スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生  前編

日本は「教育」で世界に貢献できる
持続可能で平和な社会を築くことが
「教育の国際協力」のゴール

吉田 和浩 (よしだ かずひろ)
長野県生まれ。獨協大学外国語学部英語学科を卒業後、商社に就職。海外コンサルティング企業協会の研究員に転じ、英国のサセックス大学の開発学研究所IDS(Institute of Development Studies)に留学。開発学修士。その後世界銀行に入行、アフリカ局人的資源エコノミストとして、ガーナ、ナイジェリア、ザンビアなどの教育プロジェクト担当、人間開発ネットワーク副総裁室業務官、国際協力銀行開発セクター部社会開発班課長などを経て、2006年4月より広島大学教育開発国際協力研究センター助教授、2009年10月より教授、13年4月から同センター長に就任。

日本の学校教育は、学力・体力・人間性がバランスよく含まれ、全人的な教育が行われているとされますが、世界には学校に通えない子どもたちが多い国や、子どもたちが学校に通っていても「学びが身についていない」という問題を抱える国も少なくありません。そうした問題の解決に向けて、大学の知を有効に活用し教育の分野で国際協力を実践するため、日本で初めての研究拠点として設立されたのが広島大学教育開発国際協力研究センターです。センター長である吉田先生が考える「教育の国際協力」のゴールとは? 教育開発の現状と課題、日本の役割などをうかがいました。

日本は自国の取り組みをうまく発信することで、
もっと世界に貢献できる

では、日本は「教育協力」の側面で日本の強みをどう活かせるのでしょうか。私は、世界共通の目標である「SDGs」達成に向けて、日本が蓄積したノウハウはとても役立つと思っています。

「SDGs」とは、「Sustainable Development Goals(=持続可能な開発目標)」の略称で、国連加盟国が2030年までに達成しようとする目標です。大きく17の目標があり、第4目標に「包摂的で公正な質の高い教育を万人に」が掲げられ、その内容がさらに10のターゲットに分かれています。

第4目標の大きな特色は「インクルーシブネス(=包摂性)」と同時に、「ラーニングアウトカム(=学習成果)」の重要性に触れていることです。とくにターゲット4-7では、「人権、男女平等、平和、文化の多様性などの普遍的な価値観を共有し、それを実現していくうえで必要な知識や技能を身につけ、持続可能で平和な社会を築いていくこと」をめざしています。それが教育の成果であり、教育の国際協力のゴールです。

私はそこに日本ならではの強みを活かすことができると思うのです。日本では「SDGs」や「ESD(=Education for Sustainable Development: 持続可能な開発のための教育」などの概念を持ち出す以前に、「人が困っていたら助けよう」「ものは大事にしよう」というようなことが、学校だけなく、日本社会に共通の価値観として根づいています。土台となる制度もしっかり機能しています。そこが日本の教育が素晴らしいと言われる一番のポイントです。

長年培われてきた努力のおかげでできあがったわけですが、途上国の人々の中には日本に研修や視察に来ても、「素晴らしいが、われわれにはとてもまねはできない」と、自分のものにしようとせずに帰ってしまう人もいます。言い換えれば、日本は発信すべきネタが多くあるのに、その素晴らしさをうまく説明する準備ができていない、しっかり発信できていない状況なのです。

教育分野に限りませんが、「日本には宝がある」という視点で自分たちの取り組みをうまく発信すれば、日本人にとっても自分たちを見直すことになり、それが資産となって世界にもっと貢献できると思います。そのためには、協力する相手の側にどういうニーズがあるかを理解し、そことのつながりを全体として見渡せるようになることが大切でしょう。

社会の教育機能としてのKUMONの優れた点とは?

関連記事

2018/05/18更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

2016/01/22更新

Vol.028 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授
早稲田大学国際部長 黒田一雄先生

教育がもたらす希望は大きい 多様性のなかでの学びが 真の豊かさをもたらす

2015/11/27更新

Vol.026 立命館アジア太平洋大学学長 是永駿先生

「一人ひとりが尊い命」 異なる他者を思いやれる人こそ 真のグロ―バル人材

学習者・OBOG  2018/05/15更新

Vol.256 英語で視野を広げよう

地球社会の一員として、 未来への一歩を踏み出そう ~第10回 Ambassadors of Peace Network」(APN)開催~

2019/06/07更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

バックナンバー

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

2019/07/12更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

2019/06/28更新

Vol.055 東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生

「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう

2019/05/17更新

Vol.054 関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生

「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう

2019/03/08更新

Vol.053 教育実践「響の会」会長
角田明先生

愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.327
横須賀学院小学校の取り組み
教員と児童の双方に波及効果をもたらす TOEFL Primary®
Vol.326
メキシコの教室の “Big Man”
数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び
Vol.325
English Immersion Camp 2019
英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~
Vol.324
公文式の英語教材
子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!