スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/06/24更新

Vol.033

立教大学グローバル教育センター長
松本茂先生  後編

違う意見に耳を傾け、
体験積み重ねることで
「学び」が獲得される

松本 茂 (まつもと しげる)

立教大学経営学部国際経営学科教授。マサチューセッツ大学ディベート・コーチ、神田外語大学助教授、東海大学教授などを経て、2006年4月より現職。2014年4月からは立教大学グローバル教育センター長を兼務。学外では、日本ディベート協会(JDA)専務理事、全国高校英語ディベート連盟 (HEnDA)副理事長、NPO法人全国教室ディベート連盟(NADE)理事、文部科学省の各種委員会の委員などを務めている。専門はコミュニケーション 教育学。おもな著書は『大学生のための「読む・書く・プレゼン・ディベート」の方法』、『英語ディベート 理論と実践』(ともに玉川大学出版部)、『速読速聴・英単語』シリーズ(Z会)など。

NHK Eテレの「おとなの基礎英語」をはじめ、テレビやラジオの英語番組でおなじみの松本茂先生。コミュニケーション教育の専門家として、日本語および英語でのディベート教育の普及活動に注力され、大学のゼミや授業はもちろん、中学・高校に赴いて、英語教育の改善や施策立案にも精力的に携わられています。英語教育の第一人者である松本先生ですが、高校時代まではじつは英語が苦手だったとか。英語を勉強するようになったきっかけやディベートの魅力などについてうかがいました。

「なりたい」のではなく「なる」と言い切れば、
今自分が何をすべきかが見えてくる

立教大学グローバル教育センター長 松本茂先生

小中高の授業における話し合いやディスカッションの活動を見ていると、一見きれいに意見をまとめて述べているように見えても、予定調和といいますか、彼ら自身の言葉でしゃべっていないように感じることがあります。日本の子どもたちは、もっと自信をもって考えを述べることができるといいなと思いますね。

ディベートはそれを克服できるきっかけになるはずです。通常の授業での先生の指導の仕方も工夫できると思います。現在行われている授業の多くは、「正解のある問い」を投げかけ、それに対する生徒の答えを「正しい・正しくない」と指導するスタイル。正解がない発問をして、生徒をペアやグループにして話し合う形式にしたら効果があると思います。大切なのは、結論ではなく、思考プロセスなのですから。

今の中高生たちが40歳、50歳になったときの日本を考えると、論理的に考えられる力、多様性を受け入れられる力がこれまで以上に重要になるのは間違いなく、それらを今から養っておくべきです。そのためには画一的な教育では限界があります。なるべく多くの違う意見を聞き、なるべく多くの異なる体験ができるような授業を行うことが、未来につながると思います。大学入試の結果も大事ですが、それだけではなく、何十年か先を見据えたとき、今の授業のスタイルでいいのかを先生だけでなく、親御さんにも考えていただきたいですね。もちろん先生にはアンテナを立てて、時代の風を感じていてほしいですね。子どもの将来のために、大人が発想を変えるべきでしょう。
 
そのように「発想の転換ができる瞬間」こそが、「学んだ」ということだと私は思います。「常識と思っていたことは違うかも」と、疑問に思う習慣がつくディベートは、学びそのものと言えるかもしれません。さまざまな体験も学びにつながります。特定の活動を一生懸命やるのもいいことですが、授業と部活だけになってしまうと、ほかの体験が少なくて、人間関係が狭くなりがちです。子どもにたくさんの体験をさせてあげてください、と親御さんには伝えたいです。

私は子どもたちに将来の話をするとき、「“なりたい”と“なる”は別だ」と伝えています。「なる」と言い切れば、今自分が何をすべきかが明確になります。私の現在は、多くの人に導かれた結果ですが、高校3年のときに、「大学生になってESSに入り、英語のディベートで日本一になる」と決めたことが原点にあります。「なる」と決めた時に、今の自分と理想の状態のギャップが認識でき、何から始めなくてはいけないかがわかったから動き出すことができたのです。子どもたちには、小さなことからでかまわないので、「なる」ことを決めて、今やるべきことを見つけてほしいと思います。

前編をよむ

関連リンク
立教大学 グローバル教育センター
立教大学 経営学部


 

立教大学グローバル教育センター長 松本茂先生  

前編のインタビューから

-松本先生の現在のご活動とは?
-実は英語が苦手だった中高時代
-松本先生が英語に興味を持ったきっかけとは?

 
関連記事

2016/06/17更新

Vol.033 立教大学グローバル教育センター長
松本茂先生

違う意見に耳を傾け、 体験を積み重ねることで 「学び」が獲得される

2013/11/29更新

Vol.003 経営学者 野中郁次郎先生

体験の質量が新たな「知」を生み出すリスクを恐れず実践しよう

2015/07/24更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2016/01/29更新

Vol.028 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授
早稲田大学国際部長 黒田一雄先生

教育がもたらす希望は大きい 多様性のなかでの学びが 真の豊かさをもたらす

2016/08/19更新

Vol.034 経営学者 藤川 佳則先生

いまのあたりまえが 未来のあたりまえとは限らない 「地球儀を眺める」ような視点をもとう

バックナンバー

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.457
つくってみよう!遊べる浮世絵
くもん子ども浮世絵コレクションの 「おもちゃ絵」を 実際につくって、遊んで、楽しみましょう!
Vol.456
ドバイにFC第1号公文式教室開設
子どもたち一人ひとりを知り、 可能性を最大限引き出したい
Vol.455
TOEFL®を活用したEdTechツールの共同実証が学校現場でスタート!
英語力チェックアプリと自習アプリで アセスメント+学習の個別最適化を実現
Vol.454
輝く!大人からのKUMON―フランス語・公文書写・脳の健康教室
何歳からでも何歳まででも 生き生きと学び続ける
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.090 後編
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.090 前編
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
Vol.088
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!