スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/05/22更新

Vol.021

小児科医 田中恭子先生  前編

「自分には何ができるか」。
気付き”を一歩先につなげること、
をつねに問いつづけ子どもたち
ご家族によりそう医療をめざす

田中恭子 (たなか きょうこ)

長野県出身。順天堂大学医学部を卒業後、順天堂大学医学部附属病院に勤務。2002年に英国ダンディー大学心理学部に留学。帰国後、順天堂大学医学部小児科准教授。2013年に東京大学医学部附属病院こころの発達診療部に国内留学。2015年4月より国立成育医療研究センターこころの診療部思春期メンタルヘルス医長。順天堂大学医学部小児科非常勤講師。順天堂越谷病院メンタルクリニック児童思春期部担当医。専門分野は子どものメンタルヘルス。さまざまな病気や障害のある子どもとその家族のケアに従事。小児医療現場での「遊び」の重要性を唱え、病気や障害をもつ子どもたちとその家族が安心して遊べる場として、順天堂大学病院内に「わくわく広場」を創設。自身も一女の母として子育て中。※2015年3月の取材時は順天堂大学医学部小児科准教授

小児科医として、子どもたち一人ひとりとご家族によりそう医療をしたい――。そんな想いから、医師になってからも心理学を学び、問題や課題が山積みの仕事にも進んで取り組む田中先生。日々の診療と研究のかたわら、病気の子や障害のある子たちの支援団体の立ち上げにもかかわるなど、小児科医という枠を越えて精力的に活動されています。医師であり、一児の母でもある女性として、仕事にも育児にもまっすぐ向き合いながら、自らの道を切り拓いていく。その原動力についてうかがいました。

心理学を学びにイギリスへ留学。帰国後、大学病院内に「発達グループ」を立ち上げる

小児科医・田中恭子先生

一般的に、小児科医は身体的・運動的発達については学んでも、心理的な側面は学ぶ機会が少ないという現状がありました。わたしが医師になった当時は、多くの大学がそうであったように、順天堂大学の医学部にも「子どものこころ」の専門部門はなく、わたしは「肝臓グループ」に所属して、不登校や摂食障害の子を診ていました。ご存じのように、摂食障害の原因も複雑です。生育歴を含む家庭環境、学校や職場環境、それに自身の自尊感情の低さやもって生まれた性格なども絡みあっています。その複雑さがわかり、ますます心理的な側面の学びの必要性を痛感しました。

そんな気持ちが通じたのか、あるとき、教授からチャンスをいただき、イギリスのダンディー大学の心理学部へ留学できることになります。留学先では言語学や社会心理学の講義にも出ました。とくに、『子どもは心理学者――心の理論の発達心理学』を著したマーク・ベネット先生の講義は非常に興味深く、とても充実した留学生活を送ることができました。

イギリスには、病気の子どもの発達と成長を支援する「ホスピタル・プレイ・スペシャリスト」という国家資格があることも知りました。子どもの発達段階や個別性に配慮しながら、子どもはもちろん、親もいっしょに治療に進んで取り組めるように環境を整えたりする専門家です。わたしはそれも学びたくて、その資格が取れる学校にも通いました。そこで複数の病院を回りながら、遊びを介して子どもたちのケアがどのように行われているかを目の当たりにしたことで、帰国してから自分が大学病院でどんな活動をすべきかを具体的に考えられるようになりました。

その手はじめは、大学病院の外来に新しい診療枠をつくること。帰国した2004年に、後輩のひとりに声をかけ、小児科に「こころの発達グループ」という名称のチームを立ち上げ、「発達外来」として、おもに発達の気がかりや学校に行きたがらないなどのお子さんの診療にあたりました。診療をはじめたころは「何を診るの?」と院内でも質問されることがあったのですが、しだいに受診希望者が増えて「発達外来」の診療枠は週1枠から5枠に拡大。忙しさにも日に日に拍車がかかりました。

スタート時は後輩とわたしの2人だけだったスタッフも、気がついてみると15人と仲間が増え、わたしはその若い先生方の指導にもあたるようになったのです。うれしくありがたいことではありますが、この領域での自分自身の研鑽が本当に充分であるのか、つねに考えていました。そうした想いから、ほかの大学や医療機関での診療陪席などや講習会への参加などを密かに積極的に続けていたのを思い出します。のちに東京大学病院精神科、順天堂越谷病院の精神科に出向し、精神科の研修もつづけました。

こうして、留学先での学びを活かして新たなチャレンジをスタートし、それが軌道に乗りつつあったころ、わたし自身にも大きな転機が訪れることになりました。


 

小児科医・田中恭子先生

 

後編のインタビューから

-結婚と出産を経験して、子どもたちとご家族への対応がどう変わったか?
-子どもたちの健やかな成長のために、田中先生が何よりも「愛着」が大切と考える理由
-「たくさん、できること探しをしましょう」。これが田中先生の口ぐせ

 

 
 
関連記事

2015/05/29更新

Vol.021 小児科医 田中恭子先生

「自分には何ができるか」。 “気付き”を一歩先につなげること、 をつねに問いつづけ子どもたちと ご家族によりそう医療をめざす

2014/06/20更新

Vol.010 小児科医 白川嘉継先生

「心の安全基地」は 子どもたちが健やかに育つための礎

2014/06/27更新

Vol.010 小児科医 白川嘉継先生

「心の安全基地」は 子どもたちが健やかに育つための礎

2015/03/20更新

Vol.019 眼科医 高橋広先生

寄り添うことで、人がもつ力を見つけ最大限に引き出し、ときには背中を押す

2013/09/20更新

Vol.001 発達心理学者 藤永保先生

人間は学び続ける存在 「自分が向上した」という 自覚がもてる学びを

バックナンバー

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.446
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(前編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
Vol.445
川島隆太教授オンラインセミナー報告
いつまでも脳を元気に保つために 〜スマート・エイジングのための 脳の効果的なトレーニングとは〜
Vol.444
19万組の親子が実践!子育てママ・パパの声から誕生したミーテ
ミーテ運用担当のKUMON社員にインタビュー 〜うた・読み聞かせで子育てが楽しくなるヒミツ!〜
Vol.443
学習療法~認知症予防についてのアンケート~「スマート・エイジング」のすすめ
加齢による「物忘れ」と「認知症」は違う? 始めてみませんか、認知症予防
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.088 後編
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
Vol.088 前編
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
Vol.087
ピアニスト
中川優芽花さん
「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる
Vol.086
ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん
子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!