トップ > KUMON now! > OB・OGインタビュー > 株式会社roku you代表取締役/教育クリエイター 下向 依梨さん(後編)

OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2021/05/21更新

Vol.077

株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん  後編

人には自分で思う以上の可能性がある
それを磨くために
解像度を上げて日常を見てみよう

下向 依梨 (しもむかい えり)

大阪府生まれ。中高一貫校に進学するも、高校はスイス公文学園へ。慶應義塾大学総合政策学部に進み、社会企業家について研究。在学中に、社会起業家育成のパターン・ランゲージを開発、出版。その後、米国・ペンシルベニア大学教育大学院で発達心理学において修士号を取得。帰国後は東京のオルタナティブスクール(小学校)で算数・英語などを教える。教材会社で働く一方で、フリーランスとして教育関連の企画など複数のプロジェクトに従事。2018年、教材会社を退職し、教育クリエイターとして独立。2019年に株式会社roku youを設立、代表取締役に就任。一般社団法人日本SEL推進協会代表理事も務める。

「子どもたちによりよい学びを提供したい」そんな思いで全国各地の“現場”を駆け回っている教育クリエイターの下向依梨さん。SEL(Social Emotional Learning)という手法を取り入れ、教育委員会のコンサルティングや探究学習のカリキュラムづくり、教員向けの研修企画運営など、さまざまなアプローチで教育界に風穴を開ける活動をしています。小中学校時代は学校になじめない「闇の時代」を過ごしたそうですが、スイス公文学園に進学して一転。そこでの出会いや体験が今の活動の原点になっているといいます。沖縄を拠点に活動し、「泡盛ガール」としての一面も持つ下向さんに、スイス公文学園でのエピソードや現在の活動、今後の夢などについてうかがいました。

貪欲な気持であらゆるイベントに参加
模擬国連で敗北感と違和感を味わう

下向 依梨さん
スイス公文学園卒業式

スイス公文学園(KUMON Leysin Academy of Switzerland/KLAS)では様々なイベントが開催されます。経験できることは全部経験しようと、あらゆるイベントに参加していました。何ごとも積極的に活動するルームメートに憧れていたことも一因です。KLASでは必ず異年齢のルームメートがいるので、それもKLASのいいところだと思います。

印象に残っているイベントのひとつは、カルチャートリップ(文化旅行)です。そのレポートを書くのがすごく楽しくて、表現力を磨く機会にもなりました。ふたつめは、模擬国連への参加です。ここでは「英語力の低さ」と「ディスカッション力の乏しさ」という敗北感と、その一方「リアルじゃないな」という違和感を味わいました。

具体的に言うと、ある教育課題について、私がスクールバスを走らせる提案をすると、ミャンマー出身の男子高校生から、「ミャンマーの山奥は雨が降っただけで道がグチャグチャになって車なんか通れない。だからその解決案はリアルじゃないよ」といわれました。「確かに」と思い、やっていることの不自然さを感じたと同時に、「現場を見にいかなきゃいけない」という気持ちを焚きつけられました。

今、現場に片足でも突っ込んでいないと、ちゃんとした仕組みを作れないと思うのは、この時の経験が影響していると思います。そのほか、「スキーデイ」も印象に残っています。天気がいい日に、授業を1日とりやめて「今日はスキーをしよう」と先生が提案してくれるのです。制約がある中での緩さ、自由が、心地いい思い出として残っています。

私にとって中学まで授業はおもしろくないものでしたが、KLASは授業の質が高く、印象的な授業がいくつもありました。例えば文学の時間の「Choiceless choices(=選択のない選択)」というトピックです。題材は第2次世界大戦時のユダヤ人の迫害についてでした。どれをチョイスしても誰かが傷つく、痛みを伴うというもので、それは生きている中でたくさんあるよね、と。そうした答えのないことを真剣に議論します。先生は「答えはない。でも、自分が選んで後から振り返って正解にしていくものかも知れない」と。そんな概念を体得できる授業でした。

「何でも質問して」という文化があるのもうれしかったです。公文式はここで初めて触れました。自分のペースでできるのがよかったですね。それまで国語が苦手でしたが、公文の教材を解くことで苦手意識が解消されました。教材のサイズが小さくて、どんどん次に進め、すぐに達成感が得られるのもいいと思います。

スイスではホームシックにはならず、困った記憶もありません。「買い物の機会が少ない」とか「日本食が恋しい」というレベルのことはありましたが、それも今となっては、「あるものの中で最大限どう楽しむか」という訓練になったのではないかと思います。

人の成長に欠かせないあるものとは

関連記事

2021/05/14更新

Vol.077 株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん

人には自分で思う以上の可能性がある それを磨くために 解像度を上げて日常を見てみよう

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2016/07/15更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

2020/07/17更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしかできないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2016/05/13更新

Vol.032 整形外科医 山口 奈美さん

好きなことをあきらめない気持ちが 自分の道を切り拓く

バックナンバー

2021/06/11更新

Vol.078 将棋棋士 谷合 廣紀さん

「楽しい!」と感じることを見つけて 自分を追い込まずにのびのびやろう

2021/05/14更新

Vol.077 株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん

人には自分で思う以上の可能性がある それを磨くために 解像度を上げて日常を見てみよう

2021/04/16更新

Vol.076 産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん

突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう

2021/03/12更新

Vol.075 株式会社ニューズピックス代表取締役社長CEO
坂本大典さん

ゴールを設定して他人と比較せず 自分のペースを自分でつくっていこう

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.406
児童発達支援・放課後等デイサービスでの公文式学習(前編)
子どもの“できた”が自信を育み 職員のステップアップにも 互いが磨き合う理念が実現
Vol.405
KUMONのインターンシップ
「皆さんの成長」を後押ししたい! それがKUMONのインターンシップ ~KUMONが目指すチーム力と自己成長~
Vol.404
浮世絵に描かれた江戸時代の暮らし「行水」
水無月の「行水」 ~浮世絵から見える旧暦6月の暮らし~
Vol.403
国内最大の『KUMONすくえあ』、
紀伊國屋書店富山店・新潟店にオープン!
「見て、触れて、体感」し、 子どもたちに「できた!」という喜びと 達成感を感じてもらえる、知育空間が登場!
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.068 後編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
Vol.068 前編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
Vol.067
青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生
「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう
Vol.066
浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん
学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!