OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2021/10/15更新

Vol.082

タイガーモブCFO
上原丈弥さん  前編

人生の可能性は無限大
自分ではないもの」に身をゆだね
知らなかった「自分」に出会ってみよう

上原 丈弥 (うえはら ともや)

神奈川県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。在学中に公認会計士試験に合格し、大学卒業後PwCあらた有限責任監査法人に入社。2年弱の勤務を経て、2018年1月に教育スタートアップ企業であるタイガーモブに移る。主にバックオフィス業務、全社管理、法人営業、専門性に特化した研修プログラム開発・運営を担う。

公認会計士という専門性を生かし、教育スタートアップ企業のCFO(最高財務責任者)として活躍中の上原丈弥さん。同時に企画や営業など現場業務も担い、公文式学習で身につけた「課題をまとめる力」を発揮して事業推進に貢献しています。順風満帆に歩んでこられたように見受けられる上原さんですが、大学時代にインド合宿に参加したことで「自分」を知り、人生が思わぬ方向に動いたそうです。大手監査法人からスタートアップ企業に転身した理由や仕事への思い、今後のチャレンジなどについてうかがいました。

子どもたちの可能性を抑えていたフタをはずす

タイガーモブCFO上原丈弥さん

私はタイガーモブという海外インターンシップや教育プログラムなどを企画運営する会社でCFO(最高財務責任者)として働いています。CFOというのは会社の財務の責任者で、一般的には資金調達をしたり事業計画を作ったりしますが、私の場合その役割は仕事全体の3割ぐらい。後の7割は、学校などの教育機関や企業に対して海外インターンや研修プログラムなどを企画・提案し、講師として授業をするなど現場に出ています。

タイガーモブは、世界46ヵ国380の現地のスタートアップ企業とのネットワークがあります。例えば、高校生や大学生が、南アフリカのベンチャー企業でマーケターになったり、インドの教育ベンチャーでデジタル教材をつくって子どもたちに授業をしたり。コロナ禍の今はオンラインでの実施ですが、学校の授業に世界中からゲストを招くことができますし、どこからでも参加可能で、オンラインならではの魅力も感じています。

もうひとつの事業の柱が「実践型グローバル探求学習プログラム」の提供です。これは、オンライン・オフラインを問わず、地球規模で実践しながら学ぶ、子ども主体の探究学習プログラムです。2022年度から高校で「総合的な探究の時間」がスタートするにあたり、教育現場では自分の「好き」を開拓して学びを深めるという、より子どもたちが主役となって自分で学びを進めていくためのカリキュラムが求められます。しかし、それを一から設計をしたり、学校が単独で海外との繋がりを作ることはとても難しいです。そこに私たちタイガーモブの知見やネットワークが貢献できると考え、現在全国の私立中高を中心に連携と展開を進めています。

タイガーモブCFO上原丈弥さん

「オンラインで世界を旅して、問いを投げかけて自分の内面を見つめて、実践をして、振り返る」というスタイルで進めていますが、それが先生にも子どもにも新鮮で刺激的になっていると感じます。子どもたちもどんどん変わっていきます。これまでは何かやろうにも自分の身の回りでしか挑戦できなかった子が、自分から動き出すようになり、「私ってこんなことができたんだ」と、自分で可能性に気づいていけるようになります。自分でプロジェクトを立ち上げたり、起業だってできます。でも、大人は子どもの可能性にフタをしがちです。それを外してあげるのが私たちの仕事。子どもたちがどんどん成長していく姿に、私自身大きなやりがいを感じています。

この仕事の一方で、「プロボノ」(自分の専門性を生かしたボランティア)としてNPO団体の予算策定などを手伝っています。NPO法人などのソーシャルセクターにおいては、必要な部分をプロが支援することで、より社会課題の解決が図ることができます。利益を追求する会社員としてではなく、ダイレクトに社会課題を解決できる仕組みに魅力を感じ、大学4年の頃から活動しています。

公文式で磨いたビジネスに通ずる強みとは

関連記事

2021/10/22更新

Vol.082 タイガーモブCFO
上原丈弥さん

人生の可能性は無限大 「自分ではないもの」に身をゆだね 知らなかった「自分」に出会ってみよう

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2021/05/14更新

Vol.077 株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん

人には自分で思う以上の可能性がある それを磨くために 解像度を上げて日常を見てみよう

2021/05/21更新

Vol.077 株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん

人には自分で思う以上の可能性がある それを磨くために 解像度を上げて日常を見てみよう

2022/10/21更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

バックナンバー

2023/01/20更新

Vol.092 丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん

経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
Vol.465
初夢を運ぶ 子ども宝船
 ~くもん子ども浮世絵コレクションより~
縁起をかついで 幸せを願う よい初夢は 宝船が運んでくる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!