スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2014/12/10更新

Vol.015 リハビリ医 橋本圭司先生  後編

みんなが同じでなくていい
自分の「できる!」「得意」を知って、
それを伸ばそう

橋本 圭司 (はしもと けいじ)
1973年東京都生まれ。1998年東京慈恵会医科大学医学部卒業後、東京都リハビリテーション病院リハビリテーション科、神奈川リハビリテーション病院リハビリテーション科、東京医科歯科大学難治疾患研究所神経外傷心理研究部門准教授などを経て、2009年2月より国立成育医療研究センターリハビリテーション科医長、発達評価センター長、2013年より医療安全管理室長。
※本文中では「リハビリテーション」を「リハビリ」と略して表記しています。

日本でも数少ない小児専門のリハビリテーション医として活躍される橋本圭司先生。病気やケガの治療後のリハビリはもとより、言葉がうまく出ない、身体のバランスが悪い、手先が不器用、問題行動があるなど、ほかの子とは「ちょっと違う子どもたち」やその親たちと、日々向き合っています。ご自身も「早産で低出生体重児のため発達がゆっくりだった」と話す橋本先生が、診療現場で見てきたこと、見えてきたこととは?

「できない」ところを見るのではなく、「できる」ところを見よう

念願かなって医学部に入ったものの成績は芳しくなく、クラブ活動ばかりをしていました。ひとつだけ救いは、毎日のように疲れ果てるまで走り込み、基礎体力を育むことができました。成績については、さすがにこのままではまずいと、医学部6年生の後半、国家試験ぎりぎりで一日中猛烈に学び、なんとか国家試験にも合格し、医師としての道を歩み始めることができました。一度にいろいろなことはできないけれど、これと決めたひとつのことには没頭できるという、私の個性というか特性がそのときもいい方向に働いたようです。

そんな私の拙い経験から言えるのは、人間は本当にやりたいことでないと、本気にならないということ。私にとって学校の「お勉強」は、人から「やれ」と言われたことをお行儀よくすることでした。だから勉強をしなかったのかもしれません。勉強に限らず、やりたくないことを無理してやっても、うまくいかないと思います。けれども、好きで、得意なことであれば、放っておいてもやるし、どんどんうまくもなります。

このことはリハビリも同じだと思います。発達障害者や高次脳機能障害者の場合、自身の問題とされる症状や行動を自分でわかっていないことも多いので、本人はいたってケロッとしています。気にしているのは周りだけということもめずらしくありません。そういった自覚がない人に対し「これができていない」「あそこをなおせ」と言っても、本人はどんどん逃げてしまう。「できない」に目を向けるのではなく、「これができる」「これなら得意」に目を向け、それを伸ばす。リハビリはそれに尽きると思います。このことは、子育ても似ているかもしれませんね。

「できる」ということでいえば、公文式学習も言葉や記憶や認知など、高次脳機能の回復手段のひとつとして効果があると考えています。実際、私が以前勤めていたリハビリ病院では院内に公文式を教えてくれる家族会の先生がいらっしゃり、高次脳機能障害の入院と通院の患者さんたちが算数・数学と国語を学習していました。学習のスキルを高めるというより、集中力や記憶力や認知の面で効果がありましたね。リハビリはその時点での本人のレベルに合ったことをするのがポイントのため、「ちょうどの課題」を提供できて、「できる」ことをくり返す公文式はぴったりなのです。

「自分の“できる”“得意”を活かす」のは、私自身も実践しています。医学部に入りたてのころは外科医にあこがれていましたが、外科では手先の器用さがいちばん求められます。でも私は不器用。どうしようかと悩みましたが、人の相談にのったり、チームでコミュニケーションをとったりするのは得意だと自覚していたので、リハビリ科に進めば、それが活かせるのではと考えました。ある意味、マイナスをプラスに変えられたわけです。そう考えると「自分は何ができるか」を自覚するのが、夢に近づく第一歩かもしれませんね。

人には向き不向きがあり、それが何であれ、向いていれば生き生きと取り組め、やがて大成するのだと思います。どう考えてもビジネスマンに向いていないのに、ビジネスマンになる必要はなく、たとえば寿司が好きなら、寿司職人をめざす。親の職業や代々続く家業も確かにとても大切ですが、できれば得意なことで職業の役割分担をする。それが、これからの社会にはとくに大切だと思っています。

橋本先生が小児専門のリハビリ医になった理由とは?

関連記事

2014/12/05更新

Vol.015 リハビリ医 橋本圭司先生

みんなが同じでなくていい 自分の「できる!」「得意」を知って、 それを伸ばそう

バックナンバー

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

2019/11/01更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

2019/07/12更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

2019/06/28更新

Vol.055 東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生

「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.339
南アフリカの公文式教室
一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を
Vol.338
浮世絵から見える江戸時代の人々
『福づくし』でおめでたい1年に
Vol.337
特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON
2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」
Vol.336
ブルガリアに公文式教室開設
夢に近づくお手伝いを
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.066 後編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.066 前編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.064
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!