KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2015/09/08更新

Vol.102 スイス公文学園高等部  

「地球人」を育てる、
創立25周年を迎えた
スイス公文学園高等部(KLAS)
スイスの山の上から世界へ飛び立つ!

今夏、AERAムックシリーズ(朝日新聞出版)より、高校版としては初となる『スイス公文学園高等部 by AERA』が刊行されました。スイス公文学園高等部からは、これまでに多くの卒業生が「世界へ」巣立っています。中学までは日本で英語教育を受けてきた生徒が3年間でめざましく成長するという、本書にも描かれているKLASの特徴ある教育を紹介します。

思春期の若者が自立していく。その変化と成長のプロセスとは

  校舎からアルプスの名峰ダン・デュ・ミディを望む
スイス公文学園高等部(Kumon Leysin Academy of Switzerland:略称KLAS)は、公文式創始者・公文公(くもん とおる)の「海外に学校を作りたい」との志のもと、1990年にスイス・レザンに開校しました。今年創立25周年を迎えたKLASでは、開校当初から国際的な人間教育を実践しています。

KLASの生徒からは、しばしば「小学校、中学校と日本の公立に通っていた。周囲は皆、当たり前のようにそのまま地元の高校に進学する。自分もそうするとばかり思っていた」といった話が聞かれます。ある生徒は言います。

「あるきっかけでKLASを知り、“ここだ”と思い、おもいきって飛び込みました。KLASには新しい経験ができるチャンスがたくさんあります。はじめは自信がなくても“とにかくやってみよう”とチャレンジしていくうちに、物の見方が変わっていきました。今、大学の進学先を“どの国にしようか”と考えています」。

高校生という、まさに思春期まっただ中の複雑な年頃。中学生のときまでは地元意識が強く、「英語はむしろ苦手だった」とすら言う彼ら。いったいKLASでどのようなプロセスを経て、海外の大学をめざすまでに変化し、自立していくのでしょうか。

「地球人を育てる」KLASの教育の3本柱 “高いレベルの英語教育”“世界で活躍できる力を養う国際教育”“寮生活を中心とした人間教育”

5月にエーグル城で挙行される卒業式。
ここから世界へ飛び立っていく
カフェテリアの日替わりのメニューの一部。
シェフが腕によりをかけた栄養満点の料理に
生徒たちの笑顔がはじける

生徒の成長のプロセスの一端をあらわす、KLASの日常を少しご紹介します。

朝8時――窓いっぱいに広がる雄大なアルプスをバックに、生徒たちの1日の授業が始まります。英語の授業は、ネイティブの教師によってすべて英語で行われます。授業は一方通行の講義型ではなく、頻繁にやりとりを行うコミュニカティブな双方向型。息もつかせぬ英語の応酬に、思わず英語が口をついて出てきます。英語の授業の他にも、美術や情報など英語で学ぶ科目が、学年が進むにつれて増えていきます。

校内では掲示物や放送など、目にするもの、耳にするものはすべて英語。7月の入学当初は、英語が読み取れない、聞き取れなかった新入生たちが、日常的に「読む」「聞く」「話す」「書く」の練習を豊富に行うことで、やがて「習う」というよりも「慣れる」ように、使いながら英語を身につけていきます。

授業以外でも、オランダ・ハーグで行われる模擬国連、夏休みにイギリスやアメリカの名門大学の講義を受ける特別プログラム、地元の人々を招いての英語ミュージカルや文化祭、ヨーロッパの国々を訪れる数々のトリップなど、体験できる英語活動には枚挙にいとまがありません。

また、スイスはヨーロッパの十字路ともいえる恵まれた立地に位置しています。そのため生徒たちはスイスのみならず、フランス、ドイツ、イタリア、オーストリア…と、多くの文化や社会に日常的に触れることができます。多様性の中で暮らしているといっても過言ではありません。

加えて彼らを成長させるのは、「異国での日々の寮生活」そのものでしょう。異なる学年のルームメイトたちと生活をともにする中で、互いに影響を受けながら、多くのことを学びます。学校のモットー「Respect Others」の言葉通り、他者を尊重する姿勢を身につけながら、翻って自らをみつめ、自立が促されていきます。

そして、彼らが安心して物事にチャレンジできる背後には、彼らのすべてを受け入れ、支え、勇気づけるKLASの教職員たちの存在があります。生徒一人ひとりが描く未来のためには惜しみなく応援の手をさしのべます。教職員たちの思いは「世界のどこででも生きていける人間になってほしい」。生徒たちはこうした1日1日を積み上げながら、いち早く、成熟した大人に成長していくのです。

多彩な進路と、学力のベースとなる公文式学習

自分の目標に向かって公文に集中!

生徒たちの学力のベースとなる、正課として行われる公文式学習もKLASの特徴のひとつです。入学時には英語力が十分でなかった生徒も、公文式の学習で基礎を固めることにより、その後の学校生活において目を見張るような英語の伸びをみせるようになっていきます。10年生(日本の高1)は数英国の3教科、11年生は2教科が必修となっています。12年生になると学習は任意となりますが、多くの生徒が自らの意思で継続します。公文式学習のめざす最も高いレベルまで進む生徒も少なくありません。

身につけられるのは英語だけではありません。スイスには州ごとに定められた4つの公用語(ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語)があります。レザンはスイス西部のフランス語圏に位置し、一歩学校を出るとフランス語が飛び交う環境です。入学前からフランス語に興味を持ち、公文式のフランス語教材を熱心に学んで「KLASですっかりフランス語にはまってしまった」という生徒もいます。

生徒たちの成長を裏づけるように、卒業生の進路は実に多彩です。分野の幅広さはもとより、日本、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、オセアニア…大学卒業後にさらに異なる国へと赴くことも。ここには、大学合格をゴールとするのではなく、その先の自分の姿を描き、そのためには国境を意識せずに進む道を考えようという思考が根底にあるのです。

 

新刊のお知らせ

本校の渡邉博司校長がKLASの教育を詳しく著した書籍が刊行されました。
『英語で学べば世界が見えてくる ―スイス公文学園高等部の英語―』 著者/渡邉 博司
くもん出版 定価:1200円+税

推薦のことば

上智大学特任教授・言語教育センター長
吉田研作氏

KLASはスイスのアルプス山脈にある風光明媚な小さな町、レザンにあり、日本の高校生の国際化、グローバル化に大きく貢献しています。英語による授業を中心に、課題解決型授業や少人数教育、さらには、スイスやヨーロッパ旅行をはじめ、高校生に様々な国際的な経験をつませ、正に、今後の日本を背負って立つ国際人の教育に専念している素晴らしい学校です。

 
 

関連記事

KUMONグループの活動  2015/03/03更新

Vol.077 公文国際学園-模擬国連

グローバルな社会で活躍できる人材育成を目指して中高生による模擬国連開催

KUMONグループの活動  2019/04/25更新

Vol.304 公文国際学園中等部・高等部
―模擬国連2019

国連大使になって英語で議論! 生徒主体で作り上げる模擬国連は グローバルな成長の場

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/10/21更新

Vol.327 横須賀学院小学校の取り組み

教員と児童の双方に波及効果をもたらす TOEFL Primary®

KUMONグループの活動  2019/10/01更新

Vol.326 メキシコの教室の “Big Man”

数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び

KUMONグループの活動  2019/09/24更新

Vol.325 English Immersion Camp 2019

英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~

KUMONグループの活動  2019/09/17更新

Vol.324 公文式の英語教材

子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に

子育て・家庭学習  2019/09/13更新

Vol.323 親子のきずなづくり

「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!