スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2014/06/27更新

Vol.010

小児科医 白川嘉継先生  後編

安全基地」は
子どもたちが健やかに育つための

白川 嘉継 (しらかわ よしつぐ)

1959年福岡県生まれ。産業医科大学医学部医学科卒業後、産業医科大学新生児集中治療室医長、同大学小児科学講師、福岡看護専門学校水巻校長等を歴任。
現在は福岡新水巻病院周産期センター長、みずまき助産院ひだまりの家顧問。日本女性生涯支援協会理事。

嬉しく喜ばしいお誕生。しかし、なかには一刻一秒を争う重篤な状態で生まれてくる赤ちゃんや家族に受け入れてもらえそうにない赤ちゃんもいます。小児科医として、そうした赤ちゃんやご家族に寄りそってきた白川医師は、「愛着」の大切さを力説します。子どもたちを取り巻く環境が大きく変わりつつある今、お母さんだけでなく、私たち大人は子どもたちに対してどう向き合えばいいのでしょうか。

ひとつでもいいから、昨日と違う新しいことを学びたい

白川嘉継先生

2006年ごろから、それまでの環境のなかで自分ができることの限界を感じ、方向を変えてみることにしました。22年間勤めた大学病院を辞め、今の病院へと職場を変え、小児科を新設していただきました。今の病院は大学から近く、赤ちゃんのころから時をともにした子どもたちとご家族、仲間とつながっていることも幸せでした。2007年には周産期センターを開設していただき、そこで新生児医療に携わりながら、病院の外で活動する時間を増やしていただきました。病院のなかだけでできることは限られています。隣接地に看護学校もでき、助産科が併設され、助産院もできました。理解ある上司に恵まれ、これから先は、もっとできることが増えるように努力していきたいです。

これまでの診療経験から、社会の変化とともに、子どもたちが生きにくい時代になったように感じ、生きづらさを抱えている子たちが増えたようにも思います。背景には、社会が複雑化し、そのために思春期の終わりが遅れ、晩婚化が進み、特に父親の高齢化よる遺伝的な負荷が加わること、胎内環境を含めた環境要因が悪化していることなどが考えられます。

なかでも、人間が最も環境からの影響を受ける妊娠中はとても重要な時期です。低出生体重児とよばれる2500g未満の未熟児が増えているのも、女性の出産年齢が上がってきているほか、妊娠中の栄養状態、喫煙、ストレスなど胎内環境が関係しています。低出生体重児が増えると、発達上の問題も増加します。それを皆さんにもっと知っていただきたいのですが、産科医も小児科医も少なく、手が回らないのが実情です。

出産後のケアも大切です。お産を終えたお母さんが、赤ちゃんを抱っこしてお乳を与えることで、女性は「女性の脳」から「母性の脳」になります。母性というのは、自然につくられるものではなく、つくるためのプロセスが必要です。「母性の脳」になると、わが子を大切にして、子どもを中心に考えられるようになります。そうした妊産婦さんへのかかわりを大切にしたいと考え、2010年に周産期センターのとなりに助産院を開設しました。子どもを産む前とお産のときだけでなく、産んだ後も親子とかかわり、育児を地域で支える場として機能してほしいです。

こうしてお話しすると、いろいろ取り組んでいるように思われますが、私は何か問題が起きたらそれに対処しようとしているだけで、あまり考えていないかもしれません。何でも一所懸命してしまうように見えるのは、いつも自己不全感があるために、立ち止まれないのでしょう。それを苦痛に感じないのは、「昨日の自分ときょうの自分は、同じ自分ではないようにしたい」という思いがあるからです。「きょうはこれを憶えた。明日もひとつだけでいいから新しいことを知ろう、やってみよう」、それが学ぶということだと思っています。

そして、それができなくなったら、医療に携わるのは辞めようと考えています。過去に一度だけ、もう20年ほど前になりますが、「自分にはもう進歩がない」と感じて医者を辞めようとしたことがあります。周囲から説得されすぐに思い留まりましたが、このとき、借金をして家を建てました。自分を追い込んだんですね。今でも毎日、いろんな問題が起こり悩むことはありますが、2~3日すると立ち直る。立ち止まろうとするときに、亡くなった子どもたちが「先生、前に進もう」と後押ししてくれます。亡くなった子どもたちにも支えられて、“先ずは生きて”います。それが、私にとっての「先生」という意味かなとも思います。

幼少期に育まれる「心の安全基地」の大切さとは?

関連記事

2014/06/20更新

Vol.010 小児科医 白川嘉継先生

「心の安全基地」は 子どもたちが健やかに育つための礎

2015/05/29更新

Vol.021 小児科医 田中恭子先生

「自分には何ができるか」。 “気付き”を一歩先につなげること、 をつねに問いつづけ子どもたちと ご家族によりそう医療をめざす

2015/05/22更新

Vol.021 小児科医 田中恭子先生

「自分には何ができるか」。 “気付き”を一歩先につなげること、 をつねに問いつづけ子どもたちと ご家族によりそう医療をめざす

2014/10/03更新

Vol.013 年間ハイライト

人との関わり、師との出会い、紆余曲折、探求への目覚め、そして学びを究める

2014/12/10更新

Vol.015 リハビリ医 橋本圭司先生

みんなが同じでなくていい 自分の「できる!」「得意」を知って、 それを伸ばそう

バックナンバー

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2021/03/26更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.417
アブダビの小学校において公文式による学力向上貢献事業を実施しています
ADNOC、JODCO、KUMONの3社による アブダビ事業が 令和3年度「日本型教育の海外展開(EDU-Portニッポン)応援プロジェクト」に採択されました
Vol.416
学習療法在宅コースとは?
研修会で学びご家族へのサポートに生かす ~学習療法在宅コースでの実践~
Vol.415
公文式を導入している障害児・障害者支援施設での学習効果アンケート
障害児・障害者支援施設で感じられている 公文式学習の効果とは?
Vol.414
KUMONレポート-子ども文化史料編
江戸時代の史料から子ども文化を研究 ~KUMONの子ども文化史料~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.081 後編
オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん
学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう
Vol.081 前編
オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん
学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう
Vol.080
ライター/翻訳者
堀越英美さん
「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう
Vol.079
常葉大学造形学部
講師 村井貴さん
本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!