スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2014/02/21更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生  前編

学びの本質は、
過去を知って未来につなぐこと
子どもたちに伝えたい
をかなえるための4つの約束

川島 隆太 (かわしま りゅうた)
1959年生まれ。東北大学医学部卒業。同大学院医学系研究科修了。スウェーデン・カロリンスカ研究所客員研究員、東北大学助手、講師を経て、同大学加齢医学研究所・教授。

謎多き人間の脳について、見る・聞く・話す、さらに記憶・学習・手を動かすなど、どんな活動で、脳のどこが働くかを画像を使って調べる「ブレインイメージング研究」の日本における第一人者、川島隆太先生。『脳を鍛える大人のドリルシリーズ』の刊行や認知症高齢者への「学習療法」の実践などにより、研究成果を広く社会に還元しています。一方で、現代の社会環境は「子どもの脳の発達によくない」とも。脳科学者の視点から「脳」と「学び」の関係に迫ります。

研究成果を社会で活用してもらうのが研究者の務め

その後大学院まで進学はしましたが、くだんの装置の使い方がわからない状況だったので、まずはサルの脳の研究をと、京都大学に内地留学をします。そこで「おもしろい論文がある」と紹介されたのが、スウェーデンのカロリンスカ研究所のローランド博士の論文でした。人が考えているときの脳の働きをポジトロンCTを使って測定することができたという内容で、まさに僕がやりたかったこと。「やられた!」と思ったと同時に、「この人のもとで勉強しよう」と決め、大学院終了後すぐに博士あてに手紙を書きました。

とてもラッキーなことに、博士が助手を探していた時期にちょうど重なり、「すぐおいで」と返事が来て、脳の研究者として必要なあらゆることを教わりました。「朝、誰より早く大学に行って仕事しろ」とか「正しいことを正しい方法で行え」といった教えも守り続けました。だからこそ今の僕があると思っています。

脳の研究のノウハウを日本に持ち帰った僕は、そのお蔭でさまざまな研究の機会に恵まれました。ただ、国立大学の研究というのは、国民の税金によって支えられていますから、自分のやりたい研究だけしているのでは不十分で、成果を社会に還元し活用してもらうのが義務です。その還元先としてもっとも役立つのは、子どもの教育だと考え、子どもを対象に研究しようとしましたが、当時は倫理的に問題があるとして実現できませんでした。

そこで対象を認知症(以前は「痴呆症」と呼称)の高齢者に変更しました。普通の大人だと脳はすっかり発達しているし、さまざまな能力を身につけているので、新たな能力を獲得する過程は見えづらいからです。認知症の方に私たちが提案することをしていただき、それが良い影響があるとの結果がでれば、子どもたちにとっても良い影響があるのでは、と考えたのです。

けれども、研究のフィールドをどこにするかで困っていました。そんなとき、公文教育研究会から福岡県の高齢者施設(特別養護老人ホーム)を紹介されました。さっそく、そこにいらっしゃる高齢者の方々の協力を得て、「読み書き計算」の学習をしてもらい、学習を通して高齢者と支援者(施設スタッフ)とがコミュニケーションするという試みを行い、その効果を科学的に検証することにしました。2001年のことでした。

とはいえ、初めのうちは施設のスタッフはこの試みには否定的だったようで、みなさん醒めた眼をしていました。ところが、スタートから1~2ヵ月もすると、「これまで見たこともない変化が、読み書き計算をしている高齢者に起きている」という報告が来はじめました。

認知症になると、脳の機能の低下をゆっくりにすることはできても回復は見込めない、というのが医学の見解でしたから、最初、その施設から報告を受けた僕は「嘘をつくな」と信じられませんでした。しかし現場に行き、報告が真実だとわかりました。信じられない光景を目の当たりにすることになったからです。昔の自分を取り戻した人、尿意がもどりオムツがとれてしまった人まで出てきたのです。

この予想外の驚くべき結果を受け、『学習療法』という療法として立ち上げ、公文教育研究会と一緒に展開することになりました。学習療法は、認知症の予防と改善のために全国の高齢者施設や自治体(脳の健康教室として)で導入が進み、各地で大きな成果が出ていますが、まだまだこれからという段階です。

※学習療法はアメリカの高齢者施設でも導入され、その実践がドキュメンタリー映画『僕がジョンと呼ばれるまで』(制作:仙台放送)になりました。2014年3月に一般劇場で公開され、現在は自主上映方式で見られるようになっています。(下記、関連リンクからどうぞ)

関連リンク
東北大学 川島隆太研究室
ドキュメンタリー映画「僕がジョンと呼ばれるまで」ドキュメンタリー映画『僕がジョンと呼ばれるまで』メイキングストーリー 学習療法-映画『僕がジョンと呼ばれるまで』自主上映の広がり

 

関連記事

2014/02/28更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生

学びの本質は、 過去を知って未来につなぐこと 子どもたちに伝えたい “夢をかなえるための4つの約束“

2013/10/25更新

Vol.002 脳科学者 泰羅雅登先生

ヒトには「学びたい」という本能があり、「やった!」「できた!」で強化される

KUMONグループの活動  2014/02/12更新

Vol.023 学習療法-誕生秘話

「学習療法」誕生秘話 高齢者介護実践者と脳科学・心理学研究者チームとの出会いと大きな発見

KUMONグループの活動  2014/06/10更新

Vol.040 学習療法シンポジウム

学習療法・脳の健康教室を 最大限に活かす 学習療法シンポジウムin福岡(第10回全国学習療法研究大会)

2013/10/18更新

Vol.002 脳科学者 泰羅雅登先生

ヒトには「学びたい」という本能があり、「やった!」「できた!」で強化される

バックナンバー

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

2019/11/01更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

2019/07/12更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

2019/06/28更新

Vol.055 東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生

「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.339
南アフリカの公文式教室
一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を
Vol.338
浮世絵から見える江戸時代の人々
『福づくし』でおめでたい1年に
Vol.337
特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON
2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」
Vol.336
ブルガリアに公文式教室開設
夢に近づくお手伝いを
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.066 後編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.066 前編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.064
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!