トップ > KUMON now! > OB・OGインタビュー > オアシススタイルウェア代表取締役 中村有沙さん(前編)

OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2021/09/17更新

Vol.081

オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん  前編

学びによって自分も世の中も変えていける
「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう

中村 有沙 (なかむら ありさ)

神奈川県横浜市生まれ。東京大学経済学部卒業後、マンションの水道メンテナンス事業を手がける株式会社オアシスソリューションに入社。営業職として4年間活躍後、人事部を立ち上げる。採用難の解決と現場のイメージ改革を目指し、作業着のリニューアルプロジェクトを担当したことがきっかけで、スーツに見える作業着「ワークウェアスーツ」を考案。2017年12月株式会社オアシススタイルウェアの設立時に代表取締役に就任。3歳から公文式教室に通い、中学2年生まで算数・数学、国語、英語を学ぶ。

スーツに見える作業着「ワークウェアスーツ」を考案し、大ヒットに導いたオアシススタイルウェアの社長、中村有沙さん。意外なことに社会人になる前は内気で、「こんな自分に何ができるのか」悶々としていたといいます。そんな中村さんにとって、3歳から続けてきた公文式は「世界を広げてくれた存在」でした。知的好奇心を蓄えつつ、就職先に可能性を感じた水道工事会社を選び、自ら人事部をつくり、異業種のアパレル市場に進出し……と、活躍の幅を広げ、さらに前進中です。行動の原動力となったのは、自分や社会を「変えていきたい」という強い願いでした。

「こんなチャンスはないだろう」と社長就任を決意

オアシススタイルウェア代表取締役中村有沙さん

ストレッチ性があって動きやすく、丸洗いができ、速乾・撥水機能もあり、ポケットも多い。かつスーツに見えるので、その後のデートもOK。そんな「スーツに見える作業着」を製造販売しているのが、私が代表を務めるオアシススタイルウェアです。当社は水道工事業を行うオアシスライフスタイルグループの一子会社で、長年培ってきた施工現場でのノウハウを活かして、こうした高機能のスーツをつくっています。

会社は設立4年目。従業員は5人から40人に増えました。私は経営全般に関わっていて、営業チームと一緒に営業展開の方法を考えたり、広報チームに今後の動きをアドバイスしたりとメンバーとやりとりするほか、今後の商品企画や販売方法など長期的視点での戦略も考えています。

なぜ水道工事会社がアパレルの会社を作ったかというと、そもそもは水道工事会社の人事部で自社の水道工事部門の制服(作業着)をリニューアルしたことが始まりです。新しい制服を打ち出した採用活動を始めたところ、ありがたいことに反響が大きく、技術職希望者が3倍に増えたのです。取引先のお客様からの問い合わせも増えたことから、オーナーが事業として成り立つのではないかと考え、会社として独立させることになりました。

社長に就任することを打診されたとき、実は迷いがありました。私は新卒で水道工事業を手掛けるオアシスソリューションに入社し、営業を経て人事に異動。そこでユニフォームリニューアルプロジェクトを担当したことが、現在の立場になるきっかけとなったわけですが、じつは人事部も自ら立ち上げていたので、そこでもまだやりたいことがありました。人事を続けるか、新しい事業のトップとして働くか、かなり迷い、「こんなチャンスは滅多にないだろう」と今のほうを選びました。

素人がいきなりアパレル分野に飛び込んだわけです。洋服をつくること、在庫をもつこと、販売すること、すべてがまったく初めてで、苦労もありましたが、逆に素人目線で商品づくりや仕組みづくりに取り組めたことが強みとなりました。例えば、アパレル業界の関係者からは「作業着なんて個人には売れないよ。やめたほうがいい」と忠告されたのですが、ニュースサイトでご紹介いただいたところ、個人からの問い合わせが増えたのです。1ヵ月でECサイト(ネットショップ)を整え、手応えを得ることができました。ひとまず小さくスタートしてみて、ダメだったらまた考える。そんなふうにしてここまで成長してきました。

4年経ってみて、正直、今までの仕事の中で一番つらいです。営業や人事では「こうしたい」というビジョンがありましたが、代表となった当初は明確なビジョンはなく、そこから形を見つけていかねばなりませんでした。いまだに試行錯誤しています。

公文式で学んだ2つのこと

関連記事

2021/09/24更新

Vol.081 オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん

学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう

2017/12/01更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

2017/12/08更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

2016/10/07更新

Vol.037 宇宙ベンチャー・株式会社ALE代表
岡島 礼奈さん

可能性に限界はない 目標を大きな山と考えれば、 登り方はいくらでもある

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

バックナンバー

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

2022/01/07更新

Vol.085 株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL
荒木隆義さん

可能性の芽が摘まれないよう チャレンジできる機会を 多くの人に提供したい

2021/12/03更新

Vol.084 劇団四季 俳優
金子進太郎さん

奇跡は起きるものではない 起こすもの 作品の感動を 多くの人に届けたい

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.444
19万組の親子が実践!子育てママ・パパの声から誕生したミーテ
ミーテ運用担当のKUMON社員にインタビュー 〜うた・読み聞かせで子育てが楽しくなるヒミツ!〜
Vol.443
学習療法~認知症予防についてのアンケート~「スマート・エイジング」のすすめ
加齢による「物忘れ」と「認知症」は違う? 始めてみませんか、認知症予防
Vol.442
慶應義塾普通部の英語教育
TOEFL Primary®/TOEFL Junior®を 導入した理由
Vol.441
家庭学習調査2021(3)
家庭内学習の評価と状況
家庭学習調査から見える 子どもの生活や学習、 保護者の子どもへの関わり方の変化は?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!