スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/06/24更新

Vol.033 立教大学グローバル教育センター長
松本茂先生  後編

違う意見に耳を傾け、
体験積み重ねることで
「学び」が獲得される

松本 茂 (まつもと しげる)
立教大学経営学部国際経営学科教授。マサチューセッツ大学ディベート・コーチ、神田外語大学助教授、東海大学教授などを経て、2006年4月より現職。2014年4月からは立教大学グローバル教育センター長を兼務。学外では、日本ディベート協会(JDA)専務理事、全国高校英語ディベート連盟 (HEnDA)副理事長、NPO法人全国教室ディベート連盟(NADE)理事、文部科学省の各種委員会の委員などを務めている。専門はコミュニケーション 教育学。おもな著書は『大学生のための「読む・書く・プレゼン・ディベート」の方法』、『英語ディベート 理論と実践』(ともに玉川大学出版部)、『速読速聴・英単語』シリーズ(Z会)など。

NHK Eテレの「おとなの基礎英語」をはじめ、テレビやラジオの英語番組でおなじみの松本茂先生。コミュニケーション教育の専門家として、日本語および英語でのディベート教育の普及活動に注力され、大学のゼミや授業はもちろん、中学・高校に赴いて、英語教育の改善や施策立案にも精力的に携わられています。英語教育の第一人者である松本先生ですが、高校時代まではじつは英語が苦手だったとか。英語を勉強するようになったきっかけやディベートの魅力などについてうかがいました。

意見を言いやすい「ディベート」という指導法

大学では経営学部に入ったのですが、とくに経営学を学びたかったわけではありません。「英語でディベートができる」ことだけを考えて、社会科学系の学部をいくつか受けた結果でした。入学式の翌日にはESSに入り、英語漬けの大学生活が始まりました。母は近所の方から「お宅のお風呂から英語が聞こえる」、「茂くんとすれ違ったら英語でブツブツつぶやいていた」などと言われたそうです。ただ、私は「英語が好き」なのではなく、「英語でディベートがしたい」ために英語を勉強していました。

入部したESSは部員250人の大所帯でしたが、その中でディベートをやろうという人はごく少数。社会人の先輩が来て講評してくれることはありましたが、基本的には上級生が下級生を教えるスタイル。私は仲間をつくって「日本一になるんだ!」と計画を立てて勉強し、実際に日本一になりました。それが私の唯一の成功体験です。

そもそもディベートとは、「1つの論題について、2チームの話し手が肯定する立場と否定する立場に分かれて、それぞれの議論の優位性を聞き手に理解してもらうことを意図した上で、証拠資料に基づいて議論を進めるコミュニケーション形態」です。中高生・大学生を対象とした大会では、審判による投票によって勝ち負けが判定されます。スポーツの試合に似ています。

ディベートの目的は「相手を言い負かすこと」と誤解されがちですが、じつはすぐれたコミュニケーション教育の手法だと言えると思います。ディベートでは、客観的な資料をもとに論理的に考え、冷静に自分の意見を述べることが必要とされるからです。ディベートを通じて、相手の立場に立って考えることができるようになったり、自分が当たり前だと思っていることに対して「そうじゃないかもしれない」と疑問をもつ習慣がついたりします。つまり、「みんなが言っているから正しいわけではない」ということを理解することができるのです。

教師はよく、中高生に「自分の意見を言いなさい」と言いますが、思春期の子どもたちは周囲の目が気になり、自分の意見を言いにくいものです。「あなたはどう思う?」と聞かれて、個人としての意見をまとめて発言するのは気が重いでしょうが、「イエス」か「ノー」かどちらかの立場が割り当てられて、あくまでもその立場から議論をすればよいとなれば、気持ち的に楽なはずです。

コミュニケーション教育に進むことになったきっかけとは?

関連記事

2016/06/17更新

Vol.033 立教大学グローバル教育センター長
松本茂先生

違う意見に耳を傾け、 体験を積み重ねることで 「学び」が獲得される

バックナンバー

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

2019/11/01更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.357
浮世絵に描かれた遊び
「ままごと」遊びがうつし出すもの ~子どもの遊びから見える人々の暮らし~
Vol.356
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点②            <自学自習>
Vol.355
フコクしんらい生命との協働
認知症の方とご家族が安心して暮らせる 社会づくりを目指して ~認知症予防セミナー~
Vol.354
浮世絵から見える江戸時代の人々
“百物がたりのまなび”とは? ~人々の暮らしと「お化け」の関係~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.069 後編
米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん
「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える
Vol.069 前編
米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん
「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える
Vol.068
バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん
「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる
Vol.067
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!