KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2013/12/03更新

Vol.014 ミーテ-読み聞かせアンケート  

読み聞かせ
アンケート2013発表!
ご家庭で読み聞かせをする理由とその効果とは…?

絵本・子育てをテーマにしたコミュニティサイト「ミーテ」で会員対象にアンケート調査を実施したところ、約9割のご家庭が「1歳までに読み聞かせを始めた」と回答。親子のコミュニケーションの一環として、絵本の読み聞かせが楽しまれ、子どもの変化や成長に気づく機会となっていることがわかりました。

「読み聞かせを1歳頃までに始めた」というご家庭が87%

読み聞かせを始めた年齢を聞く質問で、割合が一番多かったのは、「生後~6ヵ月の間に始めた」というご家庭で、51.4%でした。

あるお母さんは、「内容はわからなくても絵を見て刺激を与えることが大切だと思い、2ヵ月になった日から始めてみました。ジーっと絵を見ていることが多く、嬉しそうに笑ったり声を出したりする姿を見て、“小さすぎて絵本がわからないなんてことはないんだ!”と心強く感じ、それ以来毎日読み聞かせをしています」とコメントを寄せてくれました。

次いで、胎教から始めたというご家庭が18.3%、0歳7ヵ月~1歳0ヵ月の間に始めたというご家庭が17.6%と続きました。

読み聞かせをする理由とその効果とは?

お子さまに読み聞かせをする理由で「とてもそう思う」「そう思う」を合わせた割合が90%を超えたのは、「子どもの心を育てたいので読み聞かせをしている(94.4%)」、「子どもが絵本からいろいろな世界を知ってほしいので読み聞かせをしている(91.2%)」の2項目でした。

また、読み聞かせをしてよかったことでは、「親子のふれあいやコミュニケーションが深まった(91.4%)」、「子どもが絵本が好きになった(86.2%)」、「子どもの成長に気づく機会が増えた(82.0%)」が上位3項目となりました。

「読み聞かせをしていて子どもの成長でうれしかったことや驚いたこと」について具体的なエピソードも多数寄せられました。

・赤ちゃんの頃、ミッフィーの絵本を読み聞かせしていたが、読まなくなって半年くらい経った頃、急にその絵本の中の言葉をしゃべった時は、びっくりしました。読んでいた時期は興味がないのかと思っていましたが、そうではなく、まだその言葉がしゃべれなかっただけで、ちゃんと心に届いていたんだ!と、嬉しくなりました。

・『ボクものがたり』(金の星社)を読んだ際、主人公が捨てられたシーンから涙ぐみ、読み終わる頃には声をあげて泣いていた。楽しいばかりじゃないお話でも、ちゃんと理解して、悲しみを感じることができるようになったと、子どもの成長を感じた。

・上の子が1歳半位の頃、『よるくま』(偕成社)が大好きで、毎日読んでいるうちにすっかり覚えてしまい、字も読めないのに毎晩私に読んでくれました。それも男の子の台詞は、なりきって情感たっぷりに……。 あの幸せな時間と娘の声は一生忘れません。

親子の読み聞かせが楽しくなる、ママ・パパの読み聞かせの工夫とは?

「親子でどのように読み聞かせをしているか」という質問からは、「子どもと会話ややりとりをしながら読んでいる(76.2%)」、「絵本と実生活を結びつけるような遊びや声かけなどをしている(71.4%)」など、絵本の文字どおりそのまま読むだけでなく、子どもの様子に合わせて読み聞かせをされていることがわかりました。

また、日常の読み聞かせでは、「絵本選び」、「読み聞かせ方」「雰囲気づくり」といった、さまざまな工夫がなされていることがわかりました。

【絵本えらびの工夫】
自分で選んだ本と、子どもが選んだ本を読むようにしている。順番も子どもに決めてもらい、子どもが選んだ本は必ず「いい本を選んだね」と言うようにしている。

【読み聞かせ方の工夫】
登場人物によって声を変えたり、抑揚をつけて読んでいる。歌のところは自分で思いつくままのメロディにのせて歌ったり。そのようにして読むことで、自分自身も楽しんでいる。

【雰囲気づくりの工夫】
寝る前に読むことが多いので、興奮させ過ぎないように、なるべく語りかけるように優しく読むようにはしている。

関連リンク

関連記事

調査・研究・アンケート  2016/01/25更新

Vol.132 日本子育て学会でBaby Kumonの効果を発表

母子間のコミュニケーションツール としてのBaby Kumon

調査・研究・アンケート  2015/08/04更新

Vol.098 0~3歳児の母親の意識調査

0~3歳の子がいる母親に聞きました 子どもとの時間、増やしたいのは 「読み聞かせ」の時間 「0〜3歳児と母親に関する意識と実態調査」結果

子育て・家庭学習  2015/06/16更新

Vol.091 くもんのすいせん図書

年齢や学年にとらわれない 「本選び」

KUMONグループの活動  2015/02/17更新

Vol.075 KUMONの寄附研究活動-親子のかかわりあい方

親子で過ごす時間が、子どもの 言語理解と関連脳領域に影響 (東北大学加齢医学研究)

調査・研究・アンケート  2015/01/27更新

Vol.072 大学生意識調査 -東京大学編

東大生がいまふり返る“心に残った教育”とは?「子どものころ、親にしてもらって感謝している教育とは?」現役東大生100人が回答

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/09/08更新

Vol.370 浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」

大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~

KUMONグループの活動  2020/09/01更新

Vol.369 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)

子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生

KUMONグループの活動  2020/08/25更新

Vol.368 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>

KUMONグループの活動  2020/08/11更新

Vol.367 あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編

絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い

KUMONグループの活動  2020/08/04更新

Vol.366 浮世絵から見える江戸時代の人々「お守り」

災いから子どもを守りたい ~浮世絵から見える母親の愛情~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.063 後編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.063 前編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!