OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2021/11/12更新

Vol.083

映画監督
大川史織さん  前編

「楽しい」を真ん中に
やりたいことを全力で続けていれば
出会いを手繰り寄せられる

大川 史織 (おおかわ しおり)

神奈川県生まれ。2006年に第9代高校生平和大使の旅で、アウシュヴィッツ博物館公式ガイド中谷剛さんのツアーに感銘を受ける。2007年、日本統治や被爆の歴史のあるマーシャル諸島で聞いた日本語の歌に心奪われ、2011年慶應義塾大学法学部政治学科卒業後にマーシャルへ移住。ドキュメンタリー映画『タリナイ』(2018年)で初監督、編著書『マーシャル、父の戦場 ――ある日本兵の日記をめぐる歴史実践』(みずき書林)とともに、山本美香記念国際ジャーナリスト賞・奨励賞受賞。そのほかの編著書に『なぜ戦争をえがくのか ――戦争を知らない表現者たちの歴史実践』(みずき書林)。

マーシャル諸島で戦没した父を持つ74歳の「息子」の慰霊の旅に同行したドキュメンタリー映画『タリナイ』は、大林宣彦監督をして「フィロソフィーが映画になっている」と言わしめた秀逸な作品。監督を務めたのは大川史織さんです。映画からは「息子」や島の人々が大川さんに心を開いている様子が見て取れますが、実は大川さんはかつて人見知りがひどかったとか。人間関係が作れるようになったきっかけのひとつは公文式教室だったといいます。なぜマーシャル諸島へ行き映画を制作したのか、出会いに恵まれたこれまでの道のりを振り返りつつ、映像という手段をとり続ける理由などについてうかがいました。

勉強だけでなく「人間関係を作る場」だった公文式の教室

大川史織さん

神奈川県生まれの私は、6歳のときに父の転勤で名古屋へ引っ越しました。この引っ越しと、直後に弟が生まれたことで、人見知りだった私の人格が一変しました。人に話しかけるのが苦手だったのに、弟と一緒だと公園のブランコも「貸して」と言えたりして、「新しい明るい自分になれそう。世界が広がった」と、人と関わることの楽しさに気づきました。

公文式に通うようになったのもこの頃で、そこで新しい友だちをつくることもできました。母は、小学校に入る前に入学準備しておこうと考えていたのかもしれませんが、記憶にあるのは、名古屋の夏がとても暑くて「教室は冷房が効いているよ」と母にすすめられたことです。不純な動機ですよね(笑)。まさに寺子屋さながらの教室でした。11歳で名古屋から東京に引っ越ししてからも、近所の公文に通いました。「今日はやりたくないな」としぶしぶ行った日でも、みんなが学習しているのを見ると、自分もやる気になりましたね。

公文のよさは、学年の枠を越えて進めることだと思います。どんどん進んでトロフィーをもらえたのもいい思い出です。学習が先行していたので学校の算数と英語の授業は復習でした。公文のおかげで計算が得意になったほか、小学生のうちに英検準2級を取得できました。公文式に通っていなければ、少しでも「わからない」とつまずいたら「わからないものだ」とそこで終わりにしていたかもしれません。わからないところを明らかにすること、あきらめずにくり返し復習することの大切さを教えてもらいました。

何より私にとっては、公文の教室は人間関係をつくる場でした。クラスが違っても公文が一緒だと仲良くなれたり、わからないところを教えあったり。学校でも家でもないコミュニティが心地よかったのだと思います。

高校時代には、公文でフランス語を学んでいました。むしろ、先生に会いたいがために通っていました。とても魅力的な先生で、進路の相談もしていました。公文の先生方は、「学習はあくまでもきっかけ」と捉えているのではないでしょうか。単なる習い事ではなく、教室を離れてからもつながれる。それも公文式の良さだと思います。

マーシャル諸島に興味を持ったきっかけとは

関連記事

2021/11/19更新

Vol.083 映画監督
大川史織さん

「楽しい」を真ん中に やりたいことを全力で続けていれば 出会いを手繰り寄せられる

2016/07/29更新

Vol.035 経済学者 澤田康幸先生

学びの本質とは 「新しい発見」に行きつくこと 努力を怠らずにやり抜こう

2021/10/15更新

Vol.082 タイガーモブCFO
上原丈弥さん

人生の可能性は無限大 「自分ではないもの」に身をゆだね 知らなかった「自分」に出会ってみよう

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2016/08/05更新

Vol.035 経済学者 澤田康幸先生

学びの本質とは 「新しい発見」に行きつくこと 努力を怠らずにやり抜こう

バックナンバー

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.463
『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年
皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!