KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2020/05/12更新

Vol.354 浮世絵から見える江戸時代の人々  

“百物がたりのまなび”とは?
~人々の暮らし「お化け」の関係~

KUMONでは1986年から子ども文化研究のために浮世絵を中心とした文化史料を収集・研究してきました。今回は江戸時代の人々と「お化け」の関係に迫る浮世絵を紹介します。浮世絵から垣間見える江戸時代の人々の暮らしを一緒に想像してみましょう。

「お化け」のお話をしましょう・・・

そもそも「お化け」は妖怪や幽霊の総称のようですが、最近は妖怪「アマビヱ」が話題となっていますね。この妖怪は弘化3(1846)年4月の中旬頃、熊本(当時の肥後)の海に現れ、6年間の豊作と疫病の拡大を予言し、対策として自分の姿を描いて人々に見せなさい、と告げて海に消えていったといいます。かなり昔の話ですが、新型コロナウイルス拡大防止の影響で、突然に臨時休校が始まったころ、新型コロナウイルスの終息を願って、子どもたちが家で「アマビヱ」を描いてツイートし始めているという話題がニュースでも取り上げられていましたね。さて、今回は「アマビヱ」のような話を楽しむ子どもたちを描いた作品を取り上げます。

江戸時代の怪談の会・・・「百物がたり」

江戸時代には「百物がたり」というお化けの話を楽しむ怪談話の会があったそうで、「新板子供遊びの内 百物がたりのまなび」という作品にその様子が残されています。
「百物がたり」という遊びは、冬の晩に子どもたちが集まって行灯(あんどん)に百本(実際は数本)の灯心(明かりを灯す糸の束)を灯して、怪談を一つ語るごとに一つずつ消していき、百話目の怪談話が終わり全ての灯が消えると暗闇の中にお化けが現れるとされて行われた遊びだったそうです。

「百物がたり」の遊びから得られる学び

「百物がたり」は年齢の違う子どもたちが集まり、大人や友だちから聞いたことがある怪談話を語る会です。みんなを怖がらせるには「ドロドロ」とか「ヒュ~」という擬音を入れたり、道具を使ったり、身振り手振りで工夫を凝らして語ります。参加した子どもはちょっと怖いけど、楽しみながらいろいろな怪談話を集中して聞いて、自分のネタを人前で披露しながら、堂々と語れるようになっていったことでしょう。この浮世絵の題名に“百物がたりのまなび”とありますが、子どもたちにとっては「百物がたり」は江戸時代版のアクティブな学びだったのかもしれませんね。

百物語
『新板子供遊びの内 百物がたりのまなび』 歌川芳虎 天保頃(1830-1844)
畳には菓子袋、菓子をのせた盆、茶飲み道具などが無造作に置かれ、火鉢を囲んで正面の子どもが身振り手振りを入れながら怪談話を語っています。周りの子どもたちは興味津々で聞き入っています。部屋の中央には蝶の絵の屏風が立てられ、背後には行灯が置かれています。おやおや左奥の3人は話に参加しないで長火鉢の周りでお茶でも飲んでいたのでしょう。それを見つけた男の子が、こっちで話を聞け!と言わんばかりに屏風の陰からお化けの“かかし”で3人をおどかしたのでビックリして逃げ回っています。「百物がたり」を長火鉢を囲んで楽しんでいる様子から冬の夜の楽しみだったことがわかります。

関連リンク
くもん子ども浮世絵ミュージアム

関連記事

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2020/07/07更新

Vol.362 浮世絵から見える江戸時代の人々「七夕」

裁縫や手習い、技芸の上達を願って ~人々の暮らしと「七夕」の関係~

KUMONグループの活動  2020/01/07更新

Vol.338 浮世絵から見える江戸時代の人々

『福づくし』でおめでたい1年に

KUMONグループの活動  2020/06/02更新

Vol.357 浮世絵に描かれた遊び

「ままごと」遊びがうつし出すもの ~子どもの遊びから見える人々の暮らし~

KUMONグループの活動  2020/10/06更新

Vol.373 浮世絵から見える江戸時代の人々「神無月」

神無月に人々の暮らしに寄りそう留守神 ~商売繁盛と五穀豊穣を祈って~

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/01/12更新

Vol.386 公文書写-家族で学習

どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2020/12/22更新

Vol.384 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑨            <100点主義>

KUMONグループの活動  2020/12/15更新

Vol.383 浮世絵に見る江戸時代の年の瀬と子どもたち

寒さに負けず元気に遊ぶ子どもたち ~江戸時代の人々の暮らし~

KUMONグループの活動  2020/12/08更新

Vol.382 本のなかで、自由な心で過ごしてみよう

さあ、どんな本を読もう? くもん出版オススメ 冬休みに読んでみたい本

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!