トップ > KUMON now! > OB・OGインタビュー > バレエダンサー ニコライ・ヴィユウジャーニンさん(後編)

OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2020/03/13更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん  後編

「石の上にも三年」の気持ちで
一歩一歩進んでいけば
も登れる

ニコライ・ヴィユウジャーニン (ニコライ・ヴィユウジャーニン)
ロシア・ペルミ州生まれ。6歳よりバレエを始める。ロシア国立ペルミ・コレオグラフィー・バレエスクールで学んだ後、1998年ロシア国立ペルミ・オペラ・バレエ劇場に入団。2000年にソリスト昇格。ペルミ国際バレエ・コンクールで金賞/ミハイル・バリシニコフ賞などを受賞。ヴァルナ国際バレエ・コンクール ファイナリスト、審査員特別賞受賞。2005年、ペルミにてディアギレフ賞を受賞。同年リムスキー・コルサコフ記念劇場にプリンシパルとして移籍。2007年1月、Kバレエ カンパニーに入団。同年9月ソリスト、2011年9月ファースト・ソリストに昇格。2015年7月よりフリーダンサーとして活動を始める。

6歳からバレエをはじめたバレエダンサーのニコライさん。生まれ育ったロシアでダンサーとして数々の賞を受賞するなどして活躍後、2007年に来日し、熊川哲也氏率いるKバレエ カンパニーに入団されました。現在、フリーのバレエダンサーとして、またバレエ教師として各地を飛び回っています。来日当初は「こんにちは」くらいしか話せなかったそうですが、公文式教室に通うなどして日本語力を高め、今ではインタビュー中にことわざが飛び出すほどです。バレエダンサーを目指した理由や日本に来たきっかけ、ロシアと日本とでの違いなどについて、ユーモアも交えながら日本語でお答えいただきました。

公文式で日本語を勉強
1日30枚やったことも!

妻は日本人でしたが、家での会話はロシア語だったので、私は「こんにちは」「お腹すいている」くらいしか日本語が言えませんでした。日本へ来ても、「こんにちは」というのも恥ずかしくて、半年間、日本語の勉強はまったくしませんでした。でも、やはり日本で生活しているのですから、日本語は必要だと痛感し、まずは当時住んでいた横浜市鶴見区のボランティアの日本語教室で、週2回日本語を学ぶようになりました。

ニコライ・ヴィユウジャーニンさん在籍中日本語教室のポスターの
モデルにもなった

それでは足りないなと思っていたとき、たまたま迎えに行った息子の保育園の近くに公文式の教室があったのです。中にいた先生に手招きされて、診断テストを受けたら全然できなかったのですが、ここで勉強しようと決めました。

でも、日本語教材は、英語版、ポルトガル語版、中国語版だけ。ロシア語版はありません。私は英語版教材で始めることになりました。英語もわからないので大変でしたが、英語→日本語の辞書と日本語→ロシア語の辞書の2種類の辞書を使いながら頑張りました。最初は簡単だったので1日30枚くらいできたのですが、難しくなると、1日半ページしかできないときもありました。ロシア語の説明があったらもっと早くできたと思いますよ(笑)。

その後転居しましたが、公文の学習は続け、最終的に5年4か月学習しました。
公文式の良いところは、「宿題」とCDがあったことです。ボランティアの教室に行っていたときはその日に教室を休んだら勉強できませんが、公文式では毎日の宿題があるので毎日勉強できます。1日の宿題の量を自分で決められるのもいいですね。「やらされる」とやりたくなくなりますが、自分で決めたことであれば、そこから逃げられませんからね。あと、教材を見ているだけではどう発音するかわかりませんが、CDが用意されていたので、それを聞きながら学習できたのもよかったです。(※現在はスマホやパソコンでも教材の音声を聞くことができます。)

ニコライ・ヴィユウジャーニンさん意味を一つひとつ調べながら学習した教材は
今でも大切に保管している

日本語を勉強して好きになったのは「いろはがるた」です。文章として長くはないのですが、意味は強い。一番好きなのは「猿も木から落ちる」です(笑)。

来日13年、ニコライさんの感じるロシアと日本の違いとは

関連記事

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

2014/10/10更新

Vol.014 バレエダンサー 浅野真由香さん

あきらめない心で努力を積み重ね、舞台で踊る喜びとともにバレエの魅力を伝えたい

2014/10/17更新

Vol.014 バレエダンサー 浅野真由香さん

あきらめない心で努力を積み重ね、 舞台で踊る喜びとともに バレエの魅力を伝えたい

KUMONグループの活動  2016/12/13更新

Vol.185 日本語もKUMON-動画レポート

学習者の夢をかなえるための公文式日本語 ~学習者の夢、指導者の想い~

KUMONグループの活動  2017/10/24更新

Vol.232 日本語学習で夢をかなえる
-公文式日本語プログラム動画レポート

日本語力の向上が競技人生を支える

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.387
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)
子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生
Vol.386
公文書写-家族で学習
どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~
Vol.385
浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」
新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~
Vol.384
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑨            <100点主義>
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!