スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2014/12/10更新

Vol.015

リハビリ医 橋本圭司先生  後編

みんなが同じでなくていい
自分の「できる!」「得意」を知って、
それを伸ばそう

橋本 圭司 (はしもと けいじ)

1973年東京都生まれ。1998年東京慈恵会医科大学医学部卒業後、東京都リハビリテーション病院リハビリテーション科、神奈川リハビリテーション病院リハビリテーション科、東京医科歯科大学難治疾患研究所神経外傷心理研究部門准教授などを経て、2009年2月より国立成育医療研究センターリハビリテーション科医長、発達評価センター長、2013年より医療安全管理室長。
※本文中では「リハビリテーション」を「リハビリ」と略して表記しています。

日本でも数少ない小児専門のリハビリテーション医として活躍される橋本圭司先生。病気やケガの治療後のリハビリはもとより、言葉がうまく出ない、身体のバランスが悪い、手先が不器用、問題行動があるなど、ほかの子とは「ちょっと違う子どもたち」やその親たちと、日々向き合っています。ご自身も「早産で低出生体重児のため発達がゆっくりだった」と話す橋本先生が、診療現場で見てきたこと、見えてきたこととは?

本人も家族も喜ぶ医療をめざしての挑戦

リハビリ医 橋本圭司先生

リハビリを専門にすることに決めたのは、医学部生の後半のころから。医学的には治療が済んでいても障害が残り、そこに対応する医師が少ないことを知ったからです。医師としてスタートするときも、「そういう専門家がたくさんいたら、患者さんたちがもとの生活に早くもどれ、本人も家族も喜ぶだろうな。それをやろう」と意識してきました。

リハビリ医になったとき、運動機能を扱う専門医はけっこういましたが、心や認知の部分、つまり高次脳機能を扱う専門医はまだ少なかったので、それを専門にしようと決めたのも同じ理由でした。しばらくして高次脳機能障害については国も支援に乗り出し、支援環境がだんだんと整ってきたので、つぎに何が足りないだろうと考えたとき、小児のリハビリ専門医がほとんどいないことに気づき、その領域に飛び込んだのも、同じ思いからです。

いま、全国から、かつての自分と同じようなハイリスク児がたくさん来てくれています。責任重大ですが、「自分と同じような子を助けたい」という気持ちで子どもたちと向き合っています。でも最近思うのは、もしかしたら、「かつての自分を応援したい」という無意識の意識もあるのかも…ということです。

私はいま、医療安全管理室に所属し、そこの責任者として、成育医療研究センター全体の医療安全にも力を注いでいます。「リハビリの先生なのに、なぜ医療安全を?」とたずねられることもありますが、私のなかではすべてつながっていることなのです。

患者さんや家族はもちろんですが、医療従事者自身が安心して仕事に臨める環境を作ることも重要な仕事だと考えています。患者さんを第一に考えればこそ、医療従事者の心や身体の健康状態も考えなくてはいけません。疲れていたり不安定な状態だったりすると、医療ミスが起きてしまう可能性もあるので、真剣に取り組むべき課題と捉えています。

何事においても同じだと思いますが、心が安定していれば、穏やかで良い行動が生まれます。逆に不安だと、イライラしたりしてよくないことが起こりかねません。患者さんもわれわれも、みんなが安全で安心している状態が、最善の医療につながるのだと思います。

変化が著しい時代だからこそすすめる、3つの子育て実践とは?

関連記事

2014/12/05更新

Vol.015 リハビリ医 橋本圭司先生

みんなが同じでなくていい 自分の「できる!」「得意」を知って、 それを伸ばそう

2015/03/20更新

Vol.019 眼科医 高橋広先生

寄り添うことで、人がもつ力を見つけ最大限に引き出し、ときには背中を押す

2015/05/22更新

Vol.021 小児科医 田中恭子先生

「自分には何ができるか」。 “気付き”を一歩先につなげること、 をつねに問いつづけ子どもたちと ご家族によりそう医療をめざす

2015/03/27更新

Vol.019 眼科医 高橋広先生

寄り添うことで、 人がもつ力を見つけ最大限に引き出し、 ときには背中を押す

2013/12/20更新

Vol.004 心療内科医 明橋大二先生

人としての「幸せ」に必要なものは何か 学びやしつけの土台となる 自己肯定感を育もう

バックナンバー

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2021/03/26更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.420
英語最終教材修了された野菜ソムリエプロ・
緒方湊さんが語る学び続ける大切さ
好きなことを探求する先に出合う無限の可能性
Vol.419
TOEFL Primary® TOEFL Junior®のテスト対策に新サービス
ファミマプリントで TOEFL Primary® TOEFL Junior® の練習問題が24時間365日入手可能に!
Vol.418
SNSを通じて楽しく学ぶコンテンツを配信しています!
読書の秋! 大人の学び応援キャンペーン
Vol.417
アブダビの小学校において公文式による学力向上貢献事業を実施しています
ADNOC、JODCO、KUMONの3社による アブダビ事業が 令和3年度「日本型教育の海外展開(EDU-Portニッポン)応援プロジェクト」に採択されました
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.082 後編
タイガーモブCFO
上原丈弥さん
人生の可能性は無限大 「自分ではないもの」に身をゆだね 知らなかった「自分」に出会ってみよう
Vol.082 前編
タイガーモブCFO
上原丈弥さん
人生の可能性は無限大 「自分ではないもの」に身をゆだね 知らなかった「自分」に出会ってみよう
Vol.081
オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん
学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう
Vol.080
ライター/翻訳者
堀越英美さん
「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!