KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

調査・研究・アンケート  2015/08/04更新

Vol.098

0~3歳児の母親の意識調査  

0~3歳の子がいる母親に聞きました
子どもとの時間、増やしたいのは
「読み聞かせ」の時間
「0〜3歳児と母親に関する意識と実態調査」結果

KUMONでは、0~3歳の子ども(第一子)がいる母親1,000人を対象に、「0~3歳児と母親に関する意識と実態調査」を実施。 子育てに関する関心事や子どもとの時間の過ごし方などについて、母親の意識や現状を探りました。

母親の子育てにおける一番の関心事は「ほめ方・しかり方」

【調査概要】

調査方法:インターネット調査
調査対象:0~3歳児の子ども(第一子)がいる母親1000人
調査期間:2015年3月21日(土)~22日(日)

0~3歳の子どもがいる母親に「子育てにおいて興味・関心があること」について聞いたところ、「ほめ方・しかり方」がトップとなりました。一方、子どもの年齢で差が見られた項目も多く、「離乳食」「授乳」は0歳児ママの関心度が高く、1歳児ママが「歯みがき」、2歳児ママが「反抗期・イヤイヤ」「トイレトレーニング」についてそれぞれ関心が高いなど、子どもの成長に伴う母親の関心事の変化もみられました。

母親の興味・関心事 TOP10

拡大する

 

子どもが遊びで利用しているツールは「絵本」がダントツ!

子どもが利用しているツールについて選んでもらったところ、「絵本」がトップとなりました。0歳、1歳、2歳、3歳いずれの年齢においても利用率トップで、年齢を問わず身近に親しめるツールが「絵本」であるといえそうです。

子どもが利用しているツール TOP10

拡大する

 

子どもとの過ごし方、「現状」と「増やしたい時間」は?

実際の子どもの遊び時間の内容と時間について聞いたところ、以下のような結果となりました。

 

平日の子どもの遊び時間

内容 時間
ひとり遊び 58.6分
室内遊び 49.2分
外遊び 48.9分
DVD視聴 47.8分
読み聞かせ 22.1分

次に、この現状に対して「今後どのようにしていきたいか」を聞きました。すると、増やしたいのは「読み聞かせ」の時間がトップとなりました。実に7割以上の方が、読み聞かせの時間を増やしたいと考えていました。逆に、減らしたい時間として一番にあがったのは「DVD視聴」の時間でした。

子どもが過ごしている時間について、どのようにお考えですか?

「増やしたい」+「少し増やしたい」の計

拡大する

「減らしたい」+「少し減らしたい」の計

拡大する

 

子どもとの過ごし方、母親の自己採点は平均「50.2点」この点数をあげるには?

「現在の子どもとの時間の過ごし方について、自己採点すると何点くらいですか?」と尋ねたところ、0歳児ママが54.3点、1歳児ママが51.2点、2歳児ママが48.6点、3歳児ママが46.6点となりました。子どもの年齢が上がるにつれて、子どもとの過ごし方について悩むようになっている様子がうかがえます。

これに対し、「自己採点の点数を上げるためにしたいと思うこと」について聞くと、
①子どもと一緒に遊ぶ時間を増やす(58.8%)
②室内だけでなく、自然と触れ合ったり、屋外での時間をつくる(53.1%)
③子どもの興味が広がるような体験をつくる(51.4%)
④子どもに読み聞かせをする時間を増やす(45.8%)
となっており、いずれも子どもとの関わりの機会を持つことが重視されていることがわかりました。

 

9割近くの母親が「読み聞かせ」を重要視

7割以上の母親が「今後増やしたい」と答えた「読み聞かせ」について、その重要度を聞いたところ、「とても重要である」(48.8%)、「重要である」(40.3%)を合わせ、9割近くの母親が読み聞かせを重要だと考えていました。また、「読み聞かせの目的」を尋ねたところ、トップは「子どもとコミュニケーションをしたい」(63.7%)という回答でした。さらに、「読み聞かせの母親にとってのよさ」については、「子どもの反応がみられて嬉しい」(56.9%)、「子どもの成長が感じられる」(54.5%)、「子どもの好奇心を満たしてあげられる」(47.4%)となっており、いずれも子どもとのコミュニケーションを重視した回答が上位を占めました。これらの結果から、「読み聞かせ」を通してもっと子どもと「コミュニケーションをとりたい」と思っている母親が多いといえそうです。

 

 

関連記事

調査・研究・アンケート  2016/01/25更新

Vol.132 日本子育て学会でBaby Kumonの効果を発表

母子間のコミュニケーションツール としてのBaby Kumon

子育て・家庭学習  2014/10/06更新

Vol.056 小児医療と絵本

KUMONの読み聞かせに関する 科学的な研究成果が 専門誌『小児歯科臨床』で 紹介されました外部研究者(脳科学者・心理学者)とKUMONとの共同研究、「歌と読み聞かせ」を科学する

KUMONグループの活動  2022/05/17更新

Vol.444 19万組の親子が実践!子育てママ・パパの声から誕生したミーテ

ミーテ運用担当のKUMON社員にインタビュー 〜うた・読み聞かせで子育てが楽しくなるヒミツ!〜

子育て・家庭学習  2014/12/02更新

Vol.065 ミーテ「うた・読み聞かせ」ライフ応援サイトをリリース

KUMONの 子育て応援ウェブサイト mi:te[ミーテ] マタニティママや子育てママ・パパの「うた・読み聞かせ」ライフを応援します!

調査・研究・アンケート  2015/07/21更新

Vol.096 グローバル人材に関する母親の意識調査

語学力は必要、加えてもっと大切なこともある「グローバル人材とわが子に関する母親の意識調査」結果

バックナンバー

KUMONグループの活動  2023/01/31更新

Vol.469 地域医療従事者を目指す公文国際学園卒業生

KUMONで学んだことは 長時間机に向かえる力と 自分で計画を立てて取り組む力

KUMONグループの活動  2023/01/24更新

Vol.468 公文書写―「書く」と「描く」

「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~

KUMONグループの活動  2023/01/17更新

Vol.467 Baby Kumon 10年の歩み

~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~

KUMONグループの活動  2023/01/10更新

Vol.466 KUMONの各事業トピックス2022

公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~

KUMONグループの活動  2022/12/27更新

Vol.465 初夢を運ぶ 子ども宝船
 ~くもん子ども浮世絵コレクションより~

縁起をかついで 幸せを願う よい初夢は 宝船が運んでくる

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.092 後編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.092 前編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.091
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.073 前編
特別対談 棋士 藤井 聡太さん
終わりのない将棋の極みへ 可能性のある限り 一歩ずつ上を目指していきたい
Vol.072
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!