スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2014/12/24更新

Vol.016

特養園長 山崎律美さん  前編

100点をもらえれば誰もがうれしい
人は“ちょうどの学び”
たしかに育つ

山崎 律美 (やまさき りつみ)

福岡県生まれ。淑徳大学社会福祉学部卒業。厚生省社会局国立福岡視力障害センター生活指導専門職、佐賀県福祉生活部身体障害者施設生活指導員、児童施設・児童指導員、福祉事務所ケースワーカーなどを経て、1992年に社会福祉法人道海永寿会の特別養護老人ホーム永寿園へ。2003年、西九州大学大学院健康福祉学修士修了。

福祉の専門家・実践者として、障害児・障害者に向き合ってきた山崎さんは、自分が責任者となった老人介護施設で、認知症の高齢者に「読み書き計算」の学習を試みます。そこから誕生した認知症の予防と改善のための『学習療法』は、いまや日本国内はもちろん、海外にも展開されています。自らの進むべき道をまっすぐに突き進んできた山崎さん。そのパワーの源をうかがいました。

「10年先は福祉の時代が来る」。父に背中を押されて福祉系大学へ

特養園長 山崎律美さん

話してみると、母は私を学校の先生にさせたかったようでした。私は中学時代、クラブ活動でバレーボール部に入っていたのですが、友だちとケンカをしても、バレーの練習をやったあとは仲直りできることに気づき、「この原理は使える。体育の先生になって、地域の教育に貢献しよう」と考えました。これなら母の希望も叶えられると思ったのですが、母は「体育の先生なんて、年とったらどげんすると(年をとったらどうするの)」と、すぐに却下。

さて、どうしようと分厚い大学案内のページをめくっていたら、「社会福祉」とか「社会教育」とかいう見たことも聞いたこともない文字が目に飛び込んできました。当時、児童養護施設の寮母と子どもたちの生活を描いたテレビドラマにハマっていた私は、「私が探していたのはこれだ!」と、父に相談すると、「10年先は福祉の時代が来る。お前は俺に似て世話好きやけん。おおとる(似合っている)」と、背中を押してくれました。

そうして進学したのが、当時開学して間もなかった千葉にある福祉系の大学でした。たまたま親戚が千葉に住んでいて、近くに「お目付け役」がいたのも後押しとなりました。当時は大学紛争が盛んで、そういう思想に染まるのは困ると父も母も思っていたようですから。そして、大学に通うようになって実感したのは「福祉で働こうとする人たちはみなやさしい」ということ、そして「もう一番にならなくていいんだ」ということでした(笑)。

とはいえ、まさしくオンリーワンのスタートでしたが、一番になるためにとことんがんばる気持ちが身にしみついていたのは、よいことでもありました。弁論部に所属していた高校時代、弁論大会で「私は福祉の仕事をします」と宣言したことがあります。いま高校時代のクラスメートに会うたびに、「言った通りに生きてきたのはあんただけだね」と言われます。これも「根性者(こんじょうもん)」のなせる業かもしれません。

そして、大学1年の夏休みのことです。お盆の帰省時に、私は父にこう言いました。「父ちゃん、これから百姓では食うていかれんよ。田んぼ売って老人ホームばつくろうか」と。大学で福祉を学びはじめたばかりのころでしたが、自分の理想とする介護施設をつくってみたいという淡い夢があり、その気持ちから口にした一言でした。それが、まさか自分の一生を左右することになるとは、そのときは思いもよりませんでした。

知的障害児の施設で子どもたちの食欲がアップした理由とは?

関連記事

2014/12/26更新

Vol.016 特養園長 山崎律美さん

100点をもらえれば誰もがうれしい 人は“ちょうどの学び”で たしかに育つ

KUMONグループの活動  2016/02/23更新

Vol.139 認知症高齢者が自分らしさを取り戻すために~学習療法とは(1)~

「学習療法」は 介護現場の光になれるか

KUMONグループの活動  2017/08/01更新

Vol.220 学習療法-
高齢者が自分らしく暮らしていくサポートを

「変わらないことが変化」 認知症高齢者に毎日喜びを届けたい

2014/02/21更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生

学びの本質は、 過去を知って未来につなぐこと 子どもたちに伝えたい “夢をかなえるための4つの約束“

KUMONグループの活動  2016/03/15更新

Vol.142 認知症高齢者が自分らしさを取り戻すために~学習療法とは(2)~

認知症高齢者を支える周りの方々にも 「希望の光」を

バックナンバー

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.444
19万組の親子が実践!子育てママ・パパの声から誕生したミーテ
ミーテ運用担当のKUMON社員にインタビュー 〜うた・読み聞かせで子育てが楽しくなるヒミツ!〜
Vol.443
学習療法~認知症予防についてのアンケート~「スマート・エイジング」のすすめ
加齢による「物忘れ」と「認知症」は違う? 始めてみませんか、認知症予防
Vol.442
慶應義塾普通部の英語教育
TOEFL Primary®/TOEFL Junior®を 導入した理由
Vol.441
家庭学習調査2021(3)
家庭内学習の評価と状況
家庭学習調査から見える 子どもの生活や学習、 保護者の子どもへの関わり方の変化は?
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.088 後編
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
Vol.088 前編
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
Vol.087
ピアニスト
中川優芽花さん
「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる
Vol.086
ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん
子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!