スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2014/02/28更新

Vol.006

脳科学者 川島隆太先生  後編

学びの本質は、
過去を知って未来につなぐこと
子どもたちに伝えたい
をかなえるための4つの約束

川島 隆太 (かわしま りゅうた)

1959年生まれ。東北大学医学部卒業。同大学院医学系研究科修了。スウェーデン・カロリンスカ研究所客員研究員、東北大学助手、講師を経て、同大学加齢医学研究所・教授。

謎多き人間の脳について、見る・聞く・話す、さらに記憶・学習・手を動かすなど、どんな活動で、脳のどこが働くかを画像を使って調べる「ブレインイメージング研究」の日本における第一人者、川島隆太先生。『脳を鍛える大人のドリルシリーズ』の刊行や認知症高齢者への「学習療法」の実践などにより、研究成果を広く社会に還元しています。一方で、現代の社会環境は「子どもの脳の発達によくない」とも。脳科学者の視点から「脳」と「学び」の関係に迫ります。

「ちょうどのむずかしさ」をくり返すと能力は伸びる

川島隆太先生

認知症の高齢者に「読み書き計算」を続けてもらうことで症状が回復する――これが普遍的に応用できれば、医療の常識も福祉の世界も変える大事件です。僕は本当は、子どもたちがより健やかに育つために我々は何をすればいいのか、ということをしっかり研究したいのですが、偶然にも社会的に大事なことを見つけてしまったので、現在もこの研究と学習療法の普及という実践活動を続けています。

並行して、大学生や動物を対象に基礎的な脳の研究を進めてきたところ、寺子屋の時代から脈々と続く「読み書きそろばん」が、脳科学的にも理にかなっていることがわかってきました。見えてきたのは、人間は「作動記憶(ワーキングメモリー)」という記憶力を積極的に使うことによって、脳の機能がどんどん良くなる、ということです。

作動記憶は日常的に使っている記憶力のひとつですが、残念なことに容量が小さい。しかし、「トレーニング」すれば、記憶力が伸びるだけでなく、脳の「前頭前野」という人間らしい心の働きを支えている一番大切な部分の体積が、増えていくことを発見しました。

子どもたちが「読み書き計算」を「ちょうどのむずかしさ」で継続して行うことは、まさに「トレーニング」そのものだったのです。その意味で、一人ひとりに「ちょうど」の学習を提供している公文式学習は、脳をトレーニングするのに効果的な学習方法といえるでしょう。

作動記憶は日々使っていますが、「ちょうどのむずかしさ」がポイントです。そうするには道具がいるし、「ながら作業」ではなく、意識しないとできません。多くの人が年齢とともに脳の機能が低下してしまうのは、意識してトレーニングしていないからです。脳には自然に発達する時期がありますが、高齢になると機能が低下していきます。けれども、トレーニングを続けていれば機能低下は防ぐことができます。

川島先生が「現代の生活事情や社会環境は子どもを育むためには最悪」と考える理由とは?

関連記事

2014/02/21更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生

学びの本質は、 過去を知って未来につなぐこと 子どもたちに伝えたい “夢をかなえるための4つの約束“

2013/10/25更新

Vol.002 脳科学者 泰羅雅登先生

ヒトには「学びたい」という本能があり、「やった!」「できた!」で強化される

KUMONグループの活動  2014/06/10更新

Vol.040 学習療法シンポジウム

学習療法・脳の健康教室を 最大限に活かす 学習療法シンポジウムin福岡(第10回全国学習療法研究大会)

KUMONグループの活動  2014/02/12更新

Vol.023 学習療法-誕生秘話

「学習療法」誕生秘話 高齢者介護実践者と脳科学・心理学研究者チームとの出会いと大きな発見

KUMONグループの活動  2020/05/19更新

Vol.355 フコクしんらい生命との協働

認知症の方とご家族が安心して暮らせる社会づくりを目指して ~認知症予防セミナー~

バックナンバー

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2021/03/26更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

2020/10/23更新

Vol.064 神田外語大学 特任講師
上原雅子先生

言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.401
浮世絵に描かれた疫病除け「朱鍾馗」
浮世絵に描かれた疫病除け 朱色で描かれた鍾馗(しょうき)様 ~大切な子どもを疫病から守りたい~
Vol.400
知らないこと、不思議なことを考えてみよう
さあ、どんな本を読もう? くもん出版この春オススメの3冊
Vol.399
KUMONの取り組むSDGs
個人別教育による人材の育成を通じ、 地球社会に貢献する―KUMONは 持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。
Vol.398
家庭学習調査2020(3)
学習指導要領改訂後の認知と評価
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.076 後編
産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん
突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう
Vol.076 前編
産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん
突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう
Vol.075
株式会社ニューズピックス代表取締役社長CEO
坂本大典さん
ゴールを設定して他人と比較せず 自分のペースを自分でつくっていこう
Vol.074
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!