピックス > 地球社会の一員として、未来への一歩を踏み出そう

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

学習者・OBOG  2018/05/15更新

Vol.256 英語で視野を広げよう  

地球社会の一員として、
未来への一歩を踏み出そう

~第10回 Ambassadors of Peace Network」(APN)開催~

2018年3月25日(日)、新大阪にある公文教育会館にて、子どもたちが英語をコミュニケーションツールに地球社会の一員として世界のことを考えるイベント「Ambassadors of Peace Network」(APN)が開催されました。イベントに集まったのはこれまでKUMONのイングリッシュ・イマージョン・キャンプに参加した子どもやキャンプリーダーなど約190名。年齢も国籍も違う仲間たちとともに、自分にできることを考え、新たな一歩を踏み出しました。

仲間たちとともに未来への一歩を踏み出そう


インターネット中継でタイの公文生と交流しました。

APNとは、毎年夏に行われているイングリッシュ・イマージョン・キャンプ(※)に参加した子どもたちとそのご家族、そして世界各国出身のキャンプリーダーが集まり、地球規模の課題について一緒に考えたり、自身の活動や目標を英語で発表して、お互いの成長を確認し、応援し合うイベントです。

第10 回目を迎えた今回は、インターネット中継によるタイ・チェンマイで公文式を学ぶ子どもたちとの交流も行われ、22か国から190名が参加しました。参加者たちは久しぶりの仲間との再会を楽しむとともに、地球社会の一員としてのさまざまな学びを得て、それぞれの胸に新たな目標を思い描きました。

※通称EIC。毎年夏に開催されるKUMON主催のイベント。
子どもたちは様々な国と地域出身の学生キャンプリーダーたちと、英語をコミュニケーションツールとして、生活を共にし、お互いを理解することの大切さを学ぶ。2017年のキャンプには314名が参加。

夢や目標に向かって


スピーチコンテストの様子

パネルディスカッションの様子

今年のAPNでは「Globalization」をテーマに、スピーチコンテストやパネルディスカッションなどのプログラムが行われました。当日の企画・運営にはEICに参加したことのある子どもたちの中から立候補したメンバーが担当しました。

今年初めて開催されたスピーチコンテストでは小学生コース(テーマ:英語を何のために使うのか)、中高生コース(テーマ:グローバル社会に生きるとはどういうことか)に分かれ、事前の公募で選ばれた代表者が各テーマに合わせて、英語で発表しました。発表者はキャンプリーダーの一人をアドバイザーとして、発表内容はもちろん、スピーチの仕方、発表用のパワーポイント資料の作成も含めて準備や練習を重ね、本番を迎えました。発表後はそれぞれのスピーチへの講評も行い、他の参加者たちにとっても学びや刺激になったようです。

発表をきいた参加者の感想をご紹介します。
「自分より小さい子が、将来の夢や目標に向かって頑張っていることを知ってモチベーションがあがりました」
「スピーチを聞いて、夢を持ち続けることや行動を起こすこと等刺激を受けました!」
「素晴らしい発表で刺激を受けました。自分も頑張らなくてはと思いました」

地球社会の一員として


SDGsについて学びました。

プログラムの後半では、タイのバンコクにあるUNESCOアジア太平洋地域教育事務局の方をゲストに迎え、SDGs(持続可能な開発目標)について学びました。

英語でのプレゼンテーションを聞き、17のそれぞれの項目について理解を深めるため、各グループに分かれて積極的に意見交換をしました。地球社会の一員として、自分にできることは何か。当たり前のように過ごしている普段の生活を、いつもよりも少しだけ視野を広げて振り返って考えてみるという経験は子どもたちにとっても貴重な経験となったようです。

 

関連リンク
『第10回 Ambassadors of Peace Network』開催のご案内|プレスリリース
世界規模で物事を考えよう~「イングリッシュ・イマ-ジョン・キャンプ2017」開催~|KUMON now!
English Immersion Camp公式ウェブサイト

関連記事

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

KUMONグループの活動  2017/06/06更新

Vol.212 英語で視野を広げよう!

世界に触れ、仲間たちとともに 踏み出す一歩 -第9回 Ambassadors of Peace Network」(APN)開催-

KUMONグループの活動  2016/04/19更新

Vol.147 English Immersion Camp15周年イベント開催

仲間たちとともに、 未来に向かって羽ばたこう

KUMONグループの活動  2016/09/20更新

Vol.174 English Immersion Camp 2016

世界を感じる! 子どもたちが英語を使って 様々な国や地域の学生と 過ごすキャンプ 〜「イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2016」開催〜

2019/06/07更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/01/12更新

Vol.386 公文書写-家族で学習

どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2020/12/22更新

Vol.384 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑨            <100点主義>

KUMONグループの活動  2020/12/15更新

Vol.383 浮世絵に見る江戸時代の年の瀬と子どもたち

寒さに負けず元気に遊ぶ子どもたち ~江戸時代の人々の暮らし~

KUMONグループの活動  2020/12/08更新

Vol.382 本のなかで、自由な心で過ごしてみよう

さあ、どんな本を読もう? くもん出版オススメ 冬休みに読んでみたい本

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!