トップ > KUMON now! > トピックス > ゴールにたどり着くまでの プロセスから学んだことを 子どもにも伝えていきたい

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

子育て・家庭学習  2015/05/26更新

Vol.088 スポーツママ座談会  

ゴールにたどり着くまでの
プロセスから学んだことを
子どもにも伝えていきたい
スポーツママ座談会レポート

KUMON now!では、子育て中のママたちと一緒に情報をつくっていきたいと考えています。そこで今回は「小学生以下の子どもを持ち、昔または現役でスポーツに打ち込んだことのある体育会系ママたち」に集まってもらいました。地道な基礎練習や厳しいトレーニングを通して味わった苦しさ、悔しさ、喜び、達成感。その経験は、子育てにどのように活かされているのでしょうか?座談会に参加したレポーターが、そんなスポーツママたちの想いをお届けします。

ママたちがスポーツを通して得たことは? ─ 結果よりもそのプロセスから学んだ

スポーツ経験とひとことで言っても、今回集まった7人のママたちは、陸上、水泳、バドミントン、ソフトボール、バレエ、チアダンスなどその種目は様々。小・中・高校・大学の部活動やサークルはもちろん、出産後に新たに始めるなど、経験した時期も始めたきっかけもそれぞれ違いました。けれど、どんなスポーツでもその練習過程は決して楽しいことばかりではなかったようです。

「地味な基礎練習をくり返している時は、つまらなくてしかたがなかった」
「妖怪人間のように怖い鬼コーチに理不尽なことで怒られて、何度もやめようと思った」
「どんなに頑張っても思うような結果がでなくて、悔し泣きをした」

それでも続けるなかで見えてきたことは?

「つまらないこと、小さなことの積み重ねが少しずつ結果につながっていった」
「つらい時こそ、チームワーク、仲間の大切さが身にしみた」
「たとえ負けてもやりとげた達成感は大きかった。悔しさはその後へのバネになった」

結果として、勝敗よりも苦しさを乗り越えてきたプロセスが自信になり、今の自分につながっていると言います。ママたちは練習の過程を通して、テクニックを習得するだけでなく、忍耐力、柔軟な対応力、チャレンジ精神、自己肯定感など生きていく上で大切なことを学んできたようです。

自分の子どもにスポーツをやらせたい? ─ 自分が経験したからこそ、子どもにも伝えたい

楽しいだけでなくつらいことも多かったスポーツ経験。「それでも自分の子どもにやらせたい?」という問いには、全員が「強制はしないが、機会は与えてあげたい」と答えました。その理由は、自分が大人になってふり返った時、「スポーツをしていてよかった」と思えたから。

「スポーツのチームは理不尽なことなんて山のようにある社会の縮図。それに渡りあっていける精神的な強さを身につけてほしい」

「小さなつまらないことの積み重ねがいつのまにか大きな力になっていたことに、大人になってから気がついた」

自分も親にすすめられてスポーツを始めたというママは、「その時はよくわからないままやっていたけど、今では機会を与えてくれた親に感謝している」と言います。自分自身が大切なことを、スポーツを通して学んできたからこそ、子どもにも経験させたい、という想いは受け継がれていくのですね。

他にも次のような意見が聞かれました。
「子どもと一緒にスポーツをすることで、親子の絆が深まった」
「思春期、反抗期のエネルギーをスポーツにぶつけて発散させることができた」

スポーツママならではの、子育てのコツとは? ─ 大切なことは、スポーツでも勉強でも同じ

それではスポーツママたちは、子育ての中で自分の経験をどのように活かしているのでしょうか。「子どもに何かを教える時に意識していること」を聞いたところ、3つの共通点が見えてきました。

1.基本をおろそかにしない
コツコツと基本をくり返している時は「なんでこんなことやっているんだろう」とわけがわからず、時には「つまらない」「もう嫌だ」と思ってしまうことも。けれど小さな積み重ねが大きな力につながることを根気よく教えています。

2.最初はまねから、そして自分で考えてチャレンジさせる
どんなスポーツでも、技術の習得はまねをすることから。その土台があってこそ、次に自分で考え、チャレンジしていく力が生まれます。

3.認めて、ほめて、伸ばす
叱られてばかりいると劣等感しか持てません。普段厳しいコーチに認めてもらった時のうれしさは格別。子どもに対しても、叱るよりほめてモチベーションをアップさせています。

こうして考えると、スポーツでも勉強でも大切なことは同じなのですね。スポーツに限らず、何かに打ち込んだことのあるママたちは共感できることが多いのではないでしょうか。自分が経験してきたからこそわかること。自信を持って子どもたちに伝えていけるといいですね。

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/02/18更新

Vol.342 日本語学習者の現在(いま)・夢・目標
―動画レポート

日本語を学んで 日本を好きになってもらいたい そして夢をかなえてほしい

KUMONグループの活動  2020/02/04更新

Vol.341 KUMONロゴに込められた想い

キーワードは「Thinking」! THINKING FACEが笑顔ではない理由とは?

KUMONグループの活動  2020/01/28更新

Vol.340 くもんの教具「磁石すうじ盤」の魅力とは?

乳幼児の数の理解を深め、    高齢者の脳の活性化にも!

KUMONグループの活動  2020/01/21更新

Vol.339 南アフリカの公文式教室

一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を

KUMONグループの活動  2020/01/07更新

Vol.338 浮世絵から見える江戸時代の人々

『福づくし』でおめでたい1年に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.067 後編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.067 前編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.066
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.060 前編
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.059
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!