スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2018/05/18更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生  後編

日本は「教育」で世界に貢献できる
持続可能で平和な社会を築くことが
「教育の国際協力」のゴール

吉田 和浩 (よしだ かずひろ)
長野県生まれ。獨協大学外国語学部英語学科を卒業後、商社に就職。海外コンサルティング企業協会の研究員に転じ、英国のサセックス大学の開発学研究所IDS(Institute of Development Studies)に留学。開発学修士。その後世界銀行に入行、アフリカ局人的資源エコノミストとして、ガーナ、ナイジェリア、ザンビアなどの教育プロジェクト担当、人間開発ネットワーク副総裁室業務官、国際協力銀行開発セクター部社会開発班課長などを経て、2006年4月より広島大学教育開発国際協力研究センター助教授、2009年10月より教授、13年4月から同センター長に就任。

日本の学校教育は、学力・体力・人間性がバランスよく含まれ、全人的な教育が行われているとされますが、世界には、学校に通えない子どもたちが多くいる国や、子どもたちが学校に通っていても「学びが身についていない」という問題を抱える国も少なくありません。そうした問題の解決に向けて、大学の知を有効に活用し教育の分野で国際協力を実践するため、日本で初めての研究拠点として設立されたのが広島大学教育開発国際協力研究センターです。センター長である吉田先生が考える「教育の国際協力」のゴールとは? 教育開発の現状と課題、日本の役割などをうかがいました。

人生に失敗はつきもの
その失敗を活かす生き方は必ずある

振り返るとその時々に、今につながるタネが蒔かれていたのだと思います。私はいわゆる「チャンスの糸」が見えたら、必ずつかむようにしてきました。糸はあちこちに垂れているかもしれませんが、見えないときには見えません。そのときは縁がない。でも、見えたら考える前につかむ。私の人生は、そうやって出来上がってきたのだと思います。

壁にぶつかってあきらめムードに入っている子どもたちにこそ、自分の経験からも「人生に負け組なんてない」と伝えたいですね。失敗はつきものですが、その失敗が活きてくるような生き方は、前を向いていれば必ずできます。無理をする必要も、投げ出す必要もありません。ペースは何でもいい。いつ、どんな才能が出てくるかは、本人にさえわかりませんから。

社会や家庭はその芽を摘んでしまわないようにしてほしいですね。多くの大人は「普通」と思われているものさしで物事を見てしまいます。そこから歯車の食い違いが出てくることも少なくないので、子どもの思いを理解して、見守ってあげてほしいと思います。

「日本の教育は素晴らしい」とお伝えしましたが、現実には問題もあります。私にとっては、それをどう克服していくのかを含め、教育にかかわり続けることが大事な仕事だと思っています。

広島大学教育開発国際協力研究センター長としては、センターでの取り組みを通じて、広島大学という地方の中核大学でありながら世界のSDGsの達成に貢献したいですね。これまでの経験から、「学習成果」を根本的に改善して達成するために何が必要なのか、現場を知っている立場だからこその話ができますし、日本の良いものを対外的に発信し共有し、お互いの学び合いに活かせるよう、ファシリテートすることもできます。それがいま、自分にできるいちばんやりがいのある仕事かもしれません。

SDGsは、「2030年にどういう世の中でありたいか」を考えて行動していくためのものです。私たちが生きていくうえで、何が大切な問題なのかをわかりやすい言葉にまとめたもので、難しい問題でも新しい問題でもありません。自分とのつながり方は日常のあちこちにあるので、一人ひとりが、ぜひ取り組んでいただきたいと思います。

 

関連リンク
広島大学 教育開発国際協力研究センター


 

 

前編のインタビューから

-広島大学教育開発国際協力研究センターの取り組みとは?
-SDGs達成のために「教育協力」で日本ができること
-社会の教育機能としてのKUMONの優れた点とは?

 

関連記事

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

2016/01/22更新

Vol.028 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授
早稲田大学国際部長 黒田一雄先生

教育がもたらす希望は大きい 多様性のなかでの学びが 真の豊かさをもたらす

2015/11/20更新

Vol.026 立命館アジア太平洋大学学長 是永駿先生

「一人ひとりが尊い命」 異なる他者を思いやれる人こそ 真のグロ―バル人材

2015/11/27更新

Vol.026 立命館アジア太平洋大学学長 是永駿先生

「一人ひとりが尊い命」 異なる他者を思いやれる人こそ 真のグロ―バル人材

2016/01/29更新

Vol.028 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授
早稲田大学国際部長 黒田一雄先生

教育がもたらす希望は大きい 多様性のなかでの学びが 真の豊かさをもたらす

バックナンバー

2020/10/23更新

Vol.064 神田外語大学 特任講師
上原雅子先生

言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.375
受験にもTOEFL Primary®、TOEFL Junior®!
日々の英語力を測定できる TOEFL Primary® TOEFL Junior® 入試での活用もますます進展!
Vol.374
感染対策の中での学習療法
こんなときだからこそ 笑顔で過ごしていただきたい ~学習療法のいま~
Vol.373
浮世絵から見える江戸時代の人々「神無月」
神無月に人々の暮らしに寄りそう留守神 ~商売繁盛と五穀豊穣を祈って~
Vol.372
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑥            <ちょうどの学習>
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!