スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2014/02/21更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生  前編

学びの本質は、
過去を知って未来につなぐこと
子どもたちに伝えたい
をかなえるための4つの約束

川島 隆太 (かわしま りゅうた)
1959年生まれ。東北大学医学部卒業。同大学院医学系研究科修了。スウェーデン・カロリンスカ研究所客員研究員、東北大学助手、講師を経て、同大学加齢医学研究所・教授。

謎多き人間の脳について、見る・聞く・話す、さらに記憶・学習・手を動かすなど、どんな活動で、脳のどこが働くかを画像を使って調べる「ブレインイメージング研究」の日本における第一人者、川島隆太先生。『脳を鍛える大人のドリルシリーズ』の刊行や認知症高齢者への「学習療法」の実践などにより、研究成果を広く社会に還元しています。一方で、現代の社会環境は「子どもの脳の発達によくない」とも。脳科学者の視点から「脳」と「学び」の関係に迫ります。

中学時代、「自分の脳や心をコンピュータのなかに入れたい」という夢を抱く

僕が「脳の研究をしたい」と具体的にイメージするようになったのは、東北大学の医学生のとき。その当時、東京大学医学部で生理学を教えていた伊藤正男先生の『脳の設計図』(中央公論新社自然選書)という本に出会ったのがきっかけです。私たちの脳はコンピュータみたいな電気仕掛けの回路があって、脳がさまざまな働きをすることがわかってきた、と書かれていました。ならば、中学時代から僕が抱いていた「自分の脳や心をコンピュータの中に入れたい」という夢を実現できるのではないか、と思ったのです。

しかし当時は、人間の脳での研究はあまりされておらず、どうしたらいいか悩んでいました。そんなとき、たまたま出席した講義で、この東北大学に人間の脳の機能や働きを計測できるポジトロンCTという装置があることを知ります。ただ、誰も使ったことがなく使い方はわからないとのこと。「では、自分が使ってやろう」と、そこからは研究者になりたい一心で勉強に励み、その装置を使える大学院の研究室に進みました。

そもそも僕がなぜ、「自分の脳や心をコンピュータのなかに入れたい」と思うようになったかというと、中学生時代に女の子にふられたことがきっかけです。このとき「自分とは異なる他者がいる」ことを初めて現実的に捉え、「自分とは何か。なぜ自分はここにいるのか。なぜ人は地球に生まれたのか」を考えるようになりました。当時の僕が出した結論は、「人類最後の日をこの目で見れば、なぜ地球上に人間が発生したのかわかるかも」というものでした。しかし当然、自分が生きている間にその日は来ません。そこで思いついたのが、「自分の脳を機械のなかに入れる」ことだったのです。

こうして脳への興味が湧き、高校時代には「医学部に進みたい」と考えるようになりました。しかし僕は、小さいころから勉強とは縁遠い生活。浪人時代に生まれて初めてまじめに勉強し、志望の大学へ入学することができました。

高齢者施設で目の当たりにした信じられない光景とは?

関連記事

2014/02/28更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生

学びの本質は、 過去を知って未来につなぐこと 子どもたちに伝えたい “夢をかなえるための4つの約束“

2013/10/25更新

Vol.002 脳科学者 泰羅雅登先生

ヒトには「学びたい」という本能があり、「やった!」「できた!」で強化される

KUMONグループの活動  2014/02/12更新

Vol.023 学習療法-誕生秘話

「学習療法」誕生秘話 高齢者介護実践者と脳科学・心理学研究者チームとの出会いと大きな発見

KUMONグループの活動  2014/06/10更新

Vol.040 学習療法シンポジウム

学習療法・脳の健康教室を 最大限に活かす 学習療法シンポジウムin福岡(第10回全国学習療法研究大会)

2013/10/18更新

Vol.002 脳科学者 泰羅雅登先生

ヒトには「学びたい」という本能があり、「やった!」「できた!」で強化される

バックナンバー

2019/05/17更新

Vol.054 関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生

「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう

2019/03/08更新

Vol.053 教育実践「響の会」会長
角田明先生

愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう

2019/02/01更新

Vol.052 國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生

江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう

2018/11/30更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生

心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう

2018/09/28更新

Vol.050 大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生

「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.312
『遊べる浮世絵展』
くもんの子ども浮世絵コレクション 『遊べる浮世絵展』 これにておひらきにてそうろう
Vol.311
公文書写-百人百筆編
世代を超えて楽しむ ちょっとすてきな「書写のあるくらし」 ~公文エルアイエル~
Vol.310
社員の学び合い
より多くの子どもたちに 公文式を届けたい ~国や地域を越えて学び合う社員~
Vol.309
KUMONの海外展開~ルーマニア~
ルーマニアに公文式教室開設
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.063 後編
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.063 前編
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
Vol.061
イラストレーター
ながおかえつこさん
迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには
「夢」があります。
教育を通じて
世界平和に
貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。