OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2020/03/13更新

Vol.068

バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん  後編

「石の上にも三年」の気持ちで
一歩一歩進んでいけば
も登れる

ニコライ・ヴィユウジャーニン (ニコライ・ヴィユウジャーニン)

ロシア・ペルミ州生まれ。6歳よりバレエを始める。ロシア国立ペルミ・コレオグラフィー・バレエスクールで学んだ後、1998年ロシア国立ペルミ・オペラ・バレエ劇場に入団。2000年にソリスト昇格。ペルミ国際バレエ・コンクールで金賞/ミハイル・バリシニコフ賞などを受賞。ヴァルナ国際バレエ・コンクール ファイナリスト、審査員特別賞受賞。2005年、ペルミにてディアギレフ賞を受賞。同年リムスキー・コルサコフ記念劇場にプリンシパルとして移籍。2007年1月、Kバレエ カンパニーに入団。同年9月ソリスト、2011年9月ファースト・ソリストに昇格。2015年7月よりフリーダンサーとして活動を始める。

6歳からバレエをはじめたバレエダンサーのニコライさん。生まれ育ったロシアでダンサーとして数々の賞を受賞するなどして活躍後、2007年に来日し、熊川哲也氏率いるKバレエ カンパニーに入団されました。現在、フリーのバレエダンサーとして、またバレエ教師として各地を飛び回っています。来日当初は「こんにちは」くらいしか話せなかったそうですが、公文式教室に通うなどして日本語力を高め、今ではインタビュー中にことわざが飛び出すほどです。バレエダンサーを目指した理由や日本に来たきっかけ、ロシアと日本とでの違いなどについて、ユーモアも交えながら日本語でお答えいただきました。

「いい先生」になるため、
一歩一歩歩み続けていきたい

ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

私の目標は、「いい先生になる」ことです。でも簡単ではなく、いろいろな勉強も必要です。例えばバレエの先生であれば、解剖学の知識も必要です。関節の動きを理解せずに変な運動をさせてしまうと、生徒にケガをさせてしまいますから。また、説明の仕方も大事です。人によって強く説明したほうがよいのか、やさしく説明したほうがよいのか、その人その人にあった教え方でないと、その人はやる気を失ってしまうからです。

自分も先生から教わってきたので、その姿を思い出していい先生になるためにかんばります。もちろん、踊ることも続けていきたいと思います。実は、4歳になる娘がバレエを始めました。僕は教えませんが、家で彼女を持ち上げたりして遊びながら鍛えています。

私は6歳からバレエを続けてきて今に至りますが、それは自分の努力だけではありません。いろいろな先生方が私にいろいろなことを教えてくれたから、今の私があるのです。ここでやめてしまったら今まで教えられてきたことを捨てることになります。教えられてきたことを簡単に捨てることはできせん。私も人に教えて今まで学んできたことを伝えていきたい。それが私の役割だと思います。まだまだ自分も知らないことはいっぱいありますが、がんばって学んでいかなくてはならないと思います。

日本には「点滴石を穿(うが)つ」「石の上にも三年」ということわざがありますよね。ロシア語でも似たような意味のことわざがあります。
“Терпение и труд всё перетрут.”
と言います。

がまん強くコツコツとやっていれば必ず成し遂げられる、という意味です。できないと思うこともあるかもしれませんが、コツコツやっていれば、必ず山は登れます。ですから、勉強をしている皆さん、一歩一歩でいいのでがんばってください。そして、子どもが自分の夢に向かってがんばるだけでなく、親もがんばりましょう。子も親を助け、親も子を助ける。そうした関係も大切にしていければよいなと思っています。



前編を読む

関連リンク
日本語学習者の現在(いま)・夢・目標―動画レポート|KUMON now!


 

ニコライ・ヴィユウジャーニンさん  

前編のインタビューから

-現在の活動~バレエダンサー、教師として
-森に囲まれたロシア・ペルミでの思い出
-国立のバレエ学校に合格、バレエダンサーの道へ

前編を読む

 

関連記事

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

2014/10/10更新

Vol.014 バレエダンサー 浅野真由香さん

あきらめない心で努力を積み重ね、舞台で踊る喜びとともにバレエの魅力を伝えたい

2014/10/17更新

Vol.014 バレエダンサー 浅野真由香さん

あきらめない心で努力を積み重ね、 舞台で踊る喜びとともに バレエの魅力を伝えたい

KUMONグループの活動  2016/12/13更新

Vol.185 日本語もKUMON-動画レポート

学習者の夢をかなえるための公文式日本語 ~学習者の夢、指導者の想い~

KUMONグループの活動  2017/10/24更新

Vol.232 日本語学習で夢をかなえる
-公文式日本語プログラム動画レポート

日本語力の向上が競技人生を支える

バックナンバー

2021/10/15更新

Vol.082 タイガーモブCFO
上原丈弥さん

人生の可能性は無限大 「自分ではないもの」に身をゆだね 知らなかった「自分」に出会ってみよう

2021/09/17更新

Vol.081 オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん

学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう

2021/08/06更新

Vol.080 ライター/翻訳者
堀越英美さん

「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう

2021/07/16更新

Vol.079 常葉大学造形学部
講師 村井貴さん

本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう

2021/06/11更新

Vol.078 将棋棋士 谷合 廣紀さん

「楽しい!」と感じることを見つけて 自分を追い込まずにのびのびやろう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.419
TOEFL Primary® TOEFL Junior®のテスト対策に新サービス
ファミマプリントで TOEFL Primary® TOEFL Junior® の練習問題が24時間365日入手可能に!
Vol.418
SNSを通じて楽しく学ぶコンテンツを配信しています!
読書の秋! 大人の学び応援キャンペーン
Vol.417
アブダビの小学校において公文式による学力向上貢献事業を実施しています
ADNOC、JODCO、KUMONの3社による アブダビ事業が 令和3年度「日本型教育の海外展開(EDU-Portニッポン)応援プロジェクト」に採択されました
Vol.416
学習療法在宅コースとは?
研修会で学びご家族へのサポートに生かす ~学習療法在宅コースでの実践~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.069 後編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.069 前編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.068
特別対談 未来を生きる子どもたちのために①
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
Vol.067
青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生
「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!