OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2022/01/07更新

Vol.085

株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL
荒木隆義さん  前編

可能性の芽が摘まれないよう
チャレンジできる機会
多くの人に提供したい

荒木 隆義 (あらき たかよし)

埼玉県生まれ。2013年慶應義塾大学総合政策学部卒業後、野村證券株式会社に入社。投資銀行部門にて、企業買収および資金調達の助言業務に従事。2017年5月クラウドファンディングの先駆企業CAMPFIREの関連会社、株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL取締役に就任。同社の融資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Owners」事業の立上げに携わり現在に至る(プロフィールはインタビュー時点)。

社会的意義のある中小企業などの新しい資金調達方法として注目されている「融資型クラウドファンディング」。CAMPFIRE SOCIAL CAPITALでその事業の責任者を務める荒木隆義さんは、大学時代に “機会の平等”の大切さに気づき、それを実現できる手段のひとつとしてクラウドファンディングの可能性にひかれました。ご自身は「機会は与えられていた」と振り返り、そのひとつに公文式教室に通っていたことをあげます。公文式学習で得たことや大学時代での学び、「融資型クラウドファンディング」の意義、今の日本における金融教育のあり方など、幅広くお話をうかがいました。

「学習支援で再犯を減らす」公文の取組みに共感

荒木 隆義

私は、純粋に「安全で利益が出る案件」だけではなく、「社会性・メッセージ性のある案件」を取り扱っていて、「他の投資サービスとは違うね」と思ってもらうサービスを作っていくことが大事だと思っています。

その案件のひとつがKUMONとの取組みです。これは、法務省が行う、「少年院出院者への再犯・再非行の防止の実現を目指した学習支援事業」に、KUMONが中心となる共同事業体が事業者として採択されたもので、我々は銀行などとともに資金提供者となっています。「CAMPFIRE Owners」で資金提供者を募ったということです。

事業内容に共感できたことに加え、SIB(Social Impact Bond)という手法を活用した事業であることが我々の興味をひきました。SIBは、「民間資金を活用して社会課題などの解決を目指す公民連携の取り組み」で、いわば「世の中をよくするための投資」であり、我々は以前からこの手法はクラウドファンディング向きだと考えていたのです。日本でSIBを普及させていくためには、業界トップで最も発信力があるクラウドファンディング事業者である自分たちがやらねばどこがやるのか、という自負と責任感がありました。そうした思いで一緒に事業を推進しています。

KUMONがこうしたことをやろうとすることに最初はおどろきましたが、教育で再犯防止をするのは適切な視点だと思いますし、そこにKUMONの教育コンテンツを使うのは合理的だと感じました。それに我々CAMPFIREのサービス自体、「いろんな人に多くの可能性をもってもらいたい」という思いを込めて提供しています。

CAMPFIREの創業者である代表の家入一真も、以前から「再チャレンジのきっかけ」を作り出すサービスを手がけたいと考えていました。そうした背景があるので、共感できるのはもちろん、我々の事業理念とも合致すると思っています。また、我々のサービスに関わっているお客さまには、今回の案件のような社会性の高い分野に関心をもつ方が多いので、その意味ではCAMPFIREとしても評価をいただけるのではないかと思います。

融資型クラウドファンディングで資金調達することで、個人の方々にKUMONの取組みや我々の事業を知ってもらう機会を持つことができたのもよかったと思います。今後も支援者へのさらなる情報発信を一緒にやっていきたいですね。

公文式学習で得られたものとは?

関連記事

2022/01/14更新

Vol.085 株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL
荒木隆義さん

可能性の芽が摘まれないよう チャレンジできる機会を 多くの人に提供したい

2017/12/01更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

2018/06/01更新

Vol.054 「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん

過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力

2021/05/14更新

Vol.077 株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん

人には自分で思う以上の可能性がある それを磨くために 解像度を上げて日常を見てみよう

2017/12/08更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

バックナンバー

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.450
子どもの自立を促すために生まれた「くもん さっぷりん」
KUMONが家庭での学習を応援します! ~「くもん さっぷりん」のヒミツ~
Vol.449
スマート・エイジングを支える公文式学習経験者
一人ひとりに向き合い 楽しく、その人に合った ちょうどの支援を
Vol.448
療育で活用される公文式
障害児・障害者支援施設から学ぶ 社会生活で必要な力をつけるためのヒント
Vol.447
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(後編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!