OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2014/10/10更新

Vol.014 バレエダンサー 浅野真由香さん  前編

あきらめない心で努力を積み重ね、
舞台で踊る喜びとともに
バレエの魅力を伝えたい

浅野 真由香 (あさのまゆか)
4歳でバレエを始め、2001年から2006年までシュツットガルト・ジョン・クランコ・バレエスクールに留学。2006年9月にKバレエカンパニー入団。2014年1月にはソリストに昇格。『白鳥の湖』『ロミオとジュリエット』『カルメン』などの作品に出演。2014年12月のKバレエカンパニー公演、『くるみ割り人形』ではマリー姫役で初主演予定。

神戸で生まれ育ち、中学2年からの5年間、ドイツ・シュツットガルトにバレエ留学をした浅野真由香さん。帰国後、熊川哲也さん率いるKバレエカンパニーに入団し、この年末の公演では初の主演予定。つらいこともあった修業の日々、心の支えとなったものとは? 今後の夢とともにうかがいました。

体の柔らかさを“発見”され、4歳でバレエを習いはじめる

バレエダンサー 浅野真由香さん
『ラ・バヤデール』

バレエを習いはじめたのは4歳のときです。家族にはバレエをやっていた人はいないのですが、幼稚園の体操の時間などで、「まゆかちゃんは体が柔らかいね」とよく言われたそうです。それで両親が「この子はもしかしたらバレエに向いているんじゃないか」と思い、近所のバレエスタジオに通わせてくれたんです。

はじめてみると、周りの子たちよりも体が柔らかく、最初から頭近くまで足が上がったり、ストレッチをしてもペタッと額を床に着けることができました。わりに覚えが速かったこともあって、どんどんのめりこんでいきました。とにかく楽しくて、練習が面倒になったりバレエが嫌いになったりすることは一度もなく、「もっともっとできるようになりたい!」という気持ちでレッスンに通っていましたね。

そのバレエスタジオの同期に、のちに親友にしてよきライバルになる女の子の存在があったことも大きかったです。彼女とは小学1年のとき、生まれて初めての発表会で同じパートを踊りました。今でも大親友で、彼女も海外でプロのダンサーとして活躍しています。

熊川哲也さんを見て感じた「プロとして踊る」ということ

関連記事

2014/10/17更新

Vol.014 バレエダンサー 浅野真由香さん

あきらめない心で努力を積み重ね、 舞台で踊る喜びとともに バレエの魅力を伝えたい

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

2020/03/13更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

2015/07/24更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2015/07/17更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.387
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)
子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生
Vol.386
公文書写-家族で学習
どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~
Vol.385
浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」
新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~
Vol.384
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑨            <100点主義>
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!