スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生  前編

日本は「教育」で世界に貢献できる
持続可能で平和な社会を築くことが
「教育の国際協力」のゴール

吉田 和浩 (よしだ かずひろ)
長野県生まれ。獨協大学外国語学部英語学科を卒業後、商社に就職。海外コンサルティング企業協会の研究員に転じ、英国のサセックス大学の開発学研究所IDS(Institute of Development Studies)に留学。開発学修士。その後世界銀行に入行、アフリカ局人的資源エコノミストとして、ガーナ、ナイジェリア、ザンビアなどの教育プロジェクト担当、人間開発ネットワーク副総裁室業務官、国際協力銀行開発セクター部社会開発班課長などを経て、2006年4月より広島大学教育開発国際協力研究センター助教授、2009年10月より教授、13年4月から同センター長に就任。

日本の学校教育は、学力・体力・人間性がバランスよく含まれ、全人的な教育が行われているとされますが、世界には学校に通えない子どもたちが多い国や、子どもたちが学校に通っていても「学びが身についていない」という問題を抱える国も少なくありません。そうした問題の解決に向けて、大学の知を有効に活用し教育の分野で国際協力を実践するため、日本で初めての研究拠点として設立されたのが広島大学教育開発国際協力研究センターです。センター長である吉田先生が考える「教育の国際協力」のゴールとは? 教育開発の現状と課題、日本の役割などをうかがいました。

地域に密着して教育にかかわれるKUMONの仕組み

さらに日本では、学校だけでなく、家庭や塾なども含め、社会が幅広く教育機能に携わっています。学校教育をベースとして、その先の社会がさらに人を育てていく機能をもっているのです。それがなければ、どんなにしっかりした教育の基礎ができていても、社会としてはまとまらなくなってしまいます。

そういう意味で、KUMONもその一翼を担っていると言えます。KUMONでは、地域の方々が公文式教室を開設し、その地域に根ざして教育にかかわっています。そのような形で、子どもたち一人ひとりが伸びていけるような基本的な仕組みができている。それがKUMONの優れた点だと思います。

これは構図としては普遍的なものですし、一般の方がKUMONの活動に共感して、「かかわりたい」というところから出発できるので、潜在的に公文式教室の先生になれる方はたくさんいらっしゃると思います。それは普及の素地として重要なことで、途上国でも普及の可能性はあるとは思います。

ただ、「教育は政府の役割」と考える途上国が多いのも事実です。「地域の参画」をすすめると、「自分たちに教育機能を押しつけるのか」と反発を受けがちで、日本の良いものをそのまま持ち込んでもなかなかうまく機能しません。その国の歴史などを知らないとシステムは根付いていかないのです。

私は、日本で行われている良い取り組みを、システムあるいは制度として整理し直して、必要な国が受入れやすくすることが大切だと考えています。途上国において特定の課題解決のために、こちらの目線で「とにかくよい情報」を提供するのではなく、「その情報をどう現地の人たちが吸収するか」まで考えて情報を提供することが大事だと思います。

 

関連リンク
広島大学 教育開発国際協力研究センター


 

 

後編のインタビューから

-吉田先生が海外に目を向けるきっかけになった出来事とは?
-英国での留学時代から抱いていた葛藤とは?
-吉田先生から子どもたちへのメッセージ

 

関連記事

2018/05/18更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

2016/01/22更新

Vol.028 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授
早稲田大学国際部長 黒田一雄先生

教育がもたらす希望は大きい 多様性のなかでの学びが 真の豊かさをもたらす

2015/11/27更新

Vol.026 立命館アジア太平洋大学学長 是永駿先生

「一人ひとりが尊い命」 異なる他者を思いやれる人こそ 真のグロ―バル人材

学習者・OBOG  2018/05/15更新

Vol.256 英語で視野を広げよう

地球社会の一員として、 未来への一歩を踏み出そう ~第10回 Ambassadors of Peace Network」(APN)開催~

2015/11/20更新

Vol.026 立命館アジア太平洋大学学長 是永駿先生

「一人ひとりが尊い命」 異なる他者を思いやれる人こそ 真のグロ―バル人材

バックナンバー

2019/02/01更新

Vol.052 國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生

江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう

2018/11/30更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生

心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう

2018/09/28更新

Vol.050 大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生

「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

2018/04/20更新

Vol.048 書写書道教育研究者 宮澤正明先生

人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.295
茅ケ崎市 脳の健康教室
95歳でいきいき暮らす秘訣とは?
Vol.294
公文式の施設導入――
ひまわり学園真美ケ丘自立訓練校
学習によって生まれた 訓練生の「自信」と職員の「モチベーション」 お互いの「信頼関係」
Vol.293
持続可能な教育支援と国際貢献
バングラデシュでの取り組みが 首相官邸国際広報映像として 世界各地のCNNで放送!
Vol.292
公文書写―公文書写教室編
あらゆる世代の方々が それぞれの目標に向かって
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.060 後編
環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん
遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく
Vol.060 前編
環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん
遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく
Vol.059
ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん
何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる
Vol.058
コピーライター
佐々木圭一さん
「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。