OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2021/10/22更新

Vol.082

タイガーモブCFO
上原丈弥さん  後編

人生の可能性は無限大
自分ではないもの」に身をゆだね
知らなかった「自分」に出会ってみよう

上原 丈弥 (うえはら ともや)

神奈川県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。在学中に公認会計士試験に合格し、大学卒業後PwCあらた有限責任監査法人に入社。2年弱の勤務を経て、2018年1月に教育スタートアップ企業であるタイガーモブに移る。主にバックオフィス業務、全社管理、法人営業、専門性に特化した研修プログラム開発・運営を担う。

公認会計士という専門性を生かし、教育スタートアップ企業のCFO(最高財務責任者)として活躍中の上原丈弥さん。同時に企画や営業など現場業務も担い、公文式学習で身につけた「課題をまとめる力」を発揮して事業推進に貢献しています。順風満帆に歩んでこられたように見受けられる上原さんですが、大学時代にインド合宿に参加したことで「自分」を知り、人生が思わぬ方向に動いたそうです。大手監査法人からスタートアップ企業に転身した理由や仕事への思い、今後のチャレンジなどについてうかがいました。

強みを生かそうと監査法人に就職
1年半後には「何が起こるかわからない」スタートアップへ

タイガーモブCFO上原丈弥さん

帰国後は学生団体に所属したり、プロボノを始めたりと、会計士ではない道の可能性を探りました。大学4年のときには、インド合宿を企画・運営していたメンターの方が独立して会社を立ち上げることを手伝うことになりました。それがいま所属しているタイガーモブです。立ち上げ当時に、そのままそこで働く選択肢もありましたが、インド合宿で気づいた「会計の知識がある」という自分のアイデンティティに、一度向き合ってみることにしました。

そうして予定通り会計士として監査法人へ就職。社員一人ひとりの個性を大切にしてくれる会社で、かつ1年目でもプロとして仕事を任せてくれました。とてもいいなと感じたのは、「何のためにやっているのか。その先にどんな社会を実現したいのか」という意識で、経営層が誇りをもって仕事をしていることです。そんな会社だったので、仕事はとても楽しくやりがいがありました。

その一方で、タイガーモブの代表ともよく会っていて、そのたびに「早く戻ってきて」と言われていました。創業を手伝ったとき「いつか戻ってきます」と伝えていました。それで1年半で移ることに。代表は3年ぐらいかかると見込んでいたそうですが(笑)。

転職を決めた理由はほかにもありました。監査法人に勤め続けていれば、専門領域を極めるため、今持っている専門性を磨き上げてゆくことになります。言い換えれば、将来、活躍している自分をクリアにイメージすることができました。その一方で、タイガーモブに転職したら「一寸先に何が起こるか検討もつかないな」と思いつつも、それがおもしろいかもと感じました。どう変化するかわからないカオスな環境に飛び込んで、その変化の中に自分を置いてみるのも楽しいかもしれない、と思いました。

タイガーモブCFO上原丈弥さん

CFOとして転職したので、当初は、“扇子を広げながら後方に控えて戦略を練る軍師”、「諸葛孔明」のような役割をイメージしていました。しかし分かってはいたのですが、扇子を広げる暇もなく、求められていたのは自分でどんどん市場を切り開いていく“将軍”でした。しかも、まさか自分が学生に授業をするなんて思ってもいませんでしたし、今に至るまでは苦労のほうが多かったです。でもやっぱり、子どもたちが変わっていく姿を見るのはとても楽しい。結局は自分が踏み出した道であり、限界を決めてこなかったことが今につながっているのだと思います。

KUMONとの接点は学習者として、一度離れていたのですが、実はここ数年、再びいくつかの接点を持てて、とても嬉しく思いました。それが、文部科学省が中心となって推進している「ワールド・ワイド・ラーニングコンソーシアム」(WWL)と、「トビタテ!留学JAPAN」です。

WWLとは、高校、大学、民間企業や国際機関が協働して、世界で活躍できるイノベーティブなグローバル人材を育成するため、高校生へ高度な学びを提供する仕組みの形成を目指す取組というものです。同じベクトルにある民間企業として、WWL連携校向けに学校をまたいだ合同の探究オンラインプログラムを提供させていただいています。また、トビタテ!留学JAPANにおいても、官民協働で「グローバル人材育成コミュニティ」を形成し、将来世界で活躍できるグローバル人材を育成することを掲げています。トビタテの奨学金を使って私たちの海外インターンシップに参加してくれる学生もたくさん出てきていて、この取り組みの一躍を担えていることは、嬉しく思います。

KUMONも同じようにこれらの教育への取り組みに関わっているため、これまでの公文式学習者という立場から、今はタイガーモブとKUMONとして共に切磋琢磨しながら、世界で活躍できる人材育成を真剣に考え、挑戦することが出来ていることに、ワクワクしながら、限界を決めずにより良い教育を求めていけたらと思います。

世界を広げる「自分の外側」とは

関連記事

2021/10/15更新

Vol.082 タイガーモブCFO
上原丈弥さん

人生の可能性は無限大 「自分ではないもの」に身をゆだね 知らなかった「自分」に出会ってみよう

2015/07/24更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2015/07/17更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

学習者・OBOG  2017/07/11更新

Vol.217 「トビタテ!留学JAPAN」の公文生

「一歩踏み出せば楽しいことが待っている」 「答えは自分で見つけるもの」 留学にチャレンジするKUMONのOB・OGたち

2022/10/21更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

バックナンバー

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.463
『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年
皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!