OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2020/07/17更新

Vol.070

文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん  後編

今の環境でしかできないこと」から
「その環境で自分が夢中になれること」
探して、実践していくと、道は開けてくる

佐々木 義孝 (ささき よしたか)

埼玉県生まれ。都内の中高一貫校に進学するも一転、高校からスイス公文学園高等部へ。卒業後は秋田県の国際教養大学国際教養学部で学ぶ。大学と自治体による共同の地域創生事業のプログラムなどに参加、歴史ある地域の特徴を活かした地方再生に関心をもつ。卒業後はギリシャにて、ケント大学(イギリス)・アテネ商科大学(ギリシャ)合同修士課程の文化遺産管理(Heritage Management)を専攻。修了後、民間の環境アセスメント企業に就職。文化遺産コンサルタントとして活躍中。

文化遺産関連のコンサルタントとして、国内外を飛び回っている佐々木義孝さん。世界遺産委員会に出席して、英語などによる審議内容を日本語でまとめて報告書を作成するなど、語学力を活かしつつ、関心を寄せていた文化遺産に関わるお仕事をされています。スイス公文学園高等部(KLAS)の16期生である佐々木さんは、「KLASに行かなければ出合えなかった仕事」と振り返りますが、中高時代は英語が不得意で、将来どのような職業に就くのかもイメージできなかったとか。いかにして苦手を克服し、「面白い」と思うことに携わる仕事にたどり着いたのか、KLASでの生活の様子を含めてうかがいました。

深まる焦燥感の中から、
「KLASでしかできないこと」への発想の転換

佐々木義孝さん
お世話になった寮父さんと一緒に

初日に抱いた焦燥感が更に深まった要因は、苦手意識を持っていた英語でした。
KLASの公用語は英語で、日常生活の情報は全て英語で示されます。校舎ロビーの掲示板にはその日の予定や週末の行事などの連絡事項が書かれた「ブリテンボード」と呼ばれるA4の紙が毎日掲示されます。生徒はそれを見て自分がするべきこと(提出書類の締め切り、授業の部屋割りの変更など)や、興味あるイベントなどを把握するというシステムになっているのですが、当然全て英語です。自分がすべきことを把握するには書かれている英語を理解して、情報を取捨選択する力が必要ですが、英語が苦手で入った人にとっては、なんとか水に浮かぶことができる人にクロールで25m泳げ、と言うくらい、無理難題でした。
辞書を引いても時間がかかりすぎて、気がつくと提出書類の締め切りが過ぎていたりすることが日常茶飯事になり、生活や学業にも支障が出てきてしまいました。

そうして深まる焦燥感に比例して余裕も失われ、落ち込むことが多くなりました。夜は21時ごろまで明るく気候も爽やかな夏から、日に日に日没が早まり寒くなる秋になるにつれ、塞ぎ込むことも多くなりました。そのような時には不思議と人間関係もよくなくなり、寮生活も順風満帆とはいきませんでした。まさに、入学前に思い描いていた状況と正反対の状況になってしまったわけです。

そのような状況が半年ほど続き、自然と「スイスまで来て何をやっているのだろうか」という思いが頭から離れなくなりました。その思いを振り払おうと、気分転換のため、レザンの街中や山道に散歩に出かけるようになりました。秋も進み空気が冷たく澄んでくる中、紅葉で色付く木々の中を歩くと自然と落ち着くことができ、どのように今の状況をよくしていけるだろうか、と考える余裕が徐々に生まれてきました。
同じ時期に、当時の寮父さんにも相談に乗っていただいていました。過去の卒業生も悩んでいたことや、皆それぞれ自分なりの答えを出して行動していったことなど、さまざまなお話を伺ったことを覚えています。
そのような時、散歩中にふと「自分は今、すごく非日常な場所にいるのではないか」と強く思いました。自分が想像していた環境ではありませんでしたが、スイスにある山奥の村にいることは、当たり前ですが、非日常ですよね。「日本の高校生活ではできないことができる場所にいるのに、その場所でしかできないことに何1つ挑戦していない。自分の英語力を上げる努力をしつつ、今でもできることをやってみよう」そう思えたからこそ、焦燥感に押しつぶされずに、気持ちを切り替えることができたのだと思います。

できることを探すため、まず「ブリテンボード」の内容を全て理解しようと決めました。ただ掲示板の前で辞書を片手に見るわけにもいかないため、ブリテンボードのコピーを毎日貰えるよう、事務局の方に相談したところ、快く手配してもらうことができました。毎日繰り返し読んでいくと、内容の型が理解できるようになり、解らない英単語があっても文章の大意をすぐに理解できるようになっていきました。また、日常生活や自分の興味あるイベントへの参加などもスムーズにできるようになりました。さまざまな体験を積むチャンスを掴めるようになり、その経験を通じて段々と心に余裕が生まれ、状況もよくなっていきました。

同時にこの頃から、週末にスイス国内の都市・町を日帰りで訪れるようになりました。想像していたロンドンやパリとは異なるものでしたが、見たことない景色やモノで溢れており、夢中になって街を散策しました。卒業までにはスイスの5大都市に加え50以上の街・村を訪れました。行先が増えると、大体の街が教会を中心に形成されていることや、建物の様式とその街の成り立ちが深く関わっていることなど、現地の歴史・文化的な要素に大きな関心を持つようになりました。

今の仕事につながる出合いとは

関連記事

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2016/05/13更新

Vol.032 整形外科医 山口 奈美さん

好きなことをあきらめない気持ちが 自分の道を切り拓く

2016/07/15更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

2019/12/20更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる経験となる

2016/05/06更新

Vol.032 整形外科医 山口 奈美さん

好きなことをあきらめない気持ちが 自分の道を切り拓く

バックナンバー

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.450
子どもの自立を促すために生まれた「くもん さっぷりん」
KUMONが家庭での学習を応援します! ~「くもん さっぷりん」のヒミツ~
Vol.449
スマート・エイジングを支える公文式学習経験者
一人ひとりに向き合い 楽しく、その人に合った ちょうどの支援を
Vol.448
療育で活用される公文式
障害児・障害者支援施設から学ぶ 社会生活で必要な力をつけるためのヒント
Vol.447
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(後編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!