スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2014/12/24更新

Vol.016 特養園長 山崎律美さん  前編

100点をもらえれば誰もがうれしい
人は“ちょうどの学び”
たしかに育つ

山崎 律美 (やまさき りつみ)
福岡県生まれ。淑徳大学社会福祉学部卒業。厚生省社会局国立福岡視力障害センター生活指導専門職、佐賀県福祉生活部身体障害者施設生活指導員、児童施設・児童指導員、福祉事務所ケースワーカーなどを経て、1992年に社会福祉法人道海永寿会の特別養護老人ホーム永寿園へ。2003年、西九州大学大学院健康福祉学修士修了。

福祉の専門家・実践者として、障害児・障害者に向き合ってきた山崎さんは、自分が責任者となった老人介護施設で、認知症の高齢者に「読み書き計算」の学習を試みます。そこから誕生した認知症の予防と改善のための『学習療法』は、いまや日本国内はもちろん、海外にも展開されています。自らの進むべき道をまっすぐに突き進んできた山崎さん。そのパワーの源をうかがいました。

「いつも一番になりなさい」。母のその言葉が私を「根性者(こんじょうもん)」に育てた

父と母のことですか…。父は15歳で海軍に志願し入隊しました。終戦直前に乗っていた軍艦が撃沈され、対馬まで泳いで助かったという強運のエピソードの持ち主で、艦長の秘書役をしていたそうです。戦後は布団の行商人をして全国を周り、わずかばかりですがお金を貯めながら、いわゆる「五反百姓」として農地を耕していました。やがて地元の市会議員になり、県会議員にもなりましたが、世のため人のためと時間も労力も厭わず動いていたので、家にはいつもお金がありませんでしたね。それでも、議員を続けたのは、日本全国を自分の足で見て歩いていたので、地元の人とは異なった視点で物事を見たり考えたりできる人だったからのようです。

母は私を生んだあと、結核にかかりほぼ寝たきりでした。長女である私がしっかりしなくてはと、もの心ついたときから農作業を手伝っていました。貧しかったし、家には床に伏せる母がいる。そんな環境でしたが、母は教育熱心でものすごく厳しく、「いつも一番になりなさい」と言われ続けて育ちました。

私が成人してからのことですが、母は「いつも一番に」と言い続けてきたことを「とても後悔している」と語ったことがあります。「律美がこんなに根性者(こんじょうもん)になったのは、私のせいだ」と笑っていました。たしかに私は、何をするにも「一番にならなきゃ」と思って取り組み、「これは」と思ったことはとことんやるような子に育っていましたから。母の期待に応えようと、子どもながらに懸命だったのでしょうね。

けれど、「いつも一番に」と言い続けた理由は母らしいものでした。「自分が結核を患っていることは、近所の人はみな知っている。だとすれば、律美は私のせいでのけものにされていないか。でも、自分は助けてやれない。それなら、この子は何でもできるように、何でも一番になれるように育ててやらんといかん」。そう考えていたようです。あまりの厳しさにうんざりすることもありましたが、親の心子知らず、だったのですね。

そんな母は、私にこうも言っていました。「恵まれた家の人のところに嫁いでも、みな生身の人間。夫が病気を患ったらお前が子どもを一人前にさせなくてはならないかもしれん。だからお前は働く術をもっておけ。大学へ行け」と。当時の女性としては先進的な考えの持ち主だったのだと思います。とはいえ、1960~70年代当時の女性の専門職といえば、看護婦か学校の先生くらい。女医さんや女性弁護士はほんのひとにぎり。そんな時代でした。

自分の人生が大きく左右されることになった、お父さんに話した一言とは?

関連記事

2014/12/26更新

Vol.016 特養園長 山崎律美さん

100点をもらえれば誰もがうれしい 人は“ちょうどの学び”で たしかに育つ

KUMONグループの活動  2016/02/23更新

Vol.139 認知症高齢者が自分らしさを取り戻すために~学習療法とは(1)~

「学習療法」は 介護現場の光になれるか

KUMONグループの活動  2017/08/01更新

Vol.220 学習療法-
高齢者が自分らしく暮らしていくサポートを

「変わらないことが変化」 認知症高齢者に毎日喜びを届けたい

KUMONグループの活動  2016/03/15更新

Vol.142 認知症高齢者が自分らしさを取り戻すために~学習療法とは(2)~

認知症高齢者を支える周りの方々にも 「希望の光」を

バックナンバー

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

2019/11/01更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

2019/07/12更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

2019/06/28更新

Vol.055 東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生

「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.339
南アフリカの公文式教室
一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を
Vol.338
浮世絵から見える江戸時代の人々
『福づくし』でおめでたい1年に
Vol.337
特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON
2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」
Vol.336
ブルガリアに公文式教室開設
夢に近づくお手伝いを
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.066 後編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.066 前編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.064
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!