KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

調査・研究・アンケート  2015/08/04更新

Vol.098 0~3歳児の母親の意識調査  

0~3歳の子がいる母親に聞きました
子どもとの時間、増やしたいのは
「読み聞かせ」の時間
「0〜3歳児と母親に関する意識と実態調査」結果

KUMONでは、0~3歳の子ども(第一子)がいる母親1,000人を対象に、「0~3歳児と母親に関する意識と実態調査」を実施。 子育てに関する関心事や子どもとの時間の過ごし方などについて、母親の意識や現状を探りました。

母親の子育てにおける一番の関心事は「ほめ方・しかり方」

【調査概要】

調査方法:インターネット調査
調査対象:0~3歳児の子ども(第一子)がいる母親1000人
調査期間:2015年3月21日(土)~22日(日)

0~3歳の子どもがいる母親に「子育てにおいて興味・関心があること」について聞いたところ、「ほめ方・しかり方」がトップとなりました。一方、子どもの年齢で差が見られた項目も多く、「離乳食」「授乳」は0歳児ママの関心度が高く、1歳児ママが「歯みがき」、2歳児ママが「反抗期・イヤイヤ」「トイレトレーニング」についてそれぞれ関心が高いなど、子どもの成長に伴う母親の関心事の変化もみられました。

母親の興味・関心事 TOP10

拡大する

 

子どもが遊びで利用しているツールは「絵本」がダントツ!

子どもが利用しているツールについて選んでもらったところ、「絵本」がトップとなりました。0歳、1歳、2歳、3歳いずれの年齢においても利用率トップで、年齢を問わず身近に親しめるツールが「絵本」であるといえそうです。

子どもが利用しているツール TOP10

拡大する

 

子どもとの過ごし方、「現状」と「増やしたい時間」は?

実際の子どもの遊び時間の内容と時間について聞いたところ、以下のような結果となりました。

 

平日の子どもの遊び時間

内容 時間
ひとり遊び 58.6分
室内遊び 49.2分
外遊び 48.9分
DVD視聴 47.8分
読み聞かせ 22.1分

次に、この現状に対して「今後どのようにしていきたいか」を聞きました。すると、増やしたいのは「読み聞かせ」の時間がトップとなりました。実に7割以上の方が、読み聞かせの時間を増やしたいと考えていました。逆に、減らしたい時間として一番にあがったのは「DVD視聴」の時間でした。

子どもが過ごしている時間について、どのようにお考えですか?

「増やしたい」+「少し増やしたい」の計

拡大する

「減らしたい」+「少し減らしたい」の計

拡大する

 

子どもとの過ごし方、母親の自己採点は平均「50.2点」この点数をあげるには?

「現在の子どもとの時間の過ごし方について、自己採点すると何点くらいですか?」と尋ねたところ、0歳児ママが54.3点、1歳児ママが51.2点、2歳児ママが48.6点、3歳児ママが46.6点となりました。子どもの年齢が上がるにつれて、子どもとの過ごし方について悩むようになっている様子がうかがえます。

これに対し、「自己採点の点数を上げるためにしたいと思うこと」について聞くと、
①子どもと一緒に遊ぶ時間を増やす(58.8%)
②室内だけでなく、自然と触れ合ったり、屋外での時間をつくる(53.1%)
③子どもの興味が広がるような体験をつくる(51.4%)
④子どもに読み聞かせをする時間を増やす(45.8%)
となっており、いずれも子どもとの関わりの機会を持つことが重視されていることがわかりました。

 

9割近くの母親が「読み聞かせ」を重要視

7割以上の母親が「今後増やしたい」と答えた「読み聞かせ」について、その重要度を聞いたところ、「とても重要である」(48.8%)、「重要である」(40.3%)を合わせ、9割近くの母親が読み聞かせを重要だと考えていました。また、「読み聞かせの目的」を尋ねたところ、トップは「子どもとコミュニケーションをしたい」(63.7%)という回答でした。さらに、「読み聞かせの母親にとってのよさ」については、「子どもの反応がみられて嬉しい」(56.9%)、「子どもの成長が感じられる」(54.5%)、「子どもの好奇心を満たしてあげられる」(47.4%)となっており、いずれも子どもとのコミュニケーションを重視した回答が上位を占めました。これらの結果から、「読み聞かせ」を通してもっと子どもと「コミュニケーションをとりたい」と思っている母親が多いといえそうです。

 

 

関連記事

調査・研究・アンケート  2016/01/25更新

Vol.132 日本子育て学会でBaby Kumonの効果を発表

母子間のコミュニケーションツール としてのBaby Kumon

子育て・家庭学習  2014/10/06更新

Vol.056 小児医療と絵本

KUMONの読み聞かせに関する 科学的な研究成果が 専門誌『小児歯科臨床』で 紹介されました外部研究者(脳科学者・心理学者)とKUMONとの共同研究、「歌と読み聞かせ」を科学する

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/02/19更新

Vol.295 茅ケ崎市 脳の健康教室

95歳でいきいき暮らす秘訣とは?

KUMONグループの活動  2019/01/29更新

Vol.294 公文式の施設導入――
ひまわり学園真美ケ丘自立訓練校

学習によって生まれた 訓練生の「自信」と職員の「モチベーション」 お互いの「信頼関係」

KUMONグループの活動  2019/01/22更新

Vol.293 持続可能な教育支援と国際貢献

バングラデシュでの取り組みが 首相官邸国際広報映像として 世界各地のCNNで放送!

KUMONグループの活動  2019/01/15更新

Vol.292 公文書写―公文書写教室編

あらゆる世代の方々が それぞれの目標に向かって

KUMONグループの活動  2019/01/11更新

Vol.291 仲間たちとともに60周年
~Honda TV出演~

60周年コラボレーション HondaTV × 公文式

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.060 後編
環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん
遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく
Vol.060 前編
環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん
遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく
Vol.059
ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん
何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる
Vol.058
コピーライター
佐々木圭一さん
「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.052 後編
國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生
江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう
Vol.052 前編
國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生
江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう
Vol.051
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
Vol.050
大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生
「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。