スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/09/30更新

Vol.036

オノマトペ研究家 藤野良孝 先生  後編

五感を使った体験で
学びは「グングン」強化できる
オノマトペで人生豊かになる

藤野 良孝 (ふじの よしたか)

東京都生まれ。博士(学術)。文部科学省所管独立行政法人メディア教育開発センター研究開発部助教、早稲田大学国際情報通信研究センター招聘研究員、スポーツ言語学会理事などを経て、現在は朝日大学経営学部ビジネス企画学科准教授。専門は、オノマトペ、音声言語学、コーチング学、スポーツ心理学。『運動能力がアップする「声の魔法」1~3巻』(くもん出版)、『子どもがグングン伸びる魔法の言葉』(祥伝社)など著書多数。調査・実験で発見したオノマトペの効果を、テレビ・ラジオ・新聞などのメディアで積極的に解説。

オノマトペ研究家、コメンテーター、会話評論家、そして大学教員として活躍されている藤野良孝さん。日本語では「擬声語」と言われる「オノマトペ」を使って、毎日をワクワク楽しくするという研究を続けています。藤野さんによると、オノマトペはスポーツをはじめ、勉強、子育て、人間関係などにも効く「魔法のことば」。そのため黒い帽子に黒い服という魔法使いスタイルで、メディアを通じてオノマトペの効果を積極的に発信されています。その「魔法」とはどんなものなのかうかがいました。

オノマトペを使って子どもを思いっきりほめよう

オノマトペ研究家 藤野良孝先生

ぼく自身、ほめられて伸びたタイプなので、親御さんにはほめる力をもっと養ってもらいたいと思います。「やめなさい」「何度言ったらわかるの」と言いたくなる時は、「プーッ」と言ってほっぺたを膨らましたり、「ブッブーッ」と言って両手の人差し指で小さくバッテンにしてみてください。炸裂音は明るい印象を与えるので、親御さん自身の怒りも抑えられ、コミュニケーションが円滑になりますよ。

ほめる時は「すごいね!」ではなく、「ほーっすごいね!」と、「ほーっ」をつけると、その深い息の勢いで思いっきりほめられます。「やった!」も「わーっ、やった!」と、一語添えるだけで伝わり方が全然違います。身振りなどの動きもつけるとなおいいですね。

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンの研究にもありますが、コミュニケーションはことばだけでなく、顔の表情、声の抑揚、身振り手振りを総合したものなので、その技術を使って思いっきりほめれば、子どもはほめられたことを強く認識します。「またがんばろう」となり、自己肯定感が高まって何でもチャレンジするようになります。チャレンジして失敗すると気づきが得られ、それが多いほど人として成長していきます。そうして夢にチャレンジしてもらいたいですね。

ぼく自身の夢は、さまざまなジャンルのオノマトペをプロジェクションマッピングの技術と融合させ、世界中でオノマトペの魅力を伝えること。プロジェクションマッピングを搭載したトラックで全国の保育園や幼稚園を駆け回り、オノマトペの声と連動して壁やモノに投影した立体物が動く――具体的に言えば、ぼくが「ブンブン」と言うと建物からハチが飛んで来る、「ガォー」と言うとライオンが飛び出してくる、というイメージです。

今子どもたちに、オノマトペ絵本を使って読み聞かせなどの活動をしていますが、立体物の投影と融合させてより臨場感を出せば、もっともっと子どもたちの目がキラキラするんじゃないかなあ。想像しただけでワクワクします。それで「オノマトペって楽しいな」「楽しいことをしている人ってこんなにイキイキしているんだ」なんて思ってくれて、夢をもちキラキラな人生を送るきっかけになればうれしいですね。

関連リンク
私のオノマトペスタイル 藤野良孝


 

オノマトペ研究家 藤野良孝先生  

前編のインタビューから

-自然が遊び場だった子ども時代
-デザイナーにあこがれ進路に悩んだ高校時代
-オノマトペにはまるきっかけとなった長嶋監督のことば

 
関連記事

2016/09/23更新

Vol.036 オノマトペ研究家 藤野良孝 先生

五感を使った体験で 学びは「グングン」強化できる オノマトペで人生豊かになる

2014/04/18更新

Vol.008 教育心理学者 秋田喜代美先生

学びの楽しさは 新しい世界が開けること 夢中になれると人は伸びる

2014/04/25更新

Vol.008 教育心理学者 秋田喜代美先生

学びの楽しさは新しい世界が開けること夢中になれると人は伸びる

2014/03/20更新

Vol.007 発達心理学者 田島信元先生

もって生まれた学習能力は衰えることはない人は生涯にわたって発達し続ける

2014/03/28更新

Vol.007 発達心理学者 田島信元先生

もって生まれた学習能力は衰えることはない人は生涯にわたって発達し続ける

バックナンバー

2022/11/18更新

Vol.072 名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生

さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.463
『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年
皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.091 後編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.091 前編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!