トップ > KUMON now! > トピックス > 認知症高齢者が自分らしさを取り戻すために~学習療法とは(2)~

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2016/03/15更新

Vol.142

認知症高齢者が自分らしさを取り戻すために~学習療法とは(2)~  

認知症高齢者を支える周りの方々にも
「希望の光」

認知症を発症した自分の親を介護施設に入所させることに対して葛藤を抱えるご家族、日々介護ケアに追われる介護施設の職員の方々……。認知症を取り巻く課題の一つに認知症高齢者ご本人だけでなく、周りで支える方々に大きな負担を生じさせてしまうことが挙げられます。今回は、「学習療法」が認知症高齢者の脳機能の維持・改善だけでなく、周囲の方々にとっても様々な効果をもたらしていることをご紹介します。

認知症の維持・改善だけではない「学習療法」の効果学習療法を実践いただいている介護施設の方を通じて、次のようなお話をうかがうことがありました。


ご家族への効果

認知症高齢者の親を自分で介護するのは容易ではありません。結果として親を施設に託す決断をした後も、“自分で面倒を見切れなかった”、“自分を育ててくれた親に申し訳ない”といった複雑な思いを抱え、精神的に負担を感じられる方が多いようです。

そのようなご家族にとって、学習療法によって自分の親が「親としての自分」を取り戻し、家族を思い出し、普通に接することができるようになることは、大きな喜びとなります。親の変化を目のあたりにすることで、施設に託す際に抱いた複雑な思いが払拭され、「施設に入れてよかった」と感じるようになり、ご家族の気持ちの負担が大きく軽減されることも多いようです。

介護スタッフへの効果(入所施設の場合)
学習療法を導入した施設責任者から、「介護スタッフのモチベーションが上がった」という話をうかがうことが多くあります。

入所施設の仕事は、三大介護(食事・排泄・入浴)が占める割合が多く、多忙です。また利用される方は高齢者であるため、施設を退所される時は入院されるか、残念ながらお亡くなりになる時がほとんど。そのため介護スタッフのモチベーションが下がり、結果的に離職される方も数多くいるのが実情です。

しかし、学習療法をきっかけに、認知症高齢者の要介護度が改善された事例が出てくると、介護スタッフは仕事の中で喜びを感じるようになるといいます。1日30分、学習療法を通じて施設の利用者と接することで、その方の人生や人柄が垣間見え、「この方にもっと元気になってほしい」という気持ちが芽生えてくるそうです。

学習をされていた方がお亡くなりになることがあるのですが、介護スタッフいわく、「亡くなり方が全く違う」と。認知症が進むと、ご本人に自覚がないまま亡くなられてしまうことが多いそうです。しかし、学習療法をされた方はご自分を取り戻し、「人間としての尊厳」を保ったまま亡くなられる、と言うのです。

そのような時は、ご家族からもたいへん感謝されるといいます。以前なら「最期を看取っていただき、ありがとうございました」と言葉をかけられることが多かったのが、学習療法でご自分を取り戻した方の場合には、「最期を幸せな状態で迎えられたのはあなたのおかげです」といった感謝の言葉に変わるそうです。

このように、学習療法を導入している施設では、介護スタッフが学習療法を通じて自分の介護が役に立ったという実感を持ち、ご家族にも感謝をされるという好循環が生まれているようです。

施設にとっての効果
モチベーションが上がった介護スタッフによって施設全体のケアの質が向上することは、地域で施設の評判が広がっていくことにつながります。その結果、入所希望が増えたケースもあり、学習療法を導入したことが結果として施設運営面にも良い影響を及ぼした、と語ってくださる施設責任者の方も年々増えています。

学習療法の開発当初は、認知症の方の脳機能面での効果に注目が集まっていましたが、今ではこれらの事例のように、周囲に与える効果が数多く報告されるようになっています。

認知症問題に立ち向かうための新たなチャレンジとは?

タグ
関連記事

KUMONグループの活動  2016/02/23更新

Vol.139 認知症高齢者が自分らしさを取り戻すために~学習療法とは(1)~

「学習療法」は 介護現場の光になれるか

KUMONグループの活動  2015/07/07更新

Vol.094 学習療法-SIBを導入した調査事業

介護施設を支える 仕組みを構築したい 「学習療法」がソーシャル・インパクト・ボンド(SIB) 調査事業として採択

KUMONグループの活動  2016/11/22更新

Vol.183 新たに見出された「学習療法の効果」とは?

高齢化社会を支える「学習療法」 -第2回 学習療法 実践研究シンポジウム in大阪より-

KUMONグループの活動  2018/08/07更新

Vol.268 学習療法の起こり

身近な人々の幸せから 世界の人々の幸せへ

KUMONグループの活動  2015/11/24更新

Vol.116 認知症高齢者に「人としての尊厳」を

学習療法で、認知症高齢者に 「人としての尊厳」を取り戻す ~「学習療法 実践研究シンポジウムin幕張」開催~

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/02/24更新

Vol.392 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>

KUMONグループの活動  2021/02/16更新

Vol.391 公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?

自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!

KUMONグループの活動  2021/02/09更新

Vol.390 タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出

ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい

子育て・家庭学習  2021/02/02更新

Vol.389 家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?

KUMONグループの活動  2021/01/26更新

Vol.388 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑩            <標準完成時間>

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!