スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2014/08/29更新

Vol.012

教育心理学者 吉田甫先生  後編

新しい知識を得るのは
にとって本能的楽しいこと

吉田 甫 (よしだ はじめ)

九州大学大学院教育学研究科(教育心理学)博士課程修了。大学(学部)卒業後、家庭裁判所調査官補として任官。その後、大学院に進み心理学研究の道へ。宮崎大学教育学部教授を経て、現在は立命館大学特任教授。

「勉強がきらい」あるいは「苦手」という子は、なぜ「きらい」になってしまうのか――教育心理学者の吉田先生は、子どもの側に立って教えれば、勉強ぎらいの子は減るといいます。家庭裁判所調査官から心理学研究の道へ。異色の経歴の心理学者でもある吉田先生に、学びの楽しさやその本質についてうかがってみました。

子どもには「インフォーマルな知識」がある

教育心理学者 吉田甫先生

大学院で教育心理を学んだあと、大学の教育学部の講師となった私は、本格的に教育心理学と関わるようになります。教育心理学というのは、おもに子どもの教育と発達を研究して、健やかな発達を支援することを目的とする学問分野です。

たとえば、「勉強がきらい」という子は、どの学校にも少なからずいるでしょう。こうした子どもたちの授業の理解や学力の低さについてはたびたび問題になりますが、その背後には、現在の授業が、私の言葉で表現すると『教科の理論』で行われているからではないかと考えています。教科の理論とは、数学・理科・英語など各教科の論理体系を、子どもにもわかるように簡潔にまとめたものを教育カリキュラムとしていることです。これで、子どもたち全員が授業についていければ問題はありませんが、現実にはそうではありません。

そうならないためには、『教科の理論』から、これも私の言葉ですが『子どもの理論』によるカリキュラムに転換すべきだと思っています。『子どもの理論』とはどういうことかというと、その要素は2つあります。1つめの要素は、子どもは日常生活から得た知識がいろいろあるということ。それを私は「インフォーマルな知識」と呼んでいますが、それがどのくらいあるかを具体的に知ることです。

インフォーマルな知識とは、たとえば、「割合」は「比べる量を基(もと)になる量で割る」ものですが、この公式は小学5年生で教えられるものなので、4年生の子は知りません。けれども、学校で習っていなくても割合の元になる考え方を持っている子はいます。スーパーで3割引きの商品と4割引きの商品のどちらが安いかと聞くと、答えられる子が少なくないからです。

実際、私の研究では、子どもたちは大人が考える以上に、豊かなインフォーマルな知識を獲得していることがわかっています。しかし、多くの大人はそのことをほとんど知りません。インフォーマルな知識は「学びの素」であり、これがあれば、基礎的なことは理解できるので、それを踏まえて教えれば学習はスムーズに進みます。

教育や学びがきちんと身につくための“基礎”とは?

関連記事

2014/08/22更新

Vol.012 教育心理学者 吉田甫先生

新しい知識を得るのは人にとって本能的に楽しいこと

2014/04/18更新

Vol.008 教育心理学者 秋田喜代美先生

学びの楽しさは 新しい世界が開けること 夢中になれると人は伸びる

2014/04/25更新

Vol.008 教育心理学者 秋田喜代美先生

学びの楽しさは新しい世界が開けること夢中になれると人は伸びる

2014/10/03更新

Vol.013 年間ハイライト

人との関わり、師との出会い、紆余曲折、探求への目覚め、そして学びを究める

2015/05/29更新

Vol.021 小児科医 田中恭子先生

「自分には何ができるか」。 “気付き”を一歩先につなげること、 をつねに問いつづけ子どもたちと ご家族によりそう医療をめざす

バックナンバー

2022/11/18更新

Vol.072 名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生

さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.463
『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年
皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.091 後編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.091 前編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!