スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/08/28更新

Vol.023

指揮者 浮ヶ谷孝夫さん  後編

「なりたいこと」「欲しいもの」
ために 叶うまで努力をする
「できる」喜びが未来を拓く

浮ヶ谷孝夫 (うきがや たかお)

1953年埼玉県川口市生まれ。1978年に渡独してベルリン芸術大学指揮科のヘルベルト・アーレンドルフ教授に師事。1986年にはポメラニアン・フィル(ポーランド)のドイツ演奏旅行の指揮者に抜擢され、欧州でデビューを果たす。その後は欧州のさまざまな交響楽団の客演を経て、2003年にはブランデンブルク国立管弦楽団フランクフルトの首席客演指揮者に就任。現在はドイツ在住。夫人はフルート奏者の浮ヶ谷順子さん。

ドイツのブランデンブルク国立管弦楽団の首席客演指揮者であり、現在は日本の交響楽団にも招聘され、多くのファンを持つ指揮者、浮ヶ谷孝夫さん。鋳物職人の一家に生まれ、音楽とは縁遠い環境ながら、「指揮者になりたい」という夢を一途に追い、それを叶えられました。コネもなく経済的にも厳しい逆境から、どのように夢を実現したのか。音楽、そして無限の可能性を持つ子どもたちへの熱い思いをうかがいました。

地道な「努力」と「我慢」の先にある「できる」という実感と喜びを持ってほしい

指揮者 浮ヶ谷孝夫さん

日本とドイツの子どもたちを見ていて僕が感じるのは、子どもたちの「やる気」の大きさの違いです。日本では親が「高校まで出なさい」「大学までは面倒を見よう」とだいたいのレールを敷いてくれますが、ドイツでは親が口を出すことはなく、小学校を出るときに学問の方に進むか、職人の道に進むかなど、子どもたちが自分で方向性を決めています。だから目的意識がとても高い。親御さんたちはぜひ、子どもたちに自分で将来の目標を設定させてみてはいかがでしょうか。そうすればおのずからエネルギーが湧いてきます。

目標が定まったら「努力」や「あきらめないこと」が必要だというのは先ほどお話ししましたが、もうひとつ、「我慢」も大事だと思います。自分には少し難しいと感じられるところを背伸びして、我慢してやり続ける。しばらくすると、背伸びの幅が小さくなって、難しいと感じなくなる。そうしたらまた少し背伸びをして…これをくり返していけば、人間は無限に成長できると思います。私はよく若い人たちに「能力はいくらあっても荷物にならないよ」と言っています。モノは貯まれば邪魔になるけれど、人間が身につける能力は決して邪魔にならないんです。

「できる」って、とてもうれしいこと。多くの人にこの感覚を持ってもらいたいですね。とくに子どもは可能性の塊です。まずは「なりたいこと」「欲しいもの」を持つこと。そして我慢してこつこつと努力を積み重ねること。その先にあるものを、ぜひ掴んでほしいと思います。

浮ヶ谷さんのいまの夢とは?

関連記事

2015/08/23更新

Vol.023 指揮者 浮ヶ谷孝夫さん

「なりたいこと」「欲しいもの」の ために 叶うまで努力をする 「できる」喜びが未来を拓く

調査・研究・アンケート  2015/05/19更新

Vol.087 大学生意識調査-音楽編

「楽器が上達する秘訣」は? 楽器の演奏を楽しんでいる大学生791人に聞きました

2015/06/26更新

Vol.022 国際基督教大学教育研究所顧問
千葉杲弘先生

チャンスは夢があるところに舞い降りてくる異文化に接することで「自分」を理解して夢の実現のために学び続けよう

2015/06/19更新

Vol.022 国際基督教大学教育研究所顧問
千葉杲弘先生

チャンスは夢があるところに舞い降りてくる異文化に接することで「自分」を理解して夢の実現のために学び続けよう

2015/04/24更新

Vol.020 応用言語学者 吉田研作先生

わたしたちは “多文化・多言語の世界”に生きている そのなかで自分を発揮できる学びをめざそう

バックナンバー

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.444
19万組の親子が実践!子育てママ・パパの声から誕生したミーテ
ミーテ運用担当のKUMON社員にインタビュー 〜うた・読み聞かせで子育てが楽しくなるヒミツ!〜
Vol.443
学習療法~認知症予防についてのアンケート~「スマート・エイジング」のすすめ
加齢による「物忘れ」と「認知症」は違う? 始めてみませんか、認知症予防
Vol.442
慶應義塾普通部の英語教育
TOEFL Primary®/TOEFL Junior®を 導入した理由
Vol.441
家庭学習調査2021(3)
家庭内学習の評価と状況
家庭学習調査から見える 子どもの生活や学習、 保護者の子どもへの関わり方の変化は?
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.088 後編
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
Vol.088 前編
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
Vol.087
ピアニスト
中川優芽花さん
「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる
Vol.086
ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん
子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!