スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2014/02/21更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生  前編

学びの本質は、
過去を知って未来につなぐこと
子どもたちに伝えたい
をかなえるための4つの約束

川島 隆太 (かわしま りゅうた)
1959年生まれ。東北大学医学部卒業。同大学院医学系研究科修了。スウェーデン・カロリンスカ研究所客員研究員、東北大学助手、講師を経て、同大学加齢医学研究所・教授。

謎多き人間の脳について、見る・聞く・話す、さらに記憶・学習・手を動かすなど、どんな活動で、脳のどこが働くかを画像を使って調べる「ブレインイメージング研究」の日本における第一人者、川島隆太先生。『脳を鍛える大人のドリルシリーズ』の刊行や認知症高齢者への「学習療法」の実践などにより、研究成果を広く社会に還元しています。一方で、現代の社会環境は「子どもの脳の発達によくない」とも。脳科学者の視点から「脳」と「学び」の関係に迫ります。

中学時代、「自分の脳や心をコンピュータのなかに入れたい」という夢を抱く

僕が「脳の研究をしたい」と具体的にイメージするようになったのは、東北大学の医学生のとき。その当時、東京大学医学部で生理学を教えていた伊藤正男先生の『脳の設計図』(中央公論新社自然選書)という本に出会ったのがきっかけです。私たちの脳はコンピュータみたいな電気仕掛けの回路があって、脳がさまざまな働きをすることがわかってきた、と書かれていました。ならば、中学時代から僕が抱いていた「自分の脳や心をコンピュータの中に入れたい」という夢を実現できるのではないか、と思ったのです。

しかし当時は、人間の脳での研究はあまりされておらず、どうしたらいいか悩んでいました。そんなとき、たまたま出席した講義で、この東北大学に人間の脳の機能や働きを計測できるポジトロンCTという装置があることを知ります。ただ、誰も使ったことがなく使い方はわからないとのこと。「では、自分が使ってやろう」と、そこからは研究者になりたい一心で勉強に励み、その装置を使える大学院の研究室に進みました。

そもそも僕がなぜ、「自分の脳や心をコンピュータのなかに入れたい」と思うようになったかというと、中学生時代に女の子にふられたことがきっかけです。このとき「自分とは異なる他者がいる」ことを初めて現実的に捉え、「自分とは何か。なぜ自分はここにいるのか。なぜ人は地球に生まれたのか」を考えるようになりました。当時の僕が出した結論は、「人類最後の日をこの目で見れば、なぜ地球上に人間が発生したのかわかるかも」というものでした。しかし当然、自分が生きている間にその日は来ません。そこで思いついたのが、「自分の脳を機械のなかに入れる」ことだったのです。

こうして脳への興味が湧き、高校時代には「医学部に進みたい」と考えるようになりました。しかし僕は、小さいころから勉強とは縁遠い生活。浪人時代に生まれて初めてまじめに勉強し、志望の大学へ入学することができました。

高齢者施設で目の当たりにした信じられない光景とは?

関連記事

2014/02/28更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生

学びの本質は、 過去を知って未来につなぐこと 子どもたちに伝えたい “夢をかなえるための4つの約束“

KUMONグループの活動  2014/02/12更新

Vol.023 学習療法-誕生秘話

「学習療法」誕生秘話 高齢者介護実践者と脳科学・心理学研究者チームとの出会いと大きな発見

2013/10/25更新

Vol.002 脳科学者 泰羅雅登先生

ヒトには「学びたい」という本能があり、「やった!」「できた!」で強化される

KUMONグループの活動  2014/06/10更新

Vol.040 学習療法シンポジウム

学習療法・脳の健康教室を 最大限に活かす 学習療法シンポジウムin福岡(第10回全国学習療法研究大会)

2013/10/18更新

Vol.002 脳科学者 泰羅雅登先生

ヒトには「学びたい」という本能があり、「やった!」「できた!」で強化される

バックナンバー

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

2019/11/01更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.366
浮世絵から見える江戸時代の人々「お守り」
災いから子どもを守りたい ~浮世絵から見える母親の愛情~
Vol.365
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点④            <家庭教育>
Vol.364
本のなかで、自由な心で過ごしてみよう
さあ、どんな本を読もう? くもん出版オススメ 夏休みに 読んでみたい本
Vol.363
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(1)
親子コミュニケーションに工夫を! ~ことばの力を鍛えよう~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.071 前編
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
Vol.069
米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん
「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える
Vol.068
バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん
「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!