スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/03/27更新

Vol.019

眼科医 高橋広先生  後編

寄り添うことで、
人がもつ力を見つけ最大限に引き出し
ときには背中を押す

高橋 広 (たかはし ひろし)

1950年兵庫県生まれ。慶應義塾大学医学部卒業、医学博士。産業医科大学医学部助教授、柳川リハビリテーション病院眼科部長などを経て、現在は北九州市立総合療育センター眼科部長。日本ロービジョン学会前理事長、現理事。獨協大学越谷病院特任教授、慶應義塾大学医学部や福岡教育大学特別支援教育課程非常勤講師なども務める。

視覚に障害がある人たちに寄り添い、もっている機能や力を見つけ、最大限に活かして生活改善につなげる「ロービジョンケア」。その大切さを訴え続けているのが、日本のロービジョンケアの先駆者、高橋広先生です。「ごくふつうの眼科医でした」という高橋先生が、ロービジョンケアに心血を注いで取り組むようになったのは、ひとりの患者さんとの出会いがきっかけだったといいます。

福祉と医療の壁を取りはらい、たがいに連携を深める

眼科医 高橋広先生

「ふつうの眼科医」だったわたしの人生は、あるひとりの患者さんとの出会い(前編参照)を機に大きく変わりました。「ロービジョンケア」を知り、その研究と実践に没頭するようになったのです。

とはいえ、周囲の眼は冷ややかなものでした。当時、わたしは大学病院の助教授だったのですが、医師たちはロービジョンケアにあまり関心を向けてはくれませんでした。それは、ロービジョンケアというものにそれまで医師が関わることをむしろ拒否し、どちらかといえば福祉の領域のことだったからです。また、論文にもなりにくいことであったのも、関心を示さない理由のひとつだったのかもしれません。そんなロービジョンケアを、わたしがなぜそんなに熱心にやるのか理解しにくかったのでしょうね。

一方で福祉側からも歓迎されませんでした。福祉の領域へ、眼科医であるわたしが入り込んでいったものですから、福祉の専門家からすれば、「何をしたいのかな?」という疑問をもったのだと思います。お互いに相手側の領域の理解不足があり、福祉界と医療界に立ちはだかる壁を感じました。

けれども、患者さんのことを考えれば、壁などはないほうがいいので、患者さんの心を前向きに変えた歩行訓練士に教えを請い、ほかの福祉の人たちからも真摯に学ぶことにしました。そして、福祉関係者と医療関係者は、それぞれ役割分担はあるものの、お互いに連携を深め、良きパートナーとして、強いチームとして患者さんに向き合うことが大事だとの考えに至りました。
*「歩行訓練士」:正式名称「視覚障害者生活訓練等指導者」

こうして1996年に念願かなって、当時勤務していた産業医科大学病院(福岡県)の眼科にロービジョンクリニックを開設しました。さらに、ロービジョンの人たちが抱える問題を解決するには、多くの職種の人たちと連携することが重要だと考え、北九州視覚障害研究会や九州ロービジョンフォーラムを発足させ、このときの同志ともいえる仲間たちとの研究や実践を、『ロービジョンケアの実際 視覚障害者のQOL向上のために』(医学書院、2006年5月)という専門書にもまとめました。

その後、柳川リハビリテーション病院勤務を経て、わたしが北九州市立総合療育センターに赴任したのは2008年です。じつはそれ以前から、このセンターでは視能訓練士を中心とした「ロービジョンケア」をしていましたが、現在ではより進化し、眼科スタッフに歩行訓練士が加わり、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、臨床心理士やソーシャルワーカーなどの異なる分野のスタッフたちとチームを組んで、患者さんに向き合うようにしています。

高橋先生が「親切なおせっかい」と話す、患者さんの背中を押すときとは?

関連記事

2015/03/20更新

Vol.019 眼科医 高橋広先生

寄り添うことで、人がもつ力を見つけ最大限に引き出し、ときには背中を押す

2015/05/29更新

Vol.021 小児科医 田中恭子先生

「自分には何ができるか」。 “気付き”を一歩先につなげること、 をつねに問いつづけ子どもたちと ご家族によりそう医療をめざす

2015/04/24更新

Vol.020 応用言語学者 吉田研作先生

わたしたちは “多文化・多言語の世界”に生きている そのなかで自分を発揮できる学びをめざそう

2014/12/05更新

Vol.015 リハビリ医 橋本圭司先生

みんなが同じでなくていい 自分の「できる!」「得意」を知って、 それを伸ばそう

2014/08/29更新

Vol.012 教育心理学者 吉田甫先生

新しい知識を得るのは人にとって本能的に楽しいこと

バックナンバー

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2021/03/26更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

2020/10/23更新

Vol.064 神田外語大学 特任講師
上原雅子先生

言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.402
公文国際学園のオンライン英語版模擬国連2021
自らの意志で参加し、主体性をもって 英語で国際平和を議論する経験が 生徒の内面的成長を促す
Vol.401
浮世絵に描かれた疫病除け「朱鍾馗」
浮世絵に描かれた疫病除け 朱色で描かれた鍾馗(しょうき)様 ~大切な子どもを疫病から守りたい~
Vol.400
知らないこと、不思議なことを考えてみよう
さあ、どんな本を読もう? くもん出版この春オススメの3冊
Vol.399
KUMONの取り組むSDGs
個人別教育による人材の育成を通じ、 地球社会に貢献する―KUMONは 持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.077 前編
株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん
人には自分で思う以上の可能性がある それを磨くために 解像度を上げて日常を見てみよう
Vol.076
産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん
突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう
Vol.075
株式会社ニューズピックス代表取締役社長CEO
坂本大典さん
ゴールを設定して他人と比較せず 自分のペースを自分でつくっていこう
Vol.074
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!