スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2014/10/31更新

Vol.014 脳科学者 中村克樹先生  後編

できたらすぐにほめる”の
くり返しで子ども伸びていく

中村 克樹 (なかむら かつき)
1963年生まれ。京都大学大学院理学研究科修士課程修了後、同大霊長類研究所の助手に。国立精神・神経センター神経研究所モデル動物開発部部長などを経て、現在は高次脳機能分野の教授として、京都大学霊長類研究所内・人類進化モデル研究センター長を務める。

たったひとつの受精卵から、どうやって意識や感情が芽生えるまでになるのか――そんな疑問をきっかけに、研究の道を邁進されている京都大学霊長類研究所の中村克樹先生。脳の働きの特性において、いかに学習することが重要か、さらには言葉を使わないコミュニケーションの大切さについてもうかがいました。

サルの脳機能を調べることで、ヒトの病の解明につなぐ

国立精神・神経センターでの研究では、「コモンマーモセット」という400グラムくらいの小さいサルを飼って、いろいろな病気のモデルをつくり、研究を進めました。このサルは、群れではなく家族で生活して、目と目を合わせてコミュニケーションをとるなど、かなり人間に近く、ほかのサルには見られない特徴がたくさんあります。そのため、ヒトの病気や障害を研究するにはとても適しているのです。

マーモセットは、ある程度大きく育った子には厳しく、離乳したばかりの幼い子には寛容にと、ヒトの育児さながら、親の態度が変化するのですが、そこにある操作をしたことがあります。愛情ホルモンといわれているオキシトシンを脳に作用させると、ある程度大きく育った子にも親が寛容になることがわかったのです。こうした研究が進めば、愛着障害・幼児虐待・無視といった子育てに問題のある人の脳の状態も解明できるようになり、適切な対処法を探れるかもしれません。

動物やヒトも含め、障害や性格など、一匹一匹、一人ひとりの個体の成育に関係しているのは、遺伝子なのか環境なのか、まだよくわかっていませんが、もしかすると未知の何かが影響している可能性もあります。それに、生き物というのは、生存のためにはかなりすごいことをやってしまう場合があります。たとえば、周りにオスがいなくなったら、メスがオスに性転換して子孫を残す魚もいます。1つの個体がいくつかに切り分けられても、それぞれがもとの個体と同じになり、さらに増えていくというプラナリアのような生き物もいます。

そうした潜在能力は、もしかするとヒトにもあるのかもしれません。ただ、そうした能力は便利かもしれませんが、同時にややこしい事態を引き起こす可能性があるので、抑制されているのではないかと考えれば、それを何かの力か作用で外せば、また新たな能力が見つかるかもしれません。ちょっと怖い気もしますが……。

ヒトだけにある「微笑み合う」ことの大切さとは?

関連記事

2014/10/24更新

Vol.014 脳科学者 中村克樹先生

“できたらすぐにほめる”の くり返しで子どもは伸びていく

2014/02/21更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生

学びの本質は、 過去を知って未来につなぐこと 子どもたちに伝えたい “夢をかなえるための4つの約束“

2014/02/28更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生

学びの本質は、 過去を知って未来につなぐこと 子どもたちに伝えたい “夢をかなえるための4つの約束“

2013/10/18更新

Vol.002 脳科学者 泰羅雅登先生

ヒトには「学びたい」という本能があり、「やった!」「できた!」で強化される

2013/10/25更新

Vol.002 脳科学者 泰羅雅登先生

ヒトには「学びたい」という本能があり、「やった!」「できた!」で強化される

バックナンバー

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

2019/11/01更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

2019/07/12更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

2019/06/28更新

Vol.055 東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生

「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.339
南アフリカの公文式教室
一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を
Vol.338
浮世絵から見える江戸時代の人々
『福づくし』でおめでたい1年に
Vol.337
特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON
2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」
Vol.336
ブルガリアに公文式教室開設
夢に近づくお手伝いを
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.066 後編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.066 前編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.064
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!