スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2014/12/10更新

Vol.015

リハビリ医 橋本圭司先生  後編

みんなが同じでなくていい
自分の「できる!」「得意」を知って、
それを伸ばそう

橋本 圭司 (はしもと けいじ)

1973年東京都生まれ。1998年東京慈恵会医科大学医学部卒業後、東京都リハビリテーション病院リハビリテーション科、神奈川リハビリテーション病院リハビリテーション科、東京医科歯科大学難治疾患研究所神経外傷心理研究部門准教授などを経て、2009年2月より国立成育医療研究センターリハビリテーション科医長、発達評価センター長、2013年より医療安全管理室長。
※本文中では「リハビリテーション」を「リハビリ」と略して表記しています。

日本でも数少ない小児専門のリハビリテーション医として活躍される橋本圭司先生。病気やケガの治療後のリハビリはもとより、言葉がうまく出ない、身体のバランスが悪い、手先が不器用、問題行動があるなど、ほかの子とは「ちょっと違う子どもたち」やその親たちと、日々向き合っています。ご自身も「早産で低出生体重児のため発達がゆっくりだった」と話す橋本先生が、診療現場で見てきたこと、見えてきたこととは?

変わったのは社会で、子どもは昔から変わっていないのでは?

リハビリ医 橋本圭司先生

このインタビューの冒頭(前編)で、「ほかの子とちょっと違う子が増えてきた」とお話ししましたが、とても大切なことを言い忘れていました。子育てという視点で考えると、「ほかの子とちょっと違う」のは、家族、とくにお母さんからすれば、すごく心配になってしまうでしょう。「ちょっと違う」ことが「発達上の問題」だとすれば、さらに不安になってしまうと思います。

でも考えてほしいのです。「ほかの子とちょっと違う」ことはいけないことなのでしょうか。たとえば「落ち着きがない」「集中力に乏しい」というのも表面上のことで、その子をよく見てみると「つぎつぎいろんなことに興味をもつ」ということがわかったりします。これは見方を変えれば、優れた能力と考えることができます。

あるとき、ADHDと診断された双子を育てているシングルマザーが来院しました。4歳の子ども二人は片ときもじっとしていられない状態。お母さんも日々の子育てでイライラが募り、ノイローゼ寸前の様子。守秘義務があるため詳しいことはお話しできませんが、私はお母さんに「子どもを預けて、仕事をしてみては?」と勧めました。お母さんは「とんでもない!」という表情で、半信半疑というより疑っていたと思います。

結果はどうだったかといえば、子どもたちは見事に落ち着きました。お母さんもイライラが消え、とても元気になりました。このケースは、お母さんがイライラして、子どももイライラ。その子どものイライラを見て、お母さんがさらにイライラ…という悪循環に陥っていたのだと思います。お母さんが子どもを預けるには勇気はいるけれど、子どもから少しでも離れる時間を作ったほうがいいと判断してのアドバイスでした。

もうひとつよかったのは、お母さんが子どもたちの「よいところ」「できること」を見つけられるようになったことです。「集中するときはすごく集中する」「好き嫌いなく食べてくれる」といったことがわかると、お母さんの子どもの見方が変わってきます。そうなると、子どもたちは、そのお母さんの見方に応えようします。好循環になったのですね。

「ほかの子とちょっと違う子」は昔からいたはずですが、地域の絆というか、つながりが深かったため、お母さんひとりが悩むことは少なかったと思います。また、「みんな同じ」でなくても、「個性」として受け入れてくれる社会があったのだと思います。いまは「ほかの子とちょっと違う」ことが、「発達上の問題」とみなされることが多すぎるような気もします。子どもたちは何も変わっていなくて、変わったのは社会のほうではないでしょうか?

そういった意味で現代の日本は、子どもたちにとって生きづらいのかもしれません。そんな変わりゆく時代でも、普遍的なこととして、子どもたちと親御さんたちにぜひお勧めしたいことが3つあります。「規則正しい生活をする」「本をよく読む」「親子でできるだけ長い時間を過ごす」ということです。とくに3つ目は、共働きや塾通いなどにより、実行するのはむずかしいかもしれませんが、取り組むべき早急のテーマです。そうすれば「ほかの子とちょっと違う子」「発達に問題があるとされる子」はおそらく減っていくでしょう。

そのためにも、これからの時代に最も必要なのは、お母さんが笑顔で子育てができるようになるための社会環境の整備です。医療界に身を置く私としては、「女性医師がどうしたら笑顔で働きつづけられるか」ということが、これからの大きな課題だと考えています。

10年後、20年後はさらに高齢者が増え、子どもが少なくなり、世の中は想像できないほど変わっているでしょう。そのとき、この社会に生きるすべての人たちが笑顔で毎日を送っているか。そういうことを、みんなでもっと真剣に話し合い、その実現をめざして行動に移していければいいなと思っています。


 

リハビリ医 橋本圭司先生   

前編のインタビューから

– 「リハビリ専門医」の橋本先生がめざす医療とは?
– この10年で「ほかの子とちょっと違う子」が増えた理由
– 「プロレスラーになりたい!」と本気で思っていた小学生時代

 

 
関連記事

2014/12/05更新

Vol.015 リハビリ医 橋本圭司先生

みんなが同じでなくていい 自分の「できる!」「得意」を知って、 それを伸ばそう

2015/03/20更新

Vol.019 眼科医 高橋広先生

寄り添うことで、人がもつ力を見つけ最大限に引き出し、ときには背中を押す

2015/05/22更新

Vol.021 小児科医 田中恭子先生

「自分には何ができるか」。 “気付き”を一歩先につなげること、 をつねに問いつづけ子どもたちと ご家族によりそう医療をめざす

2015/03/27更新

Vol.019 眼科医 高橋広先生

寄り添うことで、 人がもつ力を見つけ最大限に引き出し、 ときには背中を押す

2013/12/20更新

Vol.004 心療内科医 明橋大二先生

人としての「幸せ」に必要なものは何か 学びやしつけの土台となる 自己肯定感を育もう

バックナンバー

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2021/03/26更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.420
英語最終教材修了された野菜ソムリエプロ・
緒方湊さんが語る学び続ける大切さ
好きなことを探求する先に出合う無限の可能性
Vol.419
TOEFL Primary® TOEFL Junior®のテスト対策に新サービス
ファミマプリントで TOEFL Primary® TOEFL Junior® の練習問題が24時間365日入手可能に!
Vol.418
SNSを通じて楽しく学ぶコンテンツを配信しています!
読書の秋! 大人の学び応援キャンペーン
Vol.417
アブダビの小学校において公文式による学力向上貢献事業を実施しています
ADNOC、JODCO、KUMONの3社による アブダビ事業が 令和3年度「日本型教育の海外展開(EDU-Portニッポン)応援プロジェクト」に採択されました
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.082 後編
タイガーモブCFO
上原丈弥さん
人生の可能性は無限大 「自分ではないもの」に身をゆだね 知らなかった「自分」に出会ってみよう
Vol.082 前編
タイガーモブCFO
上原丈弥さん
人生の可能性は無限大 「自分ではないもの」に身をゆだね 知らなかった「自分」に出会ってみよう
Vol.081
オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん
学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう
Vol.080
ライター/翻訳者
堀越英美さん
「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!