スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2013/12/27更新

Vol.004 心療内科医 明橋大二先生  後編

人としての「幸せ」に必要なものは何か
学びやしつけの土台となる
自己肯定感を育もう

明橋 大二 (あけはし だいじ)
1959年大阪府生まれ。京都大学医学部卒業。国立京都病院内科、名古屋大学医学部付属病院
精神科、愛知県立城山病院を経て、現在は真生会富山病院心療内科部長のほか、児童相談所
嘱託医、スクールカウンセラー、NPO法人子どもの権利支援センターぱれっと理事長を兼務。専
門は精神病理学、児童思春期精神医療。

子育てに奮闘する母親たちのバイブルともいえる超ベストセラーシリーズ『子育てハッピーアドバイス』の著者、明橋大二先生。心療内科医として「自己肯定感の大切さ」を説くと同時に、子育て中の親支援の必要性も訴え、スクールカウンセラーとしても活躍中です。そのアグレッシブな活動の源にあるものとは? ご自身の生い立ちもふり返っていただきながら、子どもの育ちに大切なことについてうかがいました。

「ありがとう」と言われることが、私のエネルギーの源

私が理事長を務めているNPO法人「子どもの権利支援センターぱれっと」では「親の会」も開催していて、親支援の重要な活動のひとつと位置づけています。この会は、マンツーマンでアドバイスするのではなく、ほかの親の悩みに共感したり、自分がアドバイスする側になったりします。はじめのうちは支援される側だった親がだんだんと支援する側になり、「ありがとう」と言われます。そうしたくり返しで、皆が元気になっていくのです。「親の会」を立ち上げたばかりのころは、会の開始から終わりまで、みな私にアドバイスを求める感じでしたが、現在は会の始めのほうはともかく、会の終盤になると、私の入る余地はなく、親同士で盛り上がります。それでいいんです。

ところで、私の自己肯定感はというと、けっして高いとはいえない子どもでした。自分の本音を出したら嫌われるのではと、人に合わせるいわゆる「いい子」で、自分のことも好きではありませんでした。それが「こんな自分でもいいのかな」と思えるようになったのは、本を書くようになって、いろんな方たちが「本を読んで助けられました」と読者カードを寄せてくださるようになってからです。それで、ようやく「自分がしていることも少しは意味があるのかな」と思えるようになりました。医者としてつらいことがあると、「私が医者でいいのかな……」と思うときもあります。それでも続けていられるのは、「おかげで良くなりました」「ありがとう」と言われることがあるからです。

講演に呼ばれるのも嬉しいですし、本音トークのなかで、「同じ思いでやっているんだな」と、人とのつながりを実感します。「親の会」に参加される親御さんたちと同じで、私も共感されたり「ありがとう」と感謝されたりすることで自分が肯定され、元気になっていく。大人でもそうなのですから、成長さかんで多感な子どもならなおさらでしょう。

子どものことでイライラする理由とは?

関連記事

2013/12/20更新

Vol.004 心療内科医 明橋大二先生

人としての「幸せ」に必要なものは何か 学びやしつけの土台となる 自己肯定感を育もう

2014/03/20更新

Vol.007 発達心理学者 田島信元先生

もって生まれた学習能力は衰えることはない人は生涯にわたって発達し続ける

2019/11/08更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

2015/05/29更新

Vol.021 小児科医 田中恭子先生

「自分には何ができるか」。 “気付き”を一歩先につなげること、 をつねに問いつづけ子どもたちと ご家族によりそう医療をめざす

2015/05/22更新

Vol.021 小児科医 田中恭子先生

「自分には何ができるか」。 “気付き”を一歩先につなげること、 をつねに問いつづけ子どもたちと ご家族によりそう医療をめざす

バックナンバー

2020/10/23更新

Vol.064 神田外語大学 特任講師
上原雅子先生

言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.375
受験にもTOEFL Primary®、TOEFL Junior®!
日々の英語力を測定できる TOEFL Primary® TOEFL Junior® 入試での活用もますます進展!
Vol.374
感染対策の中での学習療法
こんなときだからこそ 笑顔で過ごしていただきたい ~学習療法のいま~
Vol.373
浮世絵から見える江戸時代の人々「神無月」
神無月に人々の暮らしに寄りそう留守神 ~商売繁盛と五穀豊穣を祈って~
Vol.372
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑥            <ちょうどの学習>
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!