スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/03/20更新

Vol.019 眼科医 高橋広先生  前編

寄り添うことで、
人がもつ力を見つけ最大限に引き出し
ときには背中を押す

高橋 広 (たかはし ひろし)
1950年兵庫県生まれ。慶應義塾大学医学部卒業、医学博士。産業医科大学医学部助教授、柳川リハビリテーション病院眼科部長などを経て、現在は北九州市立総合療育センター眼科部長。日本ロービジョン学会前理事長、現理事。獨協大学越谷病院特任教授、慶應義塾大学医学部や福岡教育大学特別支援教育課程非常勤講師なども務める。

視覚に障害がある人たちに寄り添い、もっている機能や力を見つけ、最大限に活かして生活改善につなげる「ロービジョンケア」。その大切さを訴え続けているのが、日本のロービジョンケアの先駆者、高橋広先生です。「ごくふつうの眼科医でした」という高橋先生が、ロービジョンケアに心血を注いで取り組むようになったのは、ひとりの患者さんとの出会いがきっかけだったといいます。

医療だけでは救えない「何か」。ある患者さんとの出会いが大きな転機に

産業医大では、眼科で緑内障を専門に診ていました。あるとき、ひとりの成人の患者さんに緑内障の手術をしたのですが、術後の経過が芳しくない。そこで眼圧を下げる薬を投与したところ、両眼の結膜が充血し、背中など全身の皮膚に水疱などができてしまいました。全身の皮膚細胞が重篤なダメージを受けるという薬の副作用(のちに薬害と判明)がでてしまったのです。最善は尽くしたものの、最終的には両眼球にも重い損傷が生じる状態になってしまいました。言葉がでないほどのショックでした。1992年の秋のことです。

副作用の症状がでたあと、その患者さんが入院中、症状の改善はもちろんのこと、何とかして立ち直らせたいと、われわれ病院スタッフは、ありとあらゆる知識や技術を総動員させました。患者さんの気持ちだけでも前向きにできないかと、精神科の先生のカウンセリングなども試みましたが、その患者さんは落ち込んでいくばかり。退院後の生活のめどもまったく立ちませんでした。

「どうしたらこの状況を打破できるのだろうか」。そう思い悩み続け、気がつけば2年近くの年月が経とうというある日、ひとりの歩行訓練士に相談しました。そして、「奇跡」が起きたのです。その歩行訓練士が、たった3回その患者さんに接しただけで、患者さんの様子が一変しました。患者さんはみるみる元気になり、リハビリにも励み、やがて退院。そのあと、はり・きゅう・あんまなどを学ぶための学校に通い、個人で治療院を開業、立派に社会復帰をされたのです。そのどれもが、わたしたちにとっては驚きの連続でした。
*「歩行訓練士」:正式名称「視覚障害者生活訓練等指導者」

いったい、その歩行訓練士は、患者さんに何をしたのか? 詳しく聞いてみました。すると、それが「奇跡」ではないことがわかったのです。わたしたち医療従事者が、医療としての専門家であるだけにそこにしか目を向けていなかったところへ、その歩行訓練士はふつうに人としての心で患者さんと接しただけのことだったのです。

まず、患者さんと同じ立場で話を聞き、患者さんのいまの気持ちに真摯に耳を傾け、その気持ちについて率直に語りあっていました。さらに、患者さんが生活していくうえで直面するであろう課題や困難を、そのひとつひとつについて、どうすれば改善できるか、解決できるかをいっしょに考え、その具体的な対応や方法を提示していたのです。なるほど、と思いました。「将来の希望」を患者さんとともに考えていたのだと。これにより、患者さんは将来の自分をイメージできるようになり、歩行訓練士とさらにコミュニケーションを密にすることで、みるみる気力を取りもどしていったのです。

 

わたしは、そういう術を知らなかった。そして気づきました。医療の技術だけでは救えない「何か」がある、と。これが、「ふつうの眼科医」だったわたしが「ロービジョンケア」に取り組むことになるきっかけでした。それからほどなくして、医療だけではなく、福祉や心理や教育など、さまざまな分野の情報や技術を総合して視覚障害のある人を支援する「ロービジョンケア」という考え方が欧米にあることを知りました。

しかし、国内ではその当時、「ロービジョンケア」の日本語訳の本もテキストもなかったので、それまで眼科医として培ってきた知識や技術を活かしながら、独学で学んでいくしかありませんでした。たいへんなことはたいへんでしたが、その患者さんのご苦労や心情を思えば、いまでも申し訳なさとやりきれなさとでいっぱいですが、患者さんのためにも、自分が日本での「ロービジョンケア」の道を拓いていかなければという思いを強くしました。


 

   

後編のインタビューから

– 「福祉関係者と医療関係者は、よきパートナーでありチームであるべきです」
– 高橋先生が「親切なおせっかい」と話す、患者さんの背中を押すときとは?
– 高橋先生が考える「ロービジョンケアと公文式学習の共通点」

 

 

関連記事

2015/03/27更新

Vol.019 眼科医 高橋広先生

寄り添うことで、 人がもつ力を見つけ最大限に引き出し、 ときには背中を押す

2015/05/29更新

Vol.021 小児科医 田中恭子先生

「自分には何ができるか」。 “気付き”を一歩先につなげること、 をつねに問いつづけ子どもたちと ご家族によりそう医療をめざす

2015/05/22更新

Vol.021 小児科医 田中恭子先生

「自分には何ができるか」。 “気付き”を一歩先につなげること、 をつねに問いつづけ子どもたちと ご家族によりそう医療をめざす

2014/12/05更新

Vol.015 リハビリ医 橋本圭司先生

みんなが同じでなくていい 自分の「できる!」「得意」を知って、 それを伸ばそう

2014/12/10更新

Vol.015 リハビリ医 橋本圭司先生

みんなが同じでなくていい 自分の「できる!」「得意」を知って、 それを伸ばそう

バックナンバー

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.370
浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」
大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~
Vol.369
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)
子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生
Vol.368
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>
Vol.367
あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編
絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!