スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/09/23更新

Vol.036 オノマトペ研究家 藤野良孝 先生  前編

五感を使った体験で
学びは「グングン」強化できる
オノマトペで人生豊かになる

藤野 良孝 (ふじの よしたか)
東京都生まれ。博士(学術)。文部科学省所管独立行政法人メディア教育開発センター研究開発部助教、早稲田大学国際情報通信研究センター招聘研究員、スポーツ言語学会理事などを経て、現在は朝日大学経営学部ビジネス企画学科准教授。専門は、オノマトペ、音声言語学、コーチング学、スポーツ心理学。『運動能力がアップする「声の魔法」1~3巻』(くもん出版)、『子どもがグングン伸びる魔法の言葉』(祥伝社)など著書多数。調査・実験で発見したオノマトペの効果を、テレビ・ラジオ・新聞などのメディアで積極的に解説。

オノマトペ研究家、コメンテーター、会話評論家、そして大学教員として活躍されている藤野良孝さん。日本語では「擬声語」と言われる「オノマトペ」を使って、毎日をワクワク楽しくするという研究を続けています。藤野さんによると、オノマトペはスポーツをはじめ、勉強、子育て、人間関係などにも効く「魔法のことば」。そのため黒い帽子に黒い服という魔法使いスタイルで、メディアを通じてオノマトペの効果を積極的に発信されています。その「魔法」とはどんなものなのかうかがいました。

自然が遊び場、いつも「なぜ」と疑問を持っていた

ぼくが研究しているオノマトペとは、フランス語で「擬声語」、つまり「擬音語」と「擬態語」の総称です。「擬音語」はものが発する声や音で、たとえば「ニャーと鳴く」「雷がゴロゴロ鳴る」、擬態語は状態や心情を表すもので、「星がキラキラ光る」「ワクワクする」などです。一言でものごとの本質を言い当てたり、秘めた力を引き出すなど、魔法のような力をもっています。

これらを日常生活に取り入れることで、人生をより楽しくしていけるのではないかと、言語学、音声言語情報処理、ヒトの情報処理特性の視点から分析・測定して研究しています。理論だけでなく、たとえばストレッチをするとき、無言よりも「ニャー」と言いながらのほうが伸びるなど、実験をくり返してその効果を検証しています。

ぼくは、小さいころから声を出しながら走るなど、少し変わった子ではありました。声を出して走ると早く走れるんじゃないか、と潜在的に思っていたのかもしれません。喜怒哀楽も激しく、よく笑いよく泣く子でした。今でもうれしいことがあると人より強くそのうれしさを感じるので、「共感力が高い」と言われます。

子どものぼくに対して両親は「あの池でカエルが泣いているね」「あの木にカブトムシがいるみたいね」と、ぼくの興味を引き、行動を促す言葉かけをよくしてくれました。そう言われるとそこへ行きたくてたまらなくなり、1日中飽きずにカエルや昆虫を観察していました。すると、「このカエルはなんというカエルかな?」「トンボはなぜ飛べるのかな?」と、いろんな疑問が生まれてきます。そしてその疑問を自分で図書館で調べるようになりました。

仲間とザリガニ釣りをしたり、姉と一緒に花を観察したり、当時をオノマトペで表現すれば、ルンルン、ワクワク、ドキドキ、ハラハラな毎日。やはり自然と戯れると、思わず「ワーッ!」と感動の声が出ます。声が出れば出るほど、気づきがあり、得る物が大きくなるのだと思います。

家にじっとしていられず毎日野山を駆け回っていたぼくですが、家の中で唯一集中できたのがマンガです。読むのも描くのも大好きでした。マンガには「ドン」とか「バーン」など、オノマトペが多用されています。分厚いマンガをあっという間に読めたのは、オノマトペがあってリズムよくページをめくれて、臨場感たっぷりで面白かったからだと思います。

藤野先生が高校時代に影響を受けた意外なものとは?

関連記事

2016/09/30更新

Vol.036 オノマトペ研究家 藤野良孝 先生

五感を使った体験で 学びは「グングン」強化できる オノマトペで人生豊かになる

2014/04/18更新

Vol.008 教育心理学者 秋田喜代美先生

学びの楽しさは 新しい世界が開けること 夢中になれると人は伸びる

2014/04/25更新

Vol.008 教育心理学者 秋田喜代美先生

学びの楽しさは新しい世界が開けること夢中になれると人は伸びる

2014/03/20更新

Vol.007 発達心理学者 田島信元先生

もって生まれた学習能力は衰えることはない人は生涯にわたって発達し続ける

2014/03/28更新

Vol.007 発達心理学者 田島信元先生

もって生まれた学習能力は衰えることはない人は生涯にわたって発達し続ける

バックナンバー

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.370
浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」
大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~
Vol.369
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)
子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生
Vol.368
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>
Vol.367
あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編
絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!