トップ > KUMON now! > OB・OGインタビュー > バレエダンサー ニコライ・ヴィユウジャーニンさん(前編)

OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん  前編

「石の上にも三年」の気持ちで
一歩一歩進んでいけば
も登れる

ニコライ・ヴィユウジャーニン (ニコライ・ヴィユウジャーニン)
ロシア・ペルミ州生まれ。6歳よりバレエを始める。ロシア国立ペルミ・コレオグラフィー・バレエスクールで学んだ後、1998年ロシア国立ペルミ・オペラ・バレエ劇場に入団。2000年にソリスト昇格。ペルミ国際バレエ・コンクールで金賞/ミハイル・バリシニコフ賞などを受賞。ヴァルナ国際バレエ・コンクール ファイナリスト、審査員特別賞受賞。2005年、ペルミにてディアギレフ賞を受賞。同年リムスキー・コルサコフ記念劇場にプリンシパルとして移籍。2007年1月、Kバレエ カンパニーに入団。同年9月ソリスト、2011年9月ファースト・ソリストに昇格。2015年7月よりフリーダンサーとして活動を始める。

6歳からバレエをはじめたバレエダンサーのニコライさん。生まれ育ったロシアでダンサーとして数々の賞を受賞するなどして活躍後、2007年に来日し、熊川哲也氏率いるKバレエ カンパニーに入団されました。現在、フリーのバレエダンサーとして、またバレエ教師として各地を飛び回っています。来日当初は「こんにちは」くらいしか話せなかったそうですが、公文式教室に通うなどして日本語力を高め、今ではインタビュー中にことわざが飛び出すほどです。バレエダンサーを目指した理由や日本に来たきっかけ、ロシアと日本とでの違いなどについて、ユーモアも交えながら日本語でお答えいただきました。

プロダンサーとして各地で公演
バレエ教師として大人や子どもにレッスンも

私はフリーのクラシックバレエのプロダンサーとして、各地で開かれるバレエコンサートなどにゲスト出演するほか、バレエ教師として、現在は5ヵ所の教室で教えています。最近では、東京・町田市のバレエ教室のコンサート「ロミオとジュリエット」にゲスト出演しました。

追ってお話ししますが、ロシアではプロを目指す学校があり、またプロダンサーとしての地位が確立されていますが、日本ではバレエは趣味でやっているという人がほとんどです。プロを目指すならレッスンは大変ですが、趣味でなら楽しくできればいいと思います。私が教えた生徒で「プロになりたい」という人は今までいませんでしたが(笑)。

そんな大人の方々には、まず基本のバレエのポーズを説明しながら教えます。じつはバレエの動き方など、バレエ用語はフランス語やイタリア語が多いので、それらの意味を日本語で説明します。最初に教えるのは、手と足の位置や形です。軸足の大切さもしっかり伝えます。

ただ、子どもたちに教える場合は、形をしっかりつくることよりも「ちゃんと音を聞いているか、テンポを理解しているか」を重要視しています。音やリズム、速い動き、ゆっくりした動きなどを手で表すようなレッスンをします。子どもに教えるときは、ちょっとした工夫が必要です。子どもは15分もすると飽きてしまうでしょう?だからジャンプしたりクルクル回ってみたりと、遊びを取り入れながら楽しくできるようにしています。

レッスン内容は、オリジナルで考えたりするほか、私自身、6歳からバレエを習っていたので、当時習っていたことを思い出したりしながら教えています。

森に囲まれたロシア・ペルミでの思い出

関連記事

2020/03/13更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

2014/10/10更新

Vol.014 バレエダンサー 浅野真由香さん

あきらめない心で努力を積み重ね、舞台で踊る喜びとともにバレエの魅力を伝えたい

2014/10/17更新

Vol.014 バレエダンサー 浅野真由香さん

あきらめない心で努力を積み重ね、 舞台で踊る喜びとともに バレエの魅力を伝えたい

バックナンバー

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

2020/02/07更新

Vol.067 AKB48
武藤十夢さん

「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.356
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点②            <自学自習>
Vol.355
フコクしんらい生命との協働
認知症の方とご家族が安心して暮らせる 社会づくりを目指して ~認知症予防セミナー~
Vol.354
浮世絵から見える江戸時代の人々
“百物がたりのまなび”とは? ~人々の暮らしと「お化け」の関係~
Vol.353
家庭学習調査2019(3)
保護者の子どもへの関わり方
家族の誰と過ごす時間が 長くなっているのか?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.062 後編
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.062 前編
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
Vol.060
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!