スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2013/10/25更新

Vol.002 脳科学者 泰羅雅登先生  後編

ヒトには「学びたい」という本能が
あり、「やった!」「できた!」
強化される

泰羅雅登 (たいら まさと)
1954年三重県生まれ。東京医科歯科大学歯学部卒業。同大学大学院歯学研究科博士課程修了。元東京医科歯科大学 大学院 歯学総合研究科 認知神経生物分野教授。

読み聞かせは「心の脳」に働きかけ、豊かな感情を育む――読み聞かせの効果を科学的に初めて実証した泰羅雅登先生。今回は脳科学者である泰羅先生に、読み聞かせと脳の関係や、脳の研究を志したきっかけ、学びについての想いなどをうかがいました。

「ちょうどいい」「ほめる」「くり返し」が、「学ぶ遺伝子」をONにする

では、何が「学ぶ遺伝子」をONにしたのでしょうか。また、どうすれば「学ぶ遺伝子」をONにできるのでしょうか。そのポイントは、公文式ではないですが、「ちょうどいい」「ほめる」と、その結果としての「くり返し」にあると思います。

僕には子どもが二人いますが、上の男の子が小さい時に、計算プリントを手作りしてやらせていました。くり上がりの計算ができたら、つぎは筆算というように、段階を踏み、ちょっとむずかしいかなと思ったら、簡単な問題に戻ったりしていました。当時、僕は公文式を知りませんでしたが、ほとんど同じことをわが子にしていたわけです。

むずかしすぎない、かといって易しすぎない「ちょうどいい」問題は、解き手に「やった!」「できた!」の気持ちをいだかせてくれます。そして、そのときに「よくできたね!」とほめてあげることで、解き手に「うれしさ」をあじあわせ、「もう一回!」のモチベーションを高めます。

また、つまずいたら少し簡単なところに戻し、こちらが手を出さずに、本人にやらせることで再度「やった!」「できた!」と満足感をいだかせるのです。

もう一つ、大きなポイントがあります。それは、「ちょうどいいを見つける」、「ほめる」ためには、解き手をよくよく観察している必要があるということです。学ばせる側の観察がないとこの方法は成功しないのです。

じつは研究で使っている動物(おさるさん)も全く同じです。テレビゲームのようなことを教えるのですが、彼らには言葉で説明することはできません。まずは装置に触っただけでほめてあげる(彼らの場合はえさやジュースをあげるのですが)と、本当に簡単なことからはじめ、コントローラーを操作して画面上のカーソルを自由に動かしゲームができるように学習させていくのです。この場合も彼らの隣にすわって、一日中お付き合いをするのです。

「やった!」「できた!」の体験を通じてほめてもらうことが「うれしさ」を生み出します。「うれしい、たのしい」体験は「またやろう」というモチベーションを高めます。そしてそのくり返しの結果、高齢者も子どもも(おさるさんも!)「学ぶ遺伝子」がONになるのだと思います。このやり方は学習の基本原理なのだと思います。

関連リンク
歌・読み聞かせの効果 Baby Kumon

関連記事

2013/10/18更新

Vol.002 脳科学者 泰羅雅登先生

ヒトには「学びたい」という本能があり、「やった!」「できた!」で強化される

2014/10/31更新

Vol.014 脳科学者 中村克樹先生

“できたらすぐにほめる”の くり返しで子どもは伸びていく

2014/02/21更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生

学びの本質は、 過去を知って未来につなぐこと 子どもたちに伝えたい “夢をかなえるための4つの約束“

2014/02/28更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生

学びの本質は、 過去を知って未来につなぐこと 子どもたちに伝えたい “夢をかなえるための4つの約束“

2014/10/24更新

Vol.014 脳科学者 中村克樹先生

“できたらすぐにほめる”の くり返しで子どもは伸びていく

バックナンバー

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

2019/07/12更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

2019/06/28更新

Vol.055 東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生

「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう

2019/05/17更新

Vol.054 関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生

「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう

2019/03/08更新

Vol.053 教育実践「響の会」会長
角田明先生

愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.326
メキシコの教室の “Big Man”
数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び
Vol.325
English Immersion Camp 2019
英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~
Vol.324
公文式の英語教材
子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に
Vol.323
親子のきずなづくり
「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!