KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

調査・研究・アンケート  2015/08/04更新

Vol.098 0~3歳児の母親の意識調査  

0~3歳の子がいる母親に聞きました
子どもとの時間、増やしたいのは
「読み聞かせ」の時間
「0〜3歳児と母親に関する意識と実態調査」結果

KUMONでは、0~3歳の子ども(第一子)がいる母親1,000人を対象に、「0~3歳児と母親に関する意識と実態調査」を実施。 子育てに関する関心事や子どもとの時間の過ごし方などについて、母親の意識や現状を探りました。

母親の子育てにおける一番の関心事は「ほめ方・しかり方」

【調査概要】

調査方法:インターネット調査
調査対象:0~3歳児の子ども(第一子)がいる母親1000人
調査期間:2015年3月21日(土)~22日(日)

0~3歳の子どもがいる母親に「子育てにおいて興味・関心があること」について聞いたところ、「ほめ方・しかり方」がトップとなりました。一方、子どもの年齢で差が見られた項目も多く、「離乳食」「授乳」は0歳児ママの関心度が高く、1歳児ママが「歯みがき」、2歳児ママが「反抗期・イヤイヤ」「トイレトレーニング」についてそれぞれ関心が高いなど、子どもの成長に伴う母親の関心事の変化もみられました。

母親の興味・関心事 TOP10

拡大する

 

子どもが遊びで利用しているツールは「絵本」がダントツ!

子どもが利用しているツールについて選んでもらったところ、「絵本」がトップとなりました。0歳、1歳、2歳、3歳いずれの年齢においても利用率トップで、年齢を問わず身近に親しめるツールが「絵本」であるといえそうです。

子どもが利用しているツール TOP10

拡大する

 

子どもとの過ごし方、「現状」と「増やしたい時間」は?

実際の子どもの遊び時間の内容と時間について聞いたところ、以下のような結果となりました。

 

平日の子どもの遊び時間

内容 時間
ひとり遊び 58.6分
室内遊び 49.2分
外遊び 48.9分
DVD視聴 47.8分
読み聞かせ 22.1分

次に、この現状に対して「今後どのようにしていきたいか」を聞きました。すると、増やしたいのは「読み聞かせ」の時間がトップとなりました。実に7割以上の方が、読み聞かせの時間を増やしたいと考えていました。逆に、減らしたい時間として一番にあがったのは「DVD視聴」の時間でした。

子どもが過ごしている時間について、どのようにお考えですか?

「増やしたい」+「少し増やしたい」の計

拡大する

「減らしたい」+「少し減らしたい」の計

拡大する

 

子どもとの過ごし方、母親の自己採点は平均「50.2点」この点数をあげるには?

「現在の子どもとの時間の過ごし方について、自己採点すると何点くらいですか?」と尋ねたところ、0歳児ママが54.3点、1歳児ママが51.2点、2歳児ママが48.6点、3歳児ママが46.6点となりました。子どもの年齢が上がるにつれて、子どもとの過ごし方について悩むようになっている様子がうかがえます。

これに対し、「自己採点の点数を上げるためにしたいと思うこと」について聞くと、
①子どもと一緒に遊ぶ時間を増やす(58.8%)
②室内だけでなく、自然と触れ合ったり、屋外での時間をつくる(53.1%)
③子どもの興味が広がるような体験をつくる(51.4%)
④子どもに読み聞かせをする時間を増やす(45.8%)
となっており、いずれも子どもとの関わりの機会を持つことが重視されていることがわかりました。

 

9割近くの母親が「読み聞かせ」を重要視

7割以上の母親が「今後増やしたい」と答えた「読み聞かせ」について、その重要度を聞いたところ、「とても重要である」(48.8%)、「重要である」(40.3%)を合わせ、9割近くの母親が読み聞かせを重要だと考えていました。また、「読み聞かせの目的」を尋ねたところ、トップは「子どもとコミュニケーションをしたい」(63.7%)という回答でした。さらに、「読み聞かせの母親にとってのよさ」については、「子どもの反応がみられて嬉しい」(56.9%)、「子どもの成長が感じられる」(54.5%)、「子どもの好奇心を満たしてあげられる」(47.4%)となっており、いずれも子どもとのコミュニケーションを重視した回答が上位を占めました。これらの結果から、「読み聞かせ」を通してもっと子どもと「コミュニケーションをとりたい」と思っている母親が多いといえそうです。

 

 

関連記事

調査・研究・アンケート  2016/01/25更新

Vol.132 日本子育て学会でBaby Kumonの効果を発表

母子間のコミュニケーションツール としてのBaby Kumon

子育て・家庭学習  2014/10/06更新

Vol.056 小児医療と絵本

KUMONの読み聞かせに関する 科学的な研究成果が 専門誌『小児歯科臨床』で 紹介されました外部研究者(脳科学者・心理学者)とKUMONとの共同研究、「歌と読み聞かせ」を科学する

子育て・家庭学習  2014/12/02更新

Vol.065 ミーテ-「うた・読み聞かせ」ライフ応援サイトをリリース

KUMONの 子育て応援ウェブサイト mi:te[ミーテ] マタニティママや子育てママ・パパの「うた・読み聞かせ」ライフを応援します!

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/10/21更新

Vol.327 横須賀学院小学校の取り組み

教員と児童の双方に波及効果をもたらす TOEFL Primary®

KUMONグループの活動  2019/10/01更新

Vol.326 メキシコの教室の “Big Man”

数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び

KUMONグループの活動  2019/09/24更新

Vol.325 English Immersion Camp 2019

英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~

KUMONグループの活動  2019/09/17更新

Vol.324 公文式の英語教材

子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に

子育て・家庭学習  2019/09/13更新

Vol.323 親子のきずなづくり

「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!