OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2014/10/10更新

Vol.014 バレエダンサー 浅野真由香さん  前編

あきらめない心で努力を積み重ね、
舞台で踊る喜びとともに
バレエの魅力を伝えたい

浅野 真由香 (あさのまゆか)
4歳でバレエを始め、2001年から2006年までシュツットガルト・ジョン・クランコ・バレエスクールに留学。2006年9月にKバレエカンパニー入団。2014年1月にはソリストに昇格。『白鳥の湖』『ロミオとジュリエット』『カルメン』などの作品に出演。2014年12月のKバレエカンパニー公演、『くるみ割り人形』ではマリー姫役で初主演予定。

神戸で生まれ育ち、中学2年からの5年間、ドイツ・シュツットガルトにバレエ留学をした浅野真由香さん。帰国後、熊川哲也さん率いるKバレエカンパニーに入団し、この年末の公演では初の主演予定。つらいこともあった修業の日々、心の支えとなったものとは? 今後の夢とともにうかがいました。

体の柔らかさを“発見”され、4歳でバレエを習いはじめる

『ラ・バヤデール』

バレエを習いはじめたのは4歳のときです。家族にはバレエをやっていた人はいないのですが、幼稚園の体操の時間などで、「まゆかちゃんは体が柔らかいね」とよく言われたそうです。それで両親が「この子はもしかしたらバレエに向いているんじゃないか」と思い、近所のバレエスタジオに通わせてくれたんです。

はじめてみると、周りの子たちよりも体が柔らかく、最初から頭近くまで足が上がったり、ストレッチをしてもペタッと額を床に着けることができました。わりに覚えが速かったこともあって、どんどんのめりこんでいきました。とにかく楽しくて、練習が面倒になったりバレエが嫌いになったりすることは一度もなく、「もっともっとできるようになりたい!」という気持ちでレッスンに通っていましたね。

そのバレエスタジオの同期に、のちに親友にしてよきライバルになる女の子の存在があったことも大きかったです。彼女とは小学1年のとき、生まれて初めての発表会で同じパートを踊りました。今でも大親友で、彼女も海外でプロのダンサーとして活躍しています。

熊川哲也さんを見て感じた「プロとして踊る」ということ

関連記事

2014/10/17更新

Vol.014 バレエダンサー 浅野真由香さん

あきらめない心で努力を積み重ね、 舞台で踊る喜びとともに バレエの魅力を伝えたい

バックナンバー

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

2019/05/31更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

2019/04/17更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

2019/02/15更新

Vol.060 環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん

遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.326
メキシコの教室の “Big Man”
数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び
Vol.325
English Immersion Camp 2019
英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~
Vol.324
公文式の英語教材
子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に
Vol.323
親子のきずなづくり
「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!