スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2013/10/25更新

Vol.002

脳科学者 泰羅雅登先生  後編

ヒトには「学びたい」という本能が
あり、「やった!」「できた!」
強化される

泰羅雅登 (たいら まさと)

1954年三重県生まれ。東京医科歯科大学歯学部卒業。同大学大学院歯学研究科博士課程修了。元東京医科歯科大学 大学院 歯学総合研究科 認知神経生物分野教授。

読み聞かせは「心の脳」に働きかけ、豊かな感情を育む――読み聞かせの効果を科学的に初めて実証した泰羅雅登先生。今回は脳科学者である泰羅先生に、読み聞かせと脳の関係や、脳の研究を志したきっかけ、学びについての想いなどをうかがいました。

 

読み聞かせは「豊かな心を育てる」ことを脳科学的に実証

泰羅雅登先生

東京都の研究所のあと日本大学へ移り、さらにアメリカの大学へ留学し、「行動と脳の関係」の研究を霊長類でしていたのですが、留学から帰ってすぐ東北大学の川島隆太先生と知り合いになりました。そのとき川島先生は人の脳活動を計測する脳機能イメージングの最先端技術を留学先から日本に持ち帰ってこられたところでした。そのおかげで、日本ではまだほとんど行われていなかった脳機能イメージング研究を川島先生と一緒に始めることができました。これも、めぐり合わせ、いいタイミングとしか言いようがありません。2002年に仙台でHuman Brain Mappingという国際学会を開催したのは懐かしい思い出です。

脳機能イメージング研究を始めた結果、研究の幅が社会的な領域にまで広がりました。川島先生と一緒に高齢者対象の「学習療法」の立ち上げに関われたのもそうですし、心理学の先生方や公文との共同研究でもある「読み聞かせと脳の関わり」の研究もそうです。

読み聞かせについては、昔から「聞く力が養われる」「賢い子が育つ」などと言われてきましたが、科学的になぜなのかは検証されていませんでした。そこで、脳科学的に確かめようということで、研究が始まりました。

心理学の世界では「賢い子が育つ」といわれてきた読み聞かせですから、仮説では、「思考・記憶・創造などを司る前頭前野という部分が活動しているのでは?」と考えていました。しかし、子どもの頭にNIRS(近赤外線分光装置)という機器をつけて脳の働きを見たところ、前頭前野に活動は見られませんでした。

仮説は残念ながら崩れたのですが、こんどはfMRI(機能的磁気共鳴画像装置)という機器で調べてみると、大脳辺縁系と呼ばれる部分が活動していることがわかりました。この部分は、喜怒哀楽など心の動きや情動を司ります。そのため、僕はわかりやすく「心の脳」といっています。読み聞かせによって、「心の脳」が発達し、子どもは豊かな感情を育むことができる――そんな結果を導き出しました。

この結果は、公文式教室の先生方や図書館などで読み聞かせを実践している人たちに、大きな共感をもって受け入れてもらえました。読み聞かせしている人たちは、「自分がしている読み聞かせという行為は“知育”とか“本好きな子に育てよう”という方向性とは何か違う」という思いを持っておられたようです。それが、「子どもの“心の脳”に働きかけている」という解釈を聞いて、「スッと腑に落ちました」と納得されたのです。

このように、読み聞かせが脳のどの部分に働きかけているかを調べることで、どんな効果を生み出しているのか解明できたわけです。その後、「歌いかけ」も読み聞かせと同様に「心の脳」を活動させるということがわかりました。こうした科学的な立証もさることながら、子どもの顔を見つめながら歌ってあげたり、心を込めて語りかけたりすることが、子どもたちの心の安定につながっているのは間違いありません。親も子どもをよく見るようになり、コミュニケーションが深まります。読み聞かせや歌いかけは、親子の絆をしっかり育むのです。

高齢者の研究での大きな気づきとは?

関連記事

2013/10/18更新

Vol.002 脳科学者 泰羅雅登先生

ヒトには「学びたい」という本能があり、「やった!」「できた!」で強化される

2014/10/31更新

Vol.014 脳科学者 中村克樹先生

“できたらすぐにほめる”の くり返しで子どもは伸びていく

2014/02/28更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生

学びの本質は、 過去を知って未来につなぐこと 子どもたちに伝えたい “夢をかなえるための4つの約束“

2014/02/21更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生

学びの本質は、 過去を知って未来につなぐこと 子どもたちに伝えたい “夢をかなえるための4つの約束“

2014/10/24更新

Vol.014 脳科学者 中村克樹先生

“できたらすぐにほめる”の くり返しで子どもは伸びていく

バックナンバー

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2021/03/26更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

2020/10/23更新

Vol.064 神田外語大学 特任講師
上原雅子先生

言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.401
浮世絵に描かれた疫病除け「朱鍾馗」
浮世絵に描かれた疫病除け 朱色で描かれた鍾馗(しょうき)様 ~大切な子どもを疫病から守りたい~
Vol.400
知らないこと、不思議なことを考えてみよう
さあ、どんな本を読もう? くもん出版この春オススメの3冊
Vol.399
KUMONの取り組むSDGs
個人別教育による人材の育成を通じ、 地球社会に貢献する―KUMONは 持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。
Vol.398
家庭学習調査2020(3)
学習指導要領改訂後の認知と評価
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.076 後編
産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん
突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう
Vol.076 前編
産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん
突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう
Vol.075
株式会社ニューズピックス代表取締役社長CEO
坂本大典さん
ゴールを設定して他人と比較せず 自分のペースを自分でつくっていこう
Vol.074
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!